安く済ませたい!3万円以下で買えるおすすめの格安スマホ端末【2018】

Pocket

「格安スマホにしてみようかな」と考えている人で、悩むのが(SIMフリー)スマホ端末です。格安スマホとして安いのは、毎月の月額料金なので、端末代は意外に高いものです。

「できれば安く済ませたい…」というあなたに、格安SIM会社がセットで販売する端末の中から、3万円以下で買える端末をピックアップしました!(2018年1月現在)

高額なハイスペック端末にはスペックでは敵いませんが、3万円以下でもスペックやコスパはバツグンに良いスマホは多いです。ハイスペックでなくとも安く済ませたい人向けに、3万円以下で買えるおすすめのSIMフリー端末をご紹介します。

3万円以下で買える格安スマホ(SIMフリー端末)!

No.1【HUAWEI】nove lite

OS Android 7.0
CPU オクタコア(4×2.1GHz+4×1.7GHz)
ROM(ストレージ) 16GB
RAM(メモリ) 3GB
ディスプレイ 5.0インチ
カメラ(アウト/イン) 1200万画素/800万画素
バッテリー 3000mAh
本体サイズ W72.94xH147.2xD7.6
重さ 約147g

HUAWEI(ファーウェイ)最新機種の「nove」の後継で、性能はほぼそのままに、より安く求めやすくなった一台です。

高性能オクタコアCPU、1200万画素高画質カメラ、指紋認証センサーなどを搭載。基本スペックは文句無しで、それでいて価格は2万円程度で手に入るコスパの良さは圧巻です。

iPhoneのようなデザインでとても使いやすく、コンパクトで女性にも持ちやすいでしょう。色もゴールド/ホワイト/ブラックの3種類あるので、iPhoneを買うよりいいかもしれませんね。

今までの高性能はそのままにコンパクトなボディに凝縮させた一台。ストレージ容量は少なくなったものの、価格は「nove」のほぼ半分とコスパ最強のSIMフリー端末です。

【nove lite】がセットで販売されている格安SIM

格安SIM会社 端末価格(税抜) 公式サイト
19,800円 おすすめ!
⇒詳細はこちら!
19,800円 ⇒詳細はこちら!
19,800円 ⇒詳細はこちら!
“"
19,900円 ⇒詳細はこちら!
20,880円 ⇒詳細はこちら!
21,800円 ⇒詳細はこちら!
“"
21,800円 ⇒詳細はこちら!

 

No.2【HUAWEI】P10 lite

OS Android 7.0
CPU オクタコア
ROM(ストレージ) 32GB
RAM(メモリ) 3GB
ディスプレイ 5.2インチ
カメラ(アウト/イン) 1200万画素/800万画素
バッテリー 3000mAh
本体サイズ W72xH146.5xD7.2
重さ 約146g

HUAWEI(ファーウェイ)の人気シリーズ「P10」の中でも、最もリーズナブルでコスパの高いのが「P10 lite」です。「iPhone7」並みの性能を持ちながら、価格は3万円以下と高コスパ。サクサク動いて、容量も32GB+microSDで充分です。

特にカメラ性能には一目あり、操作性や反応がとても速いです。画質は申し分ない美しさを持っているので、カメラ性能に注目している人は買いです。また、指の第二関節で操作できるナックルジェスチャーは是非とも試してみてほしい機能です。

軽量コンパクトで女性にも使いやすいのも魅力の一つ。バランスよく使い勝手の良さを重視するなら、「P10 lite」がおすすめです。

【P10 lite】がセットで販売されている格安SIM

格安SIM会社 端末価格(税抜) 公式サイト
19,800円
(セット限定特価)
⇒詳細はこちら!
“"
 26,667円 ⇒詳細はこちら!
26,800円 ⇒詳細はこちら!
27,600円 ⇒詳細はこちら!
29,980円 ⇒詳細はこちら!
29,980円 ⇒詳細はこちら!
“"
29,980円 ⇒詳細はこちら!

 

No.3【富士通】arrows M03

OS Android 6.0
CPU クアッドコア(1.2GHz)
ROM(ストレージ) 16GB
RAM(メモリ) 2GB
ディスプレイ 5.0インチ
カメラ(アウト/イン) 1310万画素/500万画素
バッテリー 2580mAh
本体サイズ W72×H144×D7.8mm
重さ 約141g

Android端末の独自の強みとして上がるのが付加機能ですが、手頃な価格でこういった機能を備えているSIMフリー端末は少ないです。中でも「arrows M03」は特に付加機能が充実しており、おサイフケータイ・ワンセグ・防水・防塵・耐衝撃・VoLTE対応・長い電池持ちなどが備わっています。

スペックは値段相応ですが、付加機能とコスパはハイレベル。壊れにくい設計と使う場所を選ばない防水性は、いつでもどこでも安心して使いたい方におすすめです。

単純に高スペックを見るのではなく、自分にとって優先する機能を見極めるのも大切です。

価格は3万円を少しオーバーしているところがほとんどですが、「mineo/マイネオ」でプライスダウンにより3万円以下になりました!(税抜)

【arrows M03】がセットで販売されている格安SIM

格安SIM会社 端末価格(税抜) 公式サイト
プライスダウン!
28,800円
⇒詳細はこちら!
29,800円 ⇒詳細はこちら!
32,800円
2年契約で22,800円!
3年契約で12,800円!
⇒詳細はこちら!“"
32,800円 ⇒詳細はこちら!
“"
38,800円 ⇒詳細はこちら!

 

No.4【ASUS】ZenFone 4 Max

OS Android™ 7.1.1
CPU オクタコア(1.4GHz)
ROM(ストレージ) 32GB
RAM(メモリ) 3GB
ディスプレイ 5.2インチ
カメラ(アウト/イン) 1300+500万画素/800万画素
バッテリー 4100mAh
本体サイズ W73.3×H150.5×D8.7mm
重さ 約156g

2015年に国内シェア第1位となった「ASUS」のSIMフリー端末で、オクタコアCPUや指紋認証、microSDXCスロット(最大256GB)など、2万円前後で買える機種としては十分なスペックを備えています。

特にバッテリー容量はハイエンドモデル以上で、駆動時間が非常に長いのが特徴です。4,100mAhもの大容量バッテリーは、連続待受時間37日間、音楽再生は最大101時間にもなります。急速充電付きで充電もはやいです。

また、リバースチャージ機能を搭載しており、モバイルバッテリーとしても利用可能。付属のUSB OTGケーブルを使用すれば、外出先でも他のスマホ・タブレットなどを充電することができます。

【ZenFone 4 MAX】がセットで販売されている格安SIM

格安SIM会社 端末価格(税抜) 公式サイト
18,800円
(セット限定販売)
⇒詳細はこちら!
 22,223円 ⇒詳細はこちら!
24,800円 ⇒詳細はこちら!
25,800円 ⇒詳細はこちら!

 

No.5【ASUS】ZenFone 3 Laser

OS Android 6.0.1
CPU オクタコア(1.4GHz)
ROM(ストレージ) 32GB
RAM(メモリ) 4GB
ディスプレイ 5.5インチ
カメラ(アウト/イン) 1300万画素/800万画素
バッテリー 3000mAh
本体サイズ W76×H149×D7.9mm
重さ 約150g

PC市場で世界的シェアを誇る有名なメーカー「ASUS」のSIMフリー端末で、「ZenFone 3」の使いやすさを低価格で実現したエントリーモデルです。

スマホ搭載のCPUでは最上級となるオクタコアCPUを搭載し、サクサク処理ができる性能をもちながら価格は3万円以下とコストパフォーマンスは非常に高い一台です。

また、約0.03秒ですばやくピントを合わせる高速レーザーオートフォーカス、5200万画素の色彩調整センサーなどを採用し、写真も非常に高画質!軽量コンパクトで使い勝手もよい。ただし、DSDSには非対応なのが少し残念です。

※現在販売しているMVNOはないので、別で購入する必要があります。(2018年1月)

端末のみの購入なら、Amazon白ロム専門サイト/ムスビーがおすすめです。


個人的に好きな端末【VAIO】VAIO Phone A

OS Android 6.0.1
CPU オクタコア(1.5GHz)
ROM(ストレージ) 16GB
RAM(メモリ) 3GB
ディスプレイ 5.5インチ
カメラ(アウト/イン) 1300万画素/500万画素
バッテリー 2800mAh
本体サイズ W77×H156.1×D8.3mm
重さ 約167g

個人的に好きなSIMフリースマホが、パソコンとしても人気を誇る「VAIO」が提供するSIMフリースマホ!2018年現在では、3万円どころか2万円以下で購入できる安さです。

サクサク動く高性能オクタコアCPUを搭載し、マルチタスクを実現する3GBメモリー、大容量バッテリーなど長く使えるスペックを備えています。何より「VAIO」デザインが好きで、アルミニウム削り出しで作られた高品質なボディがカッコイイ!

Microsoft Officeに代表される本格的なビジネスアプリから、コミュニケーション、エンタテインメント、ゲームまで多彩なアプリで機能をカスタマイズでき、仕事から遊びまで幅広く活躍してくれます。パソコンと連動でき、VAIOとの相性バツグンです。

また、デュアルSIM同時スタンバイ(DSDS)に対応し、複数のSIMを同時に利用することができます。ビジネスとプライベートで電話番号を分けたり、音声通話は片方のSIMで、データ通信はもう片方のSIMでといった使い分けが可能なのが便利です。

【VAIO Phone A】がセットで販売されている格安SIM

格安SIM会社 端末価格(税抜) 公式サイト
最安値!
16,800円
⇒詳細はこちら!
19,800円 ⇒詳細はこちら!
21,800円 ⇒詳細はこちら!

 

安く済ませるなら3万円以下の格安SIMフリースマホ!

以上が初期費用を抑えたい人や、はじめての格安スマホにあまりお金をかけずに安く済ませたい人におすすめの5台+1台です。

格安SIM事業者(MVNO)でSIMカードとセットで購入できる端末なので、めんどうな作業や難しい設定がなく、届いたらすぐに使えるのが大きなメリットです。

端末価格は抑えられていますが、どれも3万円以下で手に入るとは思えない性能とコストパフォーマンスを秘めた端末です。あなたも3万円以下で、格安スマホを始めてみてはいかがですか?

 

Pocket

関連記事

おすすめの防水機能付き格安スマホ!防水機能のレベルと注意点も!

「DSDS」って?デュアルSIM対応のおすすめSIMフリースマホ!

格安スマホでも見れるワンセグ対応の機種まとめ!【2017年】

契約数が一番多い格安SIMはどこ?シェア数No.1の理由を考察!

【選び方の基本】スペックで選ぶおすすめのSIMフリースマホ!

最安値がわかる!格安SIMとセットで買えるおすすめ端末トップ10!