乗り換え

ソフトバンクから乗り換えるなら?おすすめの格安SIMと移行方法!

毎月の月額料金が大幅に安くなる格安スマホ。現在SoftBank(ソフトバンク)を利用していて、格安SIMに乗り換えたいと思っている人は多いです。

しかし、格安スマホ(SIM)は気になっていたけど、「どこがいいのかわからない」「移行方法がよくわからない」といった難しさがありました。

この記事では、ソフトバンクから乗り換えるならどこがおすすめか、ソフトバンクから格安SIMに移行する方法などをご紹介していきます。この記事を読んでもらえれば、すぐにでも格安スマホとして使えるようになりますよ。

そもそも格安SIM(スマホ)って?

格安SIM(スマホ)とは、ドコモ/au/ソフトバンクのいずれかの通信回線を借りてサービスを提供している事業者(MVNO)へ乗り換えて使えるSIMのことで、そのSIMカードを利用するスマホを呼びます。

http://hajimete-sumaho.com/course/1/

契約相手を乗り換えるだけなので、利用するスマホ機種・端末に違いはありません。

スマホでできることに大きな違いはないので、通信費を抑えたい人には利用価値が高いのです。ただ、店舗サポートや通信速度の質は落ちてしまう部分も。⇒今や店舗を増やす格安SIM事業者(MVNO)も増え、サポートは同等になりつつあります。

ちなみに格安スマホへの移行方法というのは、格安SIM事業者に乗り換えることで提供されるSIMカード(格安SIM)を手に入れて、スマホ(端末)にセットすることで完了します!(詳しい方法は後半)

ソフトバンクと格安SIMの明確な違い

格安SIMは、ソフトバンクなどの大手キャリアから通信回線を借りているのでスマホの利用で違いはありませんが、「乗り換え」なので当然違いがあります。

  • 月額料金がソフトバンクより格段に安い!
  • 手続きや初期設定などは自分で行う
  • キャリアメール(@softbank.ne.jp)が使えない

ソフトバンクから乗り換えるので、当然キャリアメール(@softbank.ne.jp)は利用できなくなります。格安SIMでもメールアドレス(@○○.ne.jp)を提供していますし、フリーメールアドレスでも代用できます。

「格安スマホ」というのは簡単に言うと、手続きや設定などを自分で行う代わりにサービスを安く利用できるシステムで、店舗運営や設備投資のコストを省いたケータイキャリアなのです。

http://hajimete-sumaho.com/course/2/

ソフトバンクから乗り換えるのにおすすめの格安SIM

格安SIMはドコモ/au/ソフトバンクのいずれかの通信回線を借りてサービスを提供しているため、同じ回線のところを選べば「SIMロック解除」不要で今の端末をそのまま利用できます。

ただ、格安SIMの多くはドコモ回線を利用しており、ソフトバンク回線の格安SIMは限りがあります。⇒現在ソフトバンク回線を有する格安SIMが増え、選択肢は広がりました。

下記で紹介する格安SIMは、いずれもソフトバンク回線を使用しているためSIMロック解せずにソフトバンクの端末をそのまま利用できます。通信速度やサービスなどで厳選した、ソフトバンクからの乗り換えでおすすめの格安SIMです。

※SIMロック解除ができない「iPhone5」などの古いモデルでもOKです!

LINEモバイル

LINEモバイルはコミュニケーションツールとして欠かせなくなった「LINE」の直営子会社が運営する格安SIMで、LINEを始めとしたSNSTwitter/Facebook/Instagram)が使い放題になるのが特徴です。

今までドコモ回線を使用したプランしかありませんでしたが、20187月より「ソフトバンク回線プラン」のサービスを開始しました。

これにより、ソフトバンクで契約していたスマホ(端末)でもそのまま利用できるようになり、ソフトバンクからの乗り換えがスムーズになりました。

SoftBank回線を利用しているため通信エリアはソフトバンク同様で、通信速度も安定した速度でソフトバンク時代と使い心地は変わらないのがLINEモバイルです。

対応している端末(Android/iPhone)は業界でも多いため、利用者も多いのが特徴。SNSのデータ通信量がかからない独自サービスに加え、月額500円~と格安で使えるおすすめの格安SIMです。

▼LINEモバイル/LINEフリープラン

▼LINEモバイル/コミュニケーションフリープラン

LINEモバイルの料金プランは上記がメインですが、他にも「LINE MUSIC」が使い放題になる「MUSIC+プラン」もあります。音楽をたくさん楽しみたい方にはおすすめのプランですよ。

LINEモバイル公式サイトへ

mineo(マイネオ)

紹介CPmineo(マイネオ)は大手通信会社「ケイ・オプティコム」が運営する格安SIMで、docomo/au/SoftBankの3社全てから通信回線を借りてサービスを提供しています。そのためmineo(マイネオ)は、「Dプラン」「Aプラン」「Sプラン」を選べるマルチキャリアでもあります。

各社の回線を利用しているため通信エリアは同じ、通信速度も安定した速度でソフトバンク時代と使い心地は変わらないのがmineo(マイネオ)です。さらに独自サービスの「フリータンク」では、mineoユーザー同士でパケットを分け合うこともできます。

対応している端末(Android/iPhone)は業界で最も多く、利用者も多いのが特徴。最新機種の「iPhone XS/XR」などももちろん利用できます。

格安SIMで迷うのがたくさんある格安SIM事業社のプランですが、mineo(マイネオ)は料金こそ平均的ですが、通信速度・料金・サポート全てにおいてバランスのよい格安SIMです。初心者の人にもおすすめです!

mineo公式サイトへ

nuro mobile(ニューロモバイル)

NUROMOBILEnuro mobile(ニューロモバイル)は、大手通信会社ソニーネットワークコミュニケーションズ(SONY直子会社)が提供するサービスで、シンプルな料金プランと安定した通信速度が特徴の格安SIMです。

以前まではドコモ回線のみでしたが、201712月にソフトバンク回線プランが加わりdocomo/SoftBankのマルチキャリアになりました。

ソフトバンク回線のプランは現在「2GB/GB」の2つだけですが、あまりゲームなどをしない人にはちょうどいいデータ通信量です。(ドコモ回線プランは1GB刻みで選ぶことができますが、SIMロック解除が必要です)

現在料金プランが代わり、お試しの0.2GB/2GB/7GB/13GBの4タイプから選べるようになりました。

ちなみに管理人は他社SIMの6GBプランですが、毎月1GB以上余ってます!

nuro mobile公式サイトへ

【番外編】Y!mobile(ワイモバイル)はソフトバンク回線じゃない?

ちなみにSoftBank回線の格安スマホと聞いて、真っ先に浮かぶのが「Y!mobile」という人も多いのではないでしょうか。テレビCMでも有名であり、家電量販店内やショップも多く存在するため、知名度では群を抜いています。

しかし、Y!mobile(ワイモバイル)はソフトバンク系格安SIMの代表格と思われがちですが、実は使用している回線は以前の「イーモバイル」や「WILLCOM」の回線網なので、独自回線を持つキャリア(MVO)です。

ただ、使用回線はソフトバンクが買収しており、会社もソフトバンクの子会社なので、ソフトバンク系のサブブランドといった位置づけとされています。そのため、変な話ですがソフトバンク契約のスマホ(端末)でもSIMロック解除が必要になってしまいます。

とはいえ安定した通信速度と店舗サポートがありますので、まだ格安SIMでは不安という方にはおすすめです。

ソフトバンクから格安SIMに移行する注意点!

移行前にソフトバンクの解約はまだしないで!

格安スマホ(SIM)に乗り換えるなら、ソフトバンクはいつ解約するの?という疑問が生まれるかと思いますが、格安SIMに申し込む前にソフトバンクを解約してはいけません。

ソフトバンクから格安スマホ(SIM)へ乗り換える場合、MNP(ナンバーポータビリティ)という方法で乗り換えます。

このMNPという移行方法は、以前まで使っていた電話番号そのままで乗り換えることができる方法で、その手続きはauで行います。手続き後、ソフトバンクから格安SIMに回線を切り替えた時点でソフトバンクは自動的に解約されるため、解約手続きは必要ないのです。

今の端末をそのまま使うなら対応してるか確認!

格安SIMへ乗り換える場合、今の端末をそのまま使うか、新しく端末を購入するかの2パターンになります。

今の端末をそのまま格安スマホとして使う場合、申し込みをする格安SIM会社でその端末が対応しているか確認する必要があります。

端末の確認方法は、各SIM会社の公式サイトに動作確認端末というページがあるので、そこで確認できます。基本的には20155月以降発売の端末が対応していますが、申し込みSIM会社によって異なるので確認はしておきましょう!

もちろん新しく端末を購入する場合は、SIMとセット販売されているものであれば確認は不要です。

ソフトバンクから格安SIMへの移行方法!

ソフトバンクから格安SIMへ乗り換える方法は、以下の手続きが必要になります。

  1. ソフトバンクでMNP予約番号を教えてもらう
  2. 格安SIMへ申し込む
  3. SIMカードが届いたら初期設定

⇒乗り換えるタイミングについては「絶対に損しない!格安SIMに乗り換える最適なタイミングとは?」で詳しく解説しているので、参考にしてみてください。

①ソフトバンクでMNP予約番号を取得

ソフトバンクで今まで使っていた電話番号を、格安スマホでもそのまま使いたい場合はMNP(ナンバーポータビリティ)という手続きが必要になります。

MNP予約番号」は電話番号などの情報を格安SIM会社へ伝えるための「整理券」で、ソフトバンクで発行してもらい、格安SIMの申し込みをする際に入力するといった流れになっています。

▼MNP予約番号は以下のいずれかで発行できます

  • SoftBankショップ:店頭で「MNP予約番号を発行したい」と伝える(3,000円)
  • SoftBankに電話する:携帯:*5533/一般:0800-100-5533

手続き終了後に、ご自身のメールアドレスにMNP予約番号が送られてくるので、大切に保管しておきましょう!電話番号も新しくする場合は、この手続きは不要です。

②格安SIMへ申し込む

MNP予約番号が発行できたら、乗り換えたい格安SIMへ申し込みをします。

格安SIM会社は基本的には店舗を持たないため、申し込みはネットでするのがほとんどです。たくさんある会社からどこを選べばいいか迷っている方は、先ほど紹介したおすすめの格安SIMを検討してみてください。

SIMカードが届いたら初期設定

格安SIMへ申し込みをすると、後日SIMカード(もしくは端末セット)が家に届きます。

新しく端末もセットで購入した場合は、初めからSIMカードもセットしてあり初期設定済みです。届いたら簡単な手続きですぐに使うことができます。

SIMカードだけを申し込んだ場合は、届いたSIMカードを手持ちの端末にセットする必要があります。

説明書通りに進めていくのですが、端末の中のSIMカードを↓こんな感じで入れ替えるだけです。セット方法は付属の説明書に記載されていて、5分程度で終わります。

初期設定も付属の説明書にしたがって進めるだけで、1015分程度で終わります。

管理人が格安SIM移行手順をレビュー!(※管理人が乗り換えたときはSoftBankプランがなかったので「mineo/マイネオ」を選びました)

 

ソフトバンクから格安SIMに乗り換えて通信費を節約!

ソフトバンクから乗り換えるおすすめの格安SIMと、その移行方法をご紹介しました。

毎月8,000円~10,000円以上もの通信費(携帯代)をソフトバンクで支払ってきた方が多いと思います。ソフトバンクから格安スマホ(SIM)に移行するだけで、通信費は2,0003,000円程度に抑えることができます。(利用者平均)

手続きや手間にお金を払ってきた分を、少しだけ自分で行えばその先もずっと安くなるのが格安スマホです。

お気に入りの端末やiPhoneを安く利用して、浮いたお金で好きなものを買うことだってできますよ!ぜひ試してみてくださいね!

http://hajimete-sumaho.com/knowledge/iphone-manual/