TONEモバイル

ついに出た!iPhone用SIMカード「TONE SIM for iPhone」の実態とは?

子どもやシニア世代向けに、「はじめてでも安心で使いやすい」スマホとして注目を浴びていたTONEモバイルですが、「SIMカード」だけの販売はされていませんでした。

そのため、「iPhone」や他のAndroid端末で使いたい人は困っていたでしょう。

しかし、ついにTONEモバイルからiPhone用の「SIMカード」が単体で販売されました。この記事では、iPhone用に開発されたTONE SIM(for iPhone)の実態を解説していきます。

TONEモバイルのサービスと料金を「iPhone」で使いたい人は必見です!


今までなかった?TONEモバイルのSIMカード単体での販売

TONEモバイルでは、今まではスマホ端末とセットでの販売が主流でした。

というのも、TONEモバイルの特徴がはじめての人でも安心・安全に使えるオリジナル機能を備えており、それがTONEモバイルの端末により使えるものだったからです。

そのため、iPhoneをはじめとした他のAndroid端末にSIMカードを差し込んで使えなくはなかったのですが、もともとそのようには作られていなかったため、動作確認もされていない状態でした。

しかし、iPhoneを利用したいというユーザーも多かったためか、他の端末(iPhone)でもTONEモバイルの機能を使用できる専用のSIMカードが販売されました。

以前までの記事でもご紹介しています。>> TONEモバイルがSIMカードだけで購入できない理由とは?

TONEモバイルはSIMだけ購入できる?iPhoneや他の端末でも使えるか!スマホに慣れていない高齢者や子どもに注目されている「TONEモバイル」ですが、月額1,000から利用できるというのは魅力的ですね。 ...

 

TONE SIM(for iPhone)

独自機能による差別化を図るMVNOのTONEモバイルより、「iPhone」に対応したSIMカードを2018年より販売が開始されました。

そのサービス名が「TONE SIM(for iPhone)」です。

TONE SIM(for iPhone)では、動作確認がされた対象のiPhoneでTONEモバイルの料金プランとサービスをそのまま利用することができます。

TONE SIM(for iPhone)の月額料金

TONE SIM(for iPhone)の料金プランは、月額1,500円でネット使い放題になる「基本プラン」の一つだけ。

複雑なプラン設定はなく、従来のTONEモバイルのようにシンプルに使えるのが特徴です。ここに必要なオプションなどを追加していくシステムとなります。

基本プランは格安SIMでいう「音声通話SIM」となり、通話もデータ通信も普通に行えるもの。

050発信の「IP電話」とは、インターネット回線による通話で普通の音声通話のように通話ができます。通常の電話のように、他社にかける場合は21円/分の通話料金がかかりますが、TONEモバイル同士であれば「かけ放題」と同じで0円/分で料金はかかりません。

オプションとして950円/月額かかりますが、080/090発信の音声通話をつけることも可能で、災害情報やSNS登録で必要な方はそちらを追加で利用できます。(SNS利用だけの場合は「108円/月額」で可能)

使い放題のデータ通信は(通信速度は下り・上りとも最大500~600kbps)の中速ですが、SNSやインターネットなどは普通に使えますし、通信速度を高速にする「高速チケット」なども用意されています。

オプション名 料金 オプション内容
TONE電話かけ放題 月額500円 050番号による他社への10分以内の通話がかけ放題
TONE留守番電話 月額180円 050番号で留守番電話サービスの利用
090音声オプション 月額950円 050番号に加え、080/090での通話が可能
090電話かけ放題 月額750円 090番号による5分以内の通話がかけ放題
(090音声オプション利用が条件)
SMSオプション 月額100円 070/080/090番号でのメッセージ、SNS利用
TONEメール 月額80円 tone.ne.jpドメインのメールアドレス取得
高速チケット 445円/1GB 動画やゲームを快適に利用できる高速通信
Wi-Fiオプション 月額362円 全国69,000ヶ所の有料Wi-Fiスポットが接続可能
安心オプション 月額500円 商品破損・盗難時の端末交換
つながる端末保証(TONE SIM) 月額500円 TONE SIM (for iPhone)を使用しての端末が自然故障・破損・水没した際の修理が無償
TONEファミリー 月額0円 スマホの利用状況や利用制限を管理できる
あんしんインターネット 月額0円 不適切サイトなどのフィルタリング
ウィルスチェック 月額300円 危険ウィルスなどのチェック

TONE SIM(for iPhone)対応機種

TONE SIM(for iPhone)に対応しているiPhoneは、iPhone 5s(iOS11.3)以降のSIMフリー版、docomo版となります。au、SoftBankで購入したiPhoneは、SIMロック解除したiPhone 6s(iOS11.3)以降に対応しています。

TONE SIM(for iPhone)対応iPhone

  • iPhone6/Plus
  • iPhone6s/Plus
  • iPhone7/Plus
  • iPhone8/Plus
  • iPhoneXR
  • iPhoneXS/Max
  • 以降のモデルにも対応

TONE SIM(for iPhone)独自の子ども見守り機能

TONE SIM(for iPhone)では、従来のTONEモバイルでのみ利用できていた「子ども見守り機能」が使用できます。成長段階によって機能を制限できるので、子どもに合わせた使い方が可能です。

アプリ利用制限

TONEモバイルでは、本来「アプリの利用制限機能」と「端末の利用制限機能」を提供していますが、TONE SIM(for iPhone)では「アプリの利用制限機能」のみ利用可能です。

この「アプリ利用制限機能」は、アップルストアの規則に従った一括制御により、利用制限のかかったアプリを段階ごとに制御することができます。

制限の強さは「9歳未満」「12歳未満」「17歳未満」「制限しない」の4段階から選べ、制限されたアプリはホーム画面のアイコンが非表示となり、起動できなくなります。

時間帯での制限をかけることも可能で、基本は「17歳未満」を選んでおき、夜22時から朝6時まではゲームやSNSを禁止するために「9歳未満」にするという設定ができます。

また、ニュースでも問題視されているアプリへの課金についても、アプリごとの個別制御が可能となっています。

本来、TONEファミリーにて「かんたんモード」を選べば「Safari」「カメラ」「iTunes Store」の標準アプリと「アプリ内課金」をそれぞれ利用可否を決められます。

これを「あんしんモード」に切り替えることで、アップルストアから追加インストールしたアプリも個別で制限を決められるというもの。

子どもにスマホを持たせることが心配という親御さんでも、これなら安心して「iPhone」を持たせることができますね。

 

子どもの居場所や経路がわかる「移動通知機能」

TONEの子ども見守り機能としても重要なのが、位置情報を知る「移動通知機能」です。

「TONE見守り」アプリを起動すると、子どもの位置情報が地図上に表示され、過去の移動履歴なども確認することができます。

移動手段の変化も検知可能で、学校や塾にいるはずの子どもが車などで移動している際に全画面で警告通知だされる(設定)というもの。リアルタイムで居場所の通知が届く「ジオジェンス」という機能も用意されており、子どもにもしものことがあってもすぐに対応することができます。

子どもが狙われることが多くなった世の中では、どのように子どもの安全を守るかが重要になります。一つの手段としてスマホを持たせる意味でも、充分に活躍してくれる機能です。

 

TONE SIM(for iPhone)の設定方法

iPhoneでTONE SIMを利用してみたいけど、設定とか難しそうと思う方もいるかもしれません。

しかし、TONE SIM(for iPhone)の設定方法は驚くほど簡単で、5分もかからずにすぐにTONE SIMでiPhoneが使えるようになります。

全体の流れは以下になります。

  1. アップルストアより「TONE SIM」アプリをダウンロード
  2. iPhoneのSIMトレイを引き出す
  3. TONE SIMをセットしSIMトレイを戻す
  4. 「TONE SIM」アプリを起動
  5. 画面の指示に従いプロファイルをインストール

設定方法は、上記の通りに進めるだけです。公式動画でもわかりやすく解説されていますので、ぜひ参考にしてみてください!(前半は宣伝なので、1分43秒から設定方法の解説があります)

TONEモバイル公式サイトへ

 

TONE SIM(for iPhone)とTONEモバイル端末との違い

TONE SIM(for iPhone)の機能は、通常のTONEモバイル端末で使えていた一部の機能が使えません。もしも、以下機能で使用したい場合は、TONEモバイル端末の購入をおすすめします。

  • 端末時間制限(TONEのロック)
  • ホーム画面の変更・固定
  • お迎えナビ
  • 家族サポート
  • 利用状況の把握
  • ライフログ
  • 伝言機能
  • エアノック

 

「iPhone」を欲しがる子どもにぴったり!

周りが持っているからという理由や話題についていけないという子どもで、「iPhone」をほしがるお子さんはますます増えていくでしょう。

大手キャリアからもキッズケータイ・スマホの販売がされていますが、「iPhone」は圧倒的な支持を得ています。モバイル系を専門調査に調査を行う機関によれば、高校生の約2/3はiPhoneを所有しており、その人気の高さもうかがえます。

とはいえ、親としては持たせてあげたいけれど、スマホ依存や勉強の妨げになることも心配です。反面、子どもの要望や安全を守るための手段として持たせる親御さんも増えているのは事実です。

通信コストを安く抑えつつも、子どもを守る機能が備わっているTONE SIM(for iPhone)は、どうしてもiPhoneを欲しがる子どもにぴったりかもしれませんね。