TONE(トーン)の実態調査!気になる評判・口コミ・性能は?

Pocket

最近CMでも有名になってきた格安スマホの「TONE(トーン)モバイル」は、TSUTAYAが提供する格安スマホです。高齢者にも使いやすく、子供に持たせて安心と評判になっています。

  • 子供に持たせて安心の機能充実!
  • 高齢者(シニア)でも使いやすさとサポート力!
  • スペックもそこそこ良くて、ラフに使える!

だけど気になるのが、実際はどうなのかという評判や口コミですよね。ここでは、TONEモバイルの特徴やデメリットなどを、口コミや評判とともに徹底的にご紹介します!

TSUTAYAのスマホTONE

TONE(トーン)って?

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-03-17-36-42「TONE(トーン)モバイル」は、CDやDVDレンタルで有名な「TSUTAYA」を展開するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)と、インターネット接続事業のインフラ等を提供するフリービットが提携し開発されたスマートフォンです。

TONEモバイルは他の格安スマホと違い、本体である端末やシステムを自社で開発・製造しています。そのため、一貫した操作性と使いやすさを可能にし、子供やシニア層に向けた機能も充実しているのが特徴です。

特にスペックが劣るわけでもなく、非常にコストパフォーマンスが高いため、スマホが苦手なシニア層や、子どもの安全のためと渡す親から評判があります。

使用回線 初期費用 定額かけ放題 端末セット販売 契約期間縛り
docomo 3,000円 あり(IP電話) セット販売のみ 24ヶ月

 

TONEモバイルの料金プランとサービス内容

TONEモバイルの料金プランは月額1,000円から!

TONEモバイルの料金プランは、基本料金の月額1,000円から利用できる1プランのみです。その基本料金に、オプションや通話代が加算される仕組みです。

大手キャリア(ドコモ/au/SoftBank)のように複雑な料金プランがないので、非常にわかりやすく、混乱することも迷うこともありません。

メールやインターネットも基本プランに含まれており、通話はかけた分だけとなります。必要に応じて様々なオプションを付けていく仕組みなので、利用者に合わせた料金プランを設定できます。

基本料金に含まれるもの

  • インターネットデータ通信
  • IP電話(080、090も使用可能)
  • メールサービス
  • アフターサービス(電話、遠隔操作、店舗サポート)
  • Tポイントの付与
  • テザリング機能
  • Wi-Fi(無線LAN)
  • TONEオリジナルアプリ
  • Google Playのアンドロイドアプリ(LINE等)

オプションを付けない基本料金プランでも、月額1,000円で通話・メール・インターネット・アプリなど普通のスマホとして利用できますが、「オプション」を付けることでより快適にスマホを利用できるでしょう。

オプションサービス一覧

オプション名 月額料金 オプション内容
IP電話かけ放題 500円 IP電話からかける国内通話が何度でもかけ放題
SNSオプション 100円 SMS(ショートメール)の利用
 安心オプション 500円 故障や盗難時に交換ができる
090音声オプション 953円 090/080番号を引き継ぎ利用できる
+留守番電話/月350円、キャッチホン/月250円
高速チケット/1GB 300円 高速通信に切り替えることができるチケット
(動画やアプリがスムーズになる)
Wi-Fiオプション 300円 全国約69,000箇所の公衆Wi-Fiスポットが無料
ウィルスチェックオプション 300円  危険なウィルスが入っていないかチェックし、アンインストールを促してくれる

「いろいろオプションを付けたら高くなるんじゃないの?」と思う方もいますが、TONE本社が行った調査によると、TONE利用者の月額利用料金の平均は1,698円。(2015年12月)

必要なオプションだけを付けることで、ムダを省き、自分に最適なプランをカスタマイズすることができるので、払いすぎるなどの心配もありません。

TONEモバイル公式サイトはこちら

 

TONEモバイルは「格安スマホ」?

TONEモバイルは格安な料金プランを提供する、いわゆる「格安スマホ」です。

格安スマホとは、大手キャリア(ドコモ/au/SoftBank)の通信回線を借りて低価格帯でサービスを提供する事業者で、新しい携帯電話会社のようなものです。

TONEモバイルも大手キャリア「NTTドコモ」の通信回線を使用しているため、通信品質や通信エリアはNTTドコモと同じになります。そのため、「通話ができない」「田舎だから電波が届かない」といった心配もありません。もちろん、4G・LTE対応です。

 

TONE(トーン)のメリットとは?

TONEモバイルの最大のメリットは、わかりやすく初めてでも使いやすいスマホであるということ。ユーザーに寄り添ったサービスが充実しており、子供やシニアにも安心のスマホです。

【TONEモバイルの7つのメリット】

  • ユーザーに合わせたホーム画面
  • データ通信は無制限(ネット使い放題)
  • TONEモバイル同士だと通話無料!
  • 子供を守る機能充実!
  • 離れて暮らすシニア世代も安心!
  • アフターサポートが手厚い!
  • 利用するだけでTポイントが貯まる
  • 難しい設定が一切ない!

ユーザーに合わせて設定できるホーム画面

TONE(トーン)は、使いやすさを重視しているため、サービスから機能面まで利用者に合わせて様々な使い方ができるのが特徴です。

ホーム画面もその一つで、「Android」「スタイル」「シンプル」「Teen」の4タイプから、ボタンひとつで使う人に合わせて切り替えることができます。

「Android」は通常のスマホ画面で、「スタイル」は余計なものを省いたシンプルな構造になっています。使いたいアイコンなどを、自分でカスタマイズすることができます。

「シンプル」はよく使う機能が大きめの文字で表示されており、高齢者などのシニア層におすすめです。間違っても長押ししないと反応しないようにも設定できるため、誤作動などの心配も防ぐことができます。

子供の成長に合わせても使えるため、長く使えるメリットがあります。

 

データ通信が無制限(ネット使い放題)

通常、大手キャリア(ドコモ/au/SoftBank)や他社の格安スマホなどでは、3GB、5GBなどのデータ通信容量に制限があり、決められた容量を越えると速度制限がかかります。

しかし、TONEモバイルはインターネットなどを行うデータ通信に制限がありません。

TONEモバイルの通信速度は「500〜600kbps」ほどですが、普通のスマホが速度制限にかかる低速(200kbps)より速い「中速」です。速度を必要としないネット閲覧やLINEなどのSNSはサクサク動きますし、データ容量を気にしないで使い放題です。

YouTubeなどの動画や「モンスト」「ツムツム」などのゲームは、高速通信を必要とするためスムーズに見ることができませんが、1GBの容量ごとに「高速チケット」を使えば必要な時だけ高速通信にすることもできます。

さらに、返ってこの500〜600kbpsという速度が子供に持たせる上で非常に役に立ちます。メール・LINE・インターネット検索などは快適に行えるので、子供との連絡は支障ありませんし、ゲームや動画のやり過ぎを防止することができるからです。

 

TONEモバイル同士は通話料が無料!

TONEモバイルの通話は、「050発信」のIP電話「080/090」の音声通話の両方を利用できます。

「050発信」のIP電話はインターネット回線を利用した通話機能で、「LINEでんわ」などと同じものです。IP電話でも固定電話や他社の携帯電話にかける際は通話料がかかりますが、TONEモバイル同士だと通話料が無料になります。

親子で利用する場合や夫婦で使うなど、家族間での通話無料は嬉しいポイントです。

固定電話や他社にかける場合でも、TONEのかけ放題オプションを利用すれば、国内への通話が一度に10分まで無料でかけ放題になります。

 

子供に持たせて安心の機能充実!

TONEモバイルは、スマホの利用制限、現在地確認、Webフィルタリングなどの安心機能が備わっており、子供に持たせるスマホとしても人気があります。

TONE(トーン)モバイルの見守り機能はその評価から、「全国子ども会連合会推奨商品」や、東京都や近隣市からなる「9都県推奨」などの自治体からも指定されています。

居場所をすぐに確認できる

ご両親のスマホから、子どもの居場所を確認することができます。子どもを塾や習い事をさせる歳になると、一人で外出させることも多くなります。そんなときの心配もなくしてくれます。

また、指定の場所(塾や自宅)などに着くと通知が届き、子供がきちんと塾に行ったか、親が不在のときでも家に帰ったかなどをすぐに確認できます。

アプリ・時間制限

子どもにスマホを持たせることに不安を持つ人もいるでしょう。しかし、TONEモバイルでは、利用するアプリや利用時間を制限することができます。

子供が使いたいアプリは親が許可を出さなければインストールすることができず、スマホの利用時間を制限させることができるので、ついついやり過ぎてしまうことを防いでくれます。

勉強や普段の生活に影響がないか心配になりますよね。TONEモバイルの「時間制限」なら、「1日3時間まで」「何時〜何時まで」など、利用時間や使える曜日などを細かく設定できます。

 

【動画で分かる子どもにオススメな理由】

なお、これらの機能は設定を外すことができるので、大人は気にすることもありません。また、高齢者などの大人の場合は、プライバシー保護のため市町村などの広域で位置情報を知らせてくれる「ゆるやか見守り」モードなどがあります。

【TONEモバイル】公式サイトへ

 

離れてても安心の「TONEファミリー機能」

TONEモバイルには、他社には独自のサービスとして「TONEファミリー」機能オプションが無料で付いてきます。

TONEファミリーとは、「家族をつなぐ」をテーマに様々な場面や機能で家族を見守ることができる付帯オプションで、歩数や消費カロリー心拍数などを記録する「ライフログ」や、家族が遠隔操作でサポートできる「家族サポート」など、たとえ離れてくれす両親やご家族の健康やスマホの悩みにも安心して対応できます。

20160503_tone-02ライフログ画面

TONEファミリー機能一覧

機能名 内容 おすすめ対象者
家族サポート 遠くにいる家族に、設定したパソコン・スマホから遠隔でスマホを操作することができる。※登録したスマホでしか操作できないため安全です。 初心者
シニア
ライフログ 歩数、活動量、心拍数、消費カロリーを記録し、健康管理に役立つ。活動量は毎日測定しなくても、自動で記録・蓄積。また、家族間でライフログの共有が可能。※目標達成ごとに「Tポイント」がもらえます。 シニア
エアノック 画面をノック(コンコンと叩く)すると、相手に音や振動で伝える。メールやLINEで気づいてもらえない時に使用。 全て
伝言 メール機能とは別で、親から子供への大事なメッセージを相手画面に表示し続ける。確認するまで消えない。 子供
居場所確認 「現在地メニュー」をワンクリックで、相手の居場所がGPS機能で確認できます。あらかじめ設定した場所に入ると通知が来る設定も可能。 子供
アプリ制限 子供が親にインストールしたいアプリをリクエストし、それを許可することで利用できるようになる。※勝手なアプリインストールや課金を防ぐことができます。 子供
時間制限 「1日6時間」「8時から20時まで」「日曜日は制限なし」など、30分単位で利用時間を設定することが可能。※子供の使いすぎや勉強の邪魔を防ぎます。 子供

 

高齢者の詐欺被害を食い止める「あんしん電話」

長年、高齢者の詐欺被害が年間で1万件以上にも及んでいます。特に多いのが、「オレオレ詐欺」や「架空請求」などの電話やネット被害が増えています。

2017年にアップデートされたTONEモバイルでは、警視庁・迷惑フィルタサービスに寄せられた「過去に詐欺被害に使われた電話番号などのデータベース」により、着信した電話番号に危険はないかを画面に表示してくれます。

もちろん、これらのサービスはすべて無料で提供されています。

アフターサポートが手厚く、初めてでも安心!

毎月の料金が安く使いやすいTONEモバイルですが、その本当の魅力はアフターサービス(サポート)にあります。

格安スマホや携帯電話のトラブルで、以下のようなことを経験された人は多いでしょう。

  • お客様サポートなどに電話してもなかなか繋がらない
  • 音声自動案内が煩わしくて、解決できない
  • 口頭で言われてもイマイチ理解できない
  • お店でのサポートがないと不安

電話でのサポートも、わずらわしい自動音声案内はなくオペレーターに直接繋がり、口頭で解決できないときにはオペレーターがスマホを遠隔操作してくれるため、スマホに不慣れな初心者やシニアの方でもその場で解決することができます。

電話での受付時間は10:00〜19:00までですが、年中無休で対応しています。粗末な対応はほとんどなく、TONEモバイルのアフターサポートは大手キャリアよりも手厚く丁寧であると評判が高いことでも有名です。

実店舗でのサポートもあるので、困ったときにもTONEモバイルを扱うTSUTAYA店舗に行けばその場で対応してくれます。スタッフの対応もとても丁寧と評判で、ホームページに店舗サポートを明記しているその自身にも頷けるでしょう。

また、スマホに乗り換えたいけど使いこなせるか不安といった方向けに無料で講習会なども開いていて、使い方の指南から故障時まで幅広く対応してくれます。

【TONEのサポートはココがポイント!】

  • 自動音声案内がなく、オペレーターに直接繋がる!
  • 通常では繋がりにくい日や時間帯でも応答率は90%を維持!
  • 理解できないことや操作が難しいときは、遠隔でスタッフがサポート!
  • スマホ教室で使い方などをレクチャー!
  • 店舗もあるので、困ったら直接教えてもらえる!
  • これらサポートサービスが全て無料!

シニアやスマホに慣れていない人にこそ心配になるのが「サポート面」ですが、格安スマホだからと心配になる人にはとても助かるサービスですね。

 

毎月「Tポイント」が貯まる!

TONEモバイルはTSUTAYAが提供するスマホであるため、TONEのスマホを使用しているだけで毎月「Tポイント」が自動的に貯まります。

端末代や毎月の月額料金に応じて、200円につき1ポイントのTポイントが貯まり、通常のTポイントとして利用できます。

今や「Tポイント」は「TSUTAYA」はもちろん、コンビニ、レストラン、旅行会社など、全国たくさんの場所で幅広く使えるため、非常に利用価値が高いです。

さらに「TSUTAYA」では、CDとDVDを月に一度無料でレンタルできるサービスや、有料レンタル時のポイントが10倍付与されるサービスを展開しています。Tポイント愛好者には、実に嬉しい特典です。

 

高速通信は必要なときだけでムダがない!

TONEモバイルの通信速度は、それほど速くはないですが、メールやLINE、ネット閲覧などは高速通信を利用する必要はなく十分快適に利用できます。

ゲームや動画を見る際は多少遅く感じてしまいますが、高速になる「オプションチケット」があるので、それを使えば「3Mbps」にもなり、快適に動画を見ることができます。

動画を見たり、ゲームをあまりしないシニアの方には十分でしょう。むしろ、使わないムダなパケット代を払う大手キャリアよりも節約できてお得です。

もしも、ちょっと動画を見たい時やゲームをしたい時に高速通信が必要であれば、オプションチケットで必要なときだけ高速通信にすることができます。この自由度とムダのなさは他社にはない魅力と言えるでしょう。

 

TONEは難しい設定がなく、すぐに使える!

格安スマホに限らず、スマホなどを初めて手にするときに初期設定や複雑な管理に抵抗がある人は多いです。しかし、TONEモバイルは、面倒な初期設定は済んだ状態で届くので開けたらすぐに使うことができます。

公式サイトからの申し込みは案内がわかりやすく、申し込んだら最短2日で届きます。

届いてすぐに使えるTONEモバイルは、その始めやすさにもシニアや初心者に人気があるようです。ネットで購入する際に不安だという方は、「TONEモバイルの申込み方法とその流れ」でもご紹介しているので、そちらを参考にしてみてください。

TSUTAYAのスマホTONE

 

TONEモバイルの注意点(デメリット)

TONEモバイルは、初心者やシニアにはとても使いやすいスマホではありますが、使うユーザーによってはデメリットとなる注意点があります。

口コミや評判でも出ている意見でもあるので、しっかりと確認しておきましょう。

【TONEモバイルの3つのデメリット】

  • 動画やゲームのヘビーユーザーには不向き
  • 契約期間の縛りが長い
  • 選べる端末は2種類のみ

動画やゲームのヘビーユーザーには不向き

TONEモバイルの通信速度は500〜600kbpsの中速であるため、子供やあまりゲームなどを行わない高齢者にはちょうどいいですが、動画やゲームをたくさんするヘビーユーザーには使いづらいでしょう。

TONEモバイルの通信速度では、動画や要領の大きいデータを受信する際は、どうしても遅くなってしまいます。「高速チケット」を使えば3Mbpsになり、快適にゲームや動画などを見ることができますが、たくさん動画などを見る人にはおすすめできません。

また、データ通信制限はないですが、低速500-600Kbps通信時にも1日~3日間の帯域制限があるので注意しておきましょう。制限のかかっていない状態なら速度は十分出ているようなので、問題はないようです。

とはいえメールやLINE、ネット閲覧などは速度を必要としないため普通に利用できます。動画などをあまり見ないシニア層には、料金から考えても十分な性能といえます。

 

契約期間の縛りが長い

通常の格安スマホだと、解約期間(最低利用期間)は6ヶ月〜12ヶ月のところがほとんどですが、「TONEモバイル」では最低24ヶ月(2年間)の契約になります。

もちろん契約期間内の解約だと、9,800円(税別)の違約金がかかります。

ですが、クーリングオフ制度がありますので、商品を受け取ってから8日以内であれば返品・契約解除をすることができます。もちろん違約金や損害賠償などのお金がかかることはありませんので安心してください。

 

選べる端末は2種類のみ

TONEモバイルでは、選べるスマホ端末に限りがあり、選べる端末は「TONE m14」「TONE m15」「TONE m17」の2種類だけです。※TONE m14は現在なし

また、TONEモバイルではSIMのみの販売はしておらず、必ず端末とセットでの購入になります。選べる端末の種類も少なく、iPhoneやハイスペックモデルなど自由に端末を選びたい人にはデメリットとなり得るかもしれません。

なお、2017年8月に発売された「TONE m17」は、従来のTONEモバイルにはなかった「防水・防塵」「ワンセグ」「おサイフケータイ」が追加されました。

 

TONE(トーン)の評判、口コミ

【良い口コミ】


月額料金が1000円という事で大手携帯電話会社のスマートフォンと契約していたときより6000~7000円の節約が出来たので経済的には大きなメリットになりました。TONEストアでTカードの番号を登録して料金を支払う時にTポイントが貯まるので、日常生活の中で貯まったTポイントを利用する事が出来てメリットになっています。(40代・男性)

料金請求の最初の月にゲームや動画をたくさん見たので1万円台はいっているかなと思ったら、2000円台だったので凄く驚きました。それに契約の時には料金を安くするだけだと思っていたのにTポイントも貯まると言われたで、嬉しくなりました。(30代・男性)

通信速度は高速ではありませんが、極端に低速というわけでもなく、私の利用環境では実測値でだいたい0.9Mbps前後となっています。TONEモバイルの速度は公表では500〜600kbpsとなっていますが、公表値よりも実測値の方が速くなっているので、これは嬉しい誤算でした。(30代・女性)

以前は大手携帯会社のスマホを利用していました。毎月8000円程度の利用代金を毎月支払っていたのですが、TONEモバイルに乗り換えてからは、毎月の利用料金が2500円程度になったので大きく節約することができました。なにか困ったことが起きた場合でも、ツタヤのお店に行けば大丈夫、という安心感があるのが良いです。(40代・主婦)

【悪い口コミ】


コスパで見れば最高です。通話料を入れても2000円しないで済んでいます。IP電話を使用していて通話料も安いので、他社の携帯だろうが遠くの実家だろうが、お金のことを気にせず通話しています。通話がラインのようにちょっと遅れがあり、その辺は少し残念です。(50代・男性)

普通にアプリやニュース、ネットで調べ物をする分にはそこまで不便に感じることはありませんが、youtubeなどで動画を見る場合スムーズに見ることは難しいので、自宅のWi-Fiなどを接続する必要があります。(会社員・男性)

 

TONE(トーン)モバイルのまとめ!

TONEモバイルについて、どういったサービスなのか評判・口コミと共にまとめました。

複雑な料金プランに悩まされた人も、TONEモバイルの自分に合った最適なプランでシンプルに利用できます。ですが、動画やゲームをたくさん利用する人には向かないので、ITリテラシーが高い人たちは注意が必要です。

とはいえ、シニア層の両親や子どもへのプレゼントとしても人気があるのも頷けますね。また、抜群のアフターサービスが評判を呼んでいるTONEモバイルは、操作に不安がある高齢者や、使い方に悩む初心者には安心してデビューできる格安スマホといえるでしょう。

現在、親子などの家族で2台以上を同時購入で、基本プランが月額6ヶ月分無料になるキャンペーンを実施しています。この機会に、使いやすさと料金を重視した「TONEモバイル」への乗り換えを検討してみてはいかがですか。

TONEモバイル 公式サイトへ

 

乗り換え方法や購入方法がわからないという方は、「TONEモバイルの申し込み方法とMNPで乗り換える手順」で実際に購入画面を見ながら詳しく解説しているので、参考にしてみてくださいね。

TSUTAYAのスマホTONE  TSUTAYAのスマホTONE

Pocket

関連記事

UQモバイルってどう?⇒評判・口コミ・性能を徹底調査!

mineo(マイネオ)ってどう?⇒評判・口コミ・性能を徹底調査!

U-mobile(ユーモバイル)は本当に使えるの?評判・口コミを調査!

OCNモバイルは本当に使えるの?みんなの評判・口コミはいかに!

BIGLOBE(ビッグローブ)SIMってどう?⇒評判・口コミを徹底調査!

楽天モバイルって実際どうなの?⇒評判・口コミ・性能を徹底調査!