【用語まとめ】今さら聞けないスマホの疑問を詳しく解説!

Pocket

スマホがはじめての初心者や高齢者のシニア世代の方は、スマホ業界の用語やわからないことも多いはず。

このページでは、今更聞けないスマホに関する素朴な疑問を解決します。

スマホ用語まとめ

スマホ=スマートフォン

電話付きの超小型PCであり、スマートデバイスの一種で「スマホ」と略される。

スマートフォン以前に普及していた多様機能携帯電話のことをフューチャーフォンという。MMD研究所の2016年4月の携帯電話端末購入に関する調査によると、スマートフォン所有比率は64.9%、前年より2.4ポイントアップしている。

フューチャーフォン

スマートフォン以外の携帯電話、いわゆる「ガラケー」のこと。”フューチャー”とは「特徴のある」という意味で、「音声通話以外の機能がある」携帯電話を指す。

ファブレット

スマホとタブレットの中間という造語で、6〜7インチ前後の大画面スマホのこと。「iPhone」と「tablet」を掛け合わせたのが由来。

格安SIMの「SIM」

電話番号などを固有のIDが記録されたICカードのこと。いわゆる携帯電話の心臓部。これがないと電話ができない。(SIMカードがなくてもWi-Fi等につなげば、インターネットやアプリは利用可能)

格安SIM

格安SIMとは、ドコモなどの大手3大キャリア以外の会社が、大手キャリアからネットワークを借りて提供しているSIMカードのこと。

大手キャリアのように全国にショップやサービス、広告費などにお金をかけていないので、安く提供することができるため、「格安SIM」と言われている。

格安スマホ

価格が安いSIMフリーのスマートフォン本体のこと。もしくは、「格安SIM」とスマートフォンをセットにして使うスマホのこと。

「格安スマホ」とは、以前まで海外などのメーカーが提供する「SIMフリー」のスマホを指し、「iPhone」や「Xperia」などに比べ、安い価格帯であったことからそう呼ばれていました。しかし現在では、格安な通信サービスのことを言います。

格安スマホは名前の通り、docomoやauなどの大手通信事業者に比べてとても安い料金で利用することができます。現在、格安スマホはdocomoなどの大手に変わる新しい選択肢として、急速に広まっています。

格安スマホと普通のスマホの違い

格安スマホは単純に機能や通信データの容量が違う。大手キャリアは最大7GBと制限している場合が多いが、格安スマホ(格安SIM)は2GB、5GBなど容量を制限しているところが多い。

また、「○○○@docomo.ne.jp」などのキャリアメールが使えないことが特徴で、格安スマホはオプションでメールサービスを付けたり、フリーメールを使用している。

用は、必要な分だけ機能や容量を絞って安くしたものが格安スマホ。しかし回線は同じ回線を使用しているので、通信エリア等に差はない。(通信速度に関しては、各社によって借りている回線の”太さ”が違うので、速度に差が生じます。)

IP電話って?

IP電話とは、通常の固定電話が光回線なのに対して、インターネット回線を使用した電話のこと。「LINEでんわ」などのこと。

IP電話はインターネット回線なので基本料金がほぼかからず、通常の電話よりはるかに安い。なのでIP電話間では通話料が無料となる。LINE電話などがこれに当たる。しかし、110や119、フリーダイヤルにはかけることができないので注意が必要。

テザリング

スマホや携帯電話の回線網を利用して、パソコンやタブレット、他のスマホなどをインターネットに接続すること。機種や契約内容によってはできないこともある。

デュアルSIM

一台のスマホに2枚のSIMカードを装着できる端末のこと。2つの電話番号を持つことができ、キャリアと格安SIMのSIMカードを使い分けて、それぞれ安い料金を適用するようにもできる。

Bluetooth

数メートル程度の距離ではあるが、機器同士を接続するときに使われる通信規格。ケーブルなしでスマホなどを周辺機器と接続したり、データのやり取りを行える。

また、周波数を合わせるわけではないので、「ノイズ」が混じらない。

LTE(4G)

「Long Term Evolution」の略で、第4世代携帯電話(4G)の方式の総称。国際電気通信連合が、LTEを4Gと呼ぶことを許可したため、4Gとも呼ばれる。

キャリア

通信事業者や航空会社のこと。スマホでは独自回線を持つ通信事業者のことを指し、docomo、KDDI(au)、SoftBank、Y!mobileが該当する。

MVNO

一方で、自社では回線を持たず、キャリアの回線を借りて自社ブランドとして通信サービスを提供する事業者のことをいう。

正式名称は、「Mobile Virtual Network Operator」(仮想移動体通信事業者)で、その略称。

OS(オーエス)

メモリー管理や画面出力、文字の入力など、コンピューターの基本機能を提供するソフトウェアのこと。スマホ向けのOSとしては、Appleが開発した「iOS」、Googleが開発した「Android」などがある。

カウントフリー

LINEやFacebookなど、特定の情報サービスやSNSの利用に料金やデータ通信量がかからないサービス。LINEモバイルが提供するプランなどがこれに当たる。

MNP

契約中の携帯電話事業者から別の携帯電話事業者に変更しても、同じ携帯電話番号を引き続き利用できる制度。「Mobile Number Portbility」の略で、「携帯電話番号ポータビリティ」とも呼ばれる。

MNP予約番号

利用者がMNPで転出するときに必要な予約番号。解約した携帯電話事業者からMNP予約番号が発行され、その予約番号を新しく契約した携帯電話事業者に通知することで、携帯電話番号を引き継げる。

 

Pocket

関連記事

ドコモ高過ぎ⁉︎キャリアのスマホはどうしてここまで高いの?

NO IMAGE

古いiPhoneから格安スマホへ!おすすめの契約会社とSIMフリー端末

主婦目線で選ぶおすすめの格安スマホ!年間で6万円以上お得に!

格安スマホ(SIM)でiPhoneを利用する方法とおすすめの事業者!

キャンペーンを狙え!新生活を応援する格安SIM(MVNO)まとめ!

【格安スマホとは?】わからないをゼロから徹底解説!