【保存版】SoftBank(ソフトバンク)から格安SIMへ乗り換える方法!

Pocket

月額料金が圧倒的に安い「格安スマホ」に乗り換えを検討している人は多いです。格安スマホにすることで、毎月の携帯代が半額以下〜1/3に抑えることができます。

しかし、「ソフトバンクからどうやって乗り換えるの?」「手続きが難しそう」「解約はいつするの?」と不安に思っている方も多いでしょう。

ここでは、SoftBank(ソフトバンク)に契約している人を対象に、初めての解約〜格安SIMへ乗り換えるまでの方法を解説していきます。私も実際にソフトバンクから格安SIMに乗り換えましたので、実体験に基づく形でご紹介します。

格安SIMって?乗り換えるといくら安くなるの?

ソフトバンクからの乗り換え方法を説明する前に、少しおさらいをしておきます。

【格安SIMとは?】

格安スマホとは、MVNOが提供する格安の「SIMカード」を利用して使うスマホのことを言います。MVNOは大手キャリア(MVO)から通信回線を借りてサービスを提供しているので、コストを抑えて安くサービスを提供できます。ゆえに「格安SIM」です。

この格安SIMを挿入して使うスマホを総称して「格安スマホ」と呼びます。

▼ソフトバンクと同じ内容で、格安SIM(mineo/マイネオ)の月額料金と比較してみます。

SoftBankの月額料金 MVNO(mineo)の月額料金
データ定額5GB 5,000円 Aプラン/音声通話付きSIM(6GB) 2,190円
スマ放題ライト(5分) 1,700円 +10分かけ放題(10分) 850円
ウェブ使用量 300円
合計 7,000円 合計 3,040円

ソフトバンクでのスマホ代は一般的な5GBの容量で7,000円ほどかかりますが、格安SIMのmineoでは(5GBがないため)6GBで同じかけ放題を付けても3,000円ほどで済んでしまいます。

現在ソフトバンクで9,000円以上支払っている人は、スマホ代が1/3になりますよ。

 

ソフトバンクの端末は格安SIMでも使える?

ソフトバンクから格安SIMに乗り換える際に、端末をそのまま使いたい人もいるでしょう。しかし、ソフトバンクの端末を格安SIMで使うには、SIMロック解除が必要になります。

【SIMロックとは?】

ソフトバンクなどの大手キャリアで購入した端末は、他社では使えないように「SIMロック」という制限がかけれています。このSIMロックを解除しなければ、他社や格安SIMを挿入して通話や通信を行うことができません。

格安SIMの多くは、ドコモ/auの通信回線を借りているところがほとんどなので、ドコモやauはSIMロックを解除しなくてもそのまま使える場合が多いです。

しかし、ソフトバンクの通信回線を使用している格安SIMはU-mobile/b-mobile以外にはないので、その他の格安SIMを使う場合は「SIMロック解除」を行わなければなりません。

※SIMロックには「解除できる端末」と「解除できない端末」があります。基本的には2015年5月以降に発売したスマホが対象になります。

 

ソフトバンクから格安SIMに乗り換える方法

ソフトバンクから格安SIMに乗り換える方法(手順)としては、以下のステップを踏んで乗り換えとなります。端末を新しく購入する人は、ステップ①は飛ばしてください。

  1. 端末のSIMロックを解除
  2. ソフトバンクにてMNP予約番号を取得
  3. 格安SIMに申し込みをする
  4. SIMカードを端末に挿入
  5. 開通連絡をして初期設定を行う

 

①SIMロックを解除する

ソフトバンクで契約していた端末を利用する場合は、「SIMロック解除」をする必要があります(ソフトバンク回線の格安SIMを申し込む場合は不要)。

端末のSIMロックを解除する方法は、以下の2つの方法があります。

  • ソフトバンクショップで解除手続きを行う
  • My SoftBankでオンライン手続きを行う

ソフトバンクショップで手続きをする場合は、全て代行してくれますが3,000円の手数料がかかります。一方、「My SoftBank」で手続きする場合は手数料がかからないので、My SoftBankで手続きすることをおすすめします。

  1. My SoftBankへアクセス
  2. IMEI(端末の製造番号)を入力(iPhoneなら一般から端末情報を確認)
  3. 「解除手続きをする」をクリック

My SoftBankはこちら

 

②ソフトバンクでMNP予約番号を取得

今まで使っていた電話番号をそのままで乗り換える場合は、MNP(ナンバーポータビリティー)という方法を利用するため、その予約番号を取得します。

MNP予約番号とは、そのままの電話番号で新しい事業者に乗り換えるための整理券のようなものです。このMNP予約番号を新契約する事業者に伝えることで、以前の電話番号をそのまま使うことができます。

▼MNP予約番号の取得方法はソフトバンクショップでも可能ですが、以下の「SoftBank受付窓口」か「MNP問い合わせ窓口」に電話した方が早いです。

  • SoftBank受付窓口:0800-100-5533(フリーダイヤル)
  • MNP問い合わせ窓口:5533(ソフトバンク携帯から)

音声案内がはじめにありますが、案内に従って進めていけば担当者につながります。担当者にもよりますが、引き留めはあまりなく、4〜5分程度で終わります。

 

③格安SIMに申し込む

MNP予約番号を取得できたら、契約したい格安SIMへ申し込みをします。

格安SIMの申し込みは、基本的にネットからの申し込みになります。ネットで申し込みをしてから数日後に「SIMカード」もしくは「SIM+端末」が家に届きます。

格安SIMはドコモ回線/au回線のものがほとんどですが、ソフトバンクからの場合はどちらでも手続きは変わりません。好きな格安SIMへ申し込むとよいでしょう。

おすすめの格安SIMなどは別記事でも紹介していますが、初めて利用するなら安定してバランスの良い「mineo/マイネオ」か「楽天モバイル」がおすすめです。

ソフトバンク系の格安SIMなら「U-mobile」か「b-mobile」ですが、U-mobileは音声通話には対応していないので「b-mobile」一択になります。「Y!mobile/ワイモバイル」はソフトバンクとは異なる自社回線なので、SIMロック解除が必要になります。

毎月の携帯代ってバカになりませんよね。私もスマホ代は毎月8,000円以上払っていました。そんな毎月の携帯料金を節約できるのが「格安SIM」です。...

 

④SIMカードの挿入

格安SIMへの申し込みが済んだら、数日でSIMカードが届きます。端末とセットで申し込んだ場合は、SIMカードがセットされた状態で届くので④のステップは不要です。

SIMカードの挿入方法は、SIMカード付属のピンで端末の「SIMトレイ」を引き出し、ソフトバンクのSIMカードと入れ替えるだけです。

SIMカードが入っているトレイは、端末によって場所が違います。トレイの場所やSIMカードの入れ替え方法は、申し込みをした格安SIMの公式サイトで公開されているので確認しておきましょう!

 

⑤APN設定&開通連絡

SIMカードをセットしたら、「APN(ネットワーク設定)」を行います。

このAPNという初期設定を行うことでSIMの開通、ネットワーク通信が可能になります。ただし、この初期設定はWi-Fi環境が必要になるので、必ずWi-Fi環境下のもとで行うようにしましょう。

APN設定は、端末が「iPhone」か「Android」によって方法が異なります。iPhoneであれば「構成プロファイル」をインストール、Androidであればスマホ画面から操作指示に従って設定を行います。

それぞれのAPN設定は、申し込んだ格安SIMの公式サイトか、届いたSIMカードの付属に説明書が添付されているので、そちらを確認してください。付属の説明書に回線切替の連絡先が載っているので、最後に開通連絡の電話をして格安SIMの開通となります。(乗り換え完了)

 

ソフトバンクの解約はいつするの?

実はソフトバンクに解約の申し込みはする必要がなく、格安SIMにMNPで乗り換えると、格安SIMの開通と同時にソフトバンクは自動解約されます。

乗り換える前にMNP予約番号を取得しましたが、MNP自体が乗り換えの手続きになるため、格安SIMに回線が切り替わるとソフトバンクとの契約は自動で解約されるのです。

なので、ソフトバンクへの解約の申し込みなどは一切せず、格安SIMへの乗り換え手順だけを踏めばいいのです。

 

ソフトバンクから格安SIMへ乗り換えるときの注意点!

ソフトバンクから格安SIMへ乗り換える前に、注意することがあるので確認しておきましょう。乗り換え方法でも解説した内容ですが、あとで後悔はしたくありませんからね。

  • SoftBankポイントの消失
  • SIMロック解除の必要がある
  • ソフトバンク契約の古いスマホは移行できない

ソフトバンクから格安SIMへ乗り換える注意点として、SoftBankポイントはなくなってしまうことは理解しておきましょう。

とはいえ、ソフトバンクのポイントはあまり使い道がないので、あまり気にしなくてもいいかもしれませんね。「Tポイント」は引き続き利用できるので、安心してください。

ソフトバンクから格安SIMへの乗り換えを検討しているときに、気になるのが解約や乗り換えでかかる費用です。いったい何の費用がかかって、どのくらいか...

 

ソフトバンクから格安SIMに乗り換える方法のまとめ!

以上が、ソフトバンク解約〜格安SIMへの乗り換え方法(手順)になります。

現在ソフトバンク回線を利用した格安SIMは少ないので、ドコモ/au回線の格安SIM(MVNO)を選ぶことになります。そのため、ソフトバンクユーザーが端末をそのままで乗り換えるにはSIMロック解除が必須になります。

ソフトバンク端末は格安SIMで利用できないことも多いので、新しい端末を購入してもよいかもしれません。スマホ端末のセットで申し込めば割引になることも多いですし、SIMカードの入替やAPN設定をする必要もありませんからね。

格安SIMに乗り換えることで毎月の携帯代(スマホ代)が3,000〜5,000円以上安くなり、節約にもなります。生活の負担とムダを減らし、お金を浮かせる生活に切り替えましょう!

 

Pocket

関連記事

NO IMAGE

IIJmio(みおふぉん)にMNPで乗り換える方法をまとまてみた!

NO IMAGE

【DTI SIM】にMNPで乗り換える方法をまとめてみた!

NO IMAGE

nuro mobile(ニューロモバイル)にMNPで乗り換える方法をまとめてみた...

NO IMAGE

NifMo(ニフモ)にMNPで乗り換える方法をまとめてみた!

自分に合うのは何GB?最適なデータ容量の選び方とおすすめプラン!

NO IMAGE

SIMロックって?各社のSIMロック解除方法を詳しく解説!