TONEモバイルのデメリットと注意点まとめ!対処法も紹介!

Pocket

TONEモバイルへの乗り換え、、ちょっと待ってください!

確かにTONEモバイルは、スマホ初心者やシニアには使いやすくてコスパも高いなどのたくさんのメリットがありますが、当然デメリットになる部分もあります。

TONEモバイルへ乗り換えてから「こんなはずじゃなかった」と後悔しないように、きちんとデメリットや注意点といったことを理解しておきましょう。もちろん、その対処法も解説していきますよ!

TSUTAYAのスマホTONE

TONEモバイルのデメリットと注意点!

TONEモバイルに乗り換えるメリットは大きいですが、デメリットや注意点もありますのでしっかりと確認していきましょう!デメリットに対する対策なども一緒にご紹介していきます。

デメリット・注意点としては以下のものがあります。

  • 通信速度が500〜600kbpsと遅い
  • 最低利用期間が長い
  • キャリアメールが使えなくなる
  • 選べる端末の種類が少ない
  • SIMだけの購入ができない

TONEモバイルの通信速度はそこそこ

まずは大事な「通信速度」についてです。スマホで通信速度が遅いとストレスになりますよね。その辺はどうなのかを解説していきたいと思います。

結論から言うと、ご存知の方もいるかもしれませんが「TONEモバイル」の通信速度は大手キャリアや他社格安SIMよりも通信速度は劣り、その通信速度は平均で500〜600kbpsほどです。

500〜600kbpsでの体感速度

  • ネット閲覧…スムーズに閲覧可能
  • メール送受信…動画などがあると少し遅くなります(なければスムーズ)
  • LINEトーク…スムーズに行えます(消費速度が200kbps)
  • LINEでんわ…LINEトーク同様で問題なし
  • LINEでの写真…時間帯によっては多少のタイムロスがあります
  • Twitter…文字だけならスムーズですが、動画などがあると速度低下
  • 動画・ゲーム…途中で止まったり、画像解析度が落ちます

通常「YouTube」やゲームアプリなどでは、2〜3Mbps(2000〜3000kbps)以上が理想です。つまりこの数値だと、動画やゲームなどの大容量のデータ通信では極端に遅くなってしまいます。

対処法1⇒高速チケットを使う

ですが、動画や大容量のゲームをしたいときに用意されているのが、通信速度が3Mbps以上になる「高速チケット/300円」です。この高速チケットを使えば、1GBまで動画や大容量のゲームでもスムーズに使うことができます。

TONEモバイルはデータ無制限なのは、通信速度の領域が低く設定されているデメリットがあるためです。しかし、使わないときも高速通信である意味はないため、必要なときだけ通信速度を早めることができるというわけなんですね。

ちなみに、LINEなどのSNSやネット閲覧などは容量が小さい(200kbps〜)のでスムーズに行えます。あまり動画やゲームをしない人や高齢者には、あまり気にすることではないようですね。

対処法2⇒Wi-Fiを利用する

動画やゲームをたくさんしたい人は、全国の公衆Wi-Fiや家庭用のWi-Fiを利用すれば、いつでも快適に動画やゲームを楽しむことができます。

TONEモバイルには、月額300円で利用できる「Wi-Fiオプション」があります。このWi-Fiオプションを付けることで、全国69,000箇所のWi-Fiスポットを利用できるようになります。

 

最低利用期間が長い

他社の格安スマホでは、契約期間に縛り(最低利用期間)が6ヶ月〜1年と短いことが魅力になっています。ですが、TONEモバイルの最低利用期間は24ヶ月の契約となっています。

つまり、大手キャリア(docomo/au/SoftBank)のように2年以内に解約してしまうと、解約違約金(9,800円)がかかってしまいます。

格安スマホのメリットは安いことと契約期間に縛りがないことですが、TONEモバイルの場合は2年契約なのでそれがありません。

とはいえ、大手キャリアのように2年間使い続ければ解約違約金はかからないので、他社へ乗り換える気がない方はあまり気にしなくても大丈夫です。

また、TONEモバイルの契約から6ヶ月を境に、解約違約金の内容が少し変わります。

090音声オプション契約後6ヶ月を経過する前に同オプション契約が解約などにより終了し、か つ、会員がMNPの適用を受けて他事業者へ転出手続きをした場合、MNP転出手数料として 9,800円をお支払いいただきます。

ただし、同時に最低利用期間内に本サービスを解約すること により違約金9,800円(不課税)が発生する場合、MNP転出手数料のみのお支払いとなります。

ーTONEモバイル重要事項説明書よりー

つまり、TONEモバイルを解約して他社へMNP乗り換えをする場合、6ヶ月以内であれば解約金は6,800円になるということ。これは、別にMNP転出手数料3,000円がかかるためです。

仮にTONEモバイルを契約して6ヶ月〜24ヶ月内に他社へMNP乗り換えすると、解約金(9,800円)+MNP転出手数料(3,000円)=12,800円がかかってしまいます。

 

キャリアメールは使えない

TONEモバイルに乗り換えることで、「@docomo.ne.jp」のような今までのキャリアメールは使えなくなります。

キャリアメールはその会社のサービスであるため当然といえば当然ですが、格安スマホにはキャリアメールがないため、フリーメールアドレスを使うことになります。

フリーメールはPCなどで迷惑メール対策されていると届かないデメリットがありますが、匿名で取得することができるため誰でも取得することができます。

フリーメール例一覧

  • Gmail…Googleのフリーメールサービス
  • Hotmail…Gmailに次ぐ容量無制限のフリーメールサービス
  • Yahoo!メール…無料の大容量メールサービス

 

しかし、「フリーメールの取得方法がわからない」「手間がかかってめんどう」という人もいると思います。

TONEモバイルでは、キャリアメールの代わりに「@tone.ne.jp」のメールアドレスがもらえます。このメールアドレスの扱いは「フリーメール」なので、PCなどの設定によっては受信できない場合があるので注意してくださいね。

とはいえ、フリーメールアドレス取得の手間がなく、「メールアドレスはどうしよう」と考えていた人には嬉しいメリットです。

 

端末の種類が選べない

TONEモバイルでは、取り扱っている端末が2種類しかありません。

スマホ初心者を対象にしたサービスなので利用者を困惑させないためでもありますが、自由に端末を選びたい人にはデメリットになるかもしれませんね。

しかし、スマホとしてのスペックは高く、最新「Android™ 7.1.1、Google Play™」を搭載し、カメラも1310万画素とiPhone同等の画質を持っています。2017年8月に発売された「TONE m17」は防水・防塵に加え、「ワンセグ」や「おサイフケータイ」にも対応しています。

▼TONEモバイル端末の詳細はこちら

格安な料金プランと手厚いサポートなど、独自のサービスを展開する「TONE(トーンモバイル)」。しかし、気になるのはその端末ですよね。どんな端末な...

TONEモバイルはSIMだけの購入ができない

格安スマホの特徴として、格安SIM単体、もしくは端末とセットでの購入を選ぶことができます。しかし、TONEモバイルでは端末とのセット販売しかされていないため、「SIMだけ」を購入することができません。

気に入った端末がない場合、自分で端末を用意しSIMだけを購入すれば好きな端末で利用できるのが格安スマホですが、TONEモバイルでは端末も購入しなければならないデメリットがあります。

また、たとえセットで購入し、SIMを別の端末に差し替えても「動作確認」が行われていないため、使えるかどうかわからないのです。仮に使えたとしても、TONEモバイルの独自サービス(見守り機能やONEアプリなど)は使うことができません。

それでも月額料金1,000円のTONEモバイルで、iPhoneなどの他の端末を利用したい場合は、「TONEモバイルのSIMでiPhoneを使う方法」を参考にしてください。

 

TONEモバイルのデメリット・注意点まとめ

最後にデメリットと注意点を、もう一度おさらいしておきましょう。

  • 通信速度が500〜600kbpsと遅い
  • 最低利用期間が長い
  • キャリアメールが使えなくなる
  • 選べる端末の種類が少ない
  • SIMだけの購入ができない

以上が、TONEモバイルのデメリットと注意点になります。

初めからデメリットや注意点を確認しておけば、乗り換えたあとでも後悔することや失敗と思うこともないでしょう。

誰が使うのか、どんな使い方をしたいのかをしっかり確認し、後悔のないようにしておくことが大切です。デメリット・注意点を確認できたら、「TONEモバイルへの乗り換えと申し込み方法」の記事をもとに乗り換えを進めてみてくださいね!

TONEモバイル公式サイトはこちら

 

TSUTAYAのスマホTONE  TSUTAYAのスマホTONE

Pocket

関連記事

LINEのみで充分!LINE専用におすすめ格安スマホはコレ!

BIGLOBE(ビッグローブ)SIMの端末を比較&おすすめ端末TOP3!

TONEモバイルの通信速度は大丈夫?その実態と対処法!

NO IMAGE

LINEモバイルはテザリングができるの?使い方と注意点!

絶対に損しない「楽天モバイル」の端末を比較&おすすめトップ3!

格安SIM【楽天モバイル】の店舗はどんな感じ?実際に行ってみた!