ソフトバンクから格安SIMにするための費用と解約手数料は?

Pocket

ソフトバンクから格安SIMへの乗り換えを検討しているときに、気になるのが解約や乗り換えでかかる費用です。いったい何の費用がかかって、どのくらいかかるの?と疑問を抱えている方も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、ソフトバンクから格安SIM(スマホ)への乗り換えや解約にかかる費用、乗り換えるとどれだけおトクになるのかをご紹介します。

格安SIMに乗り換えるのにかかる費用を確認する

さて、乗り換えを行うには様々な手数料や費用がかかります。ソフトバンクを解約し格安SIMに乗り換える場合に、どのくらいの費用がかかるのかを確認しておきましょう!

項目内容 料金
絶対にかかるもの MNP転出手数料 3000円
格安SIM契約事務手数料 3000円
利用者によってかかる場合があるもの 契約解除料 9500円
分割支払残金額 分割払いの端末代金
失効する月月割残月額 2年契約のうち
残月の割引料金
  • MNP転出手数料=現在の電話番号をそのまま引き継ぐ手続きにかかる費用です。
  • 契約事務手数料=格安SIMと契約するのにかかる費用です。

「利用者によってはかかる場合があるもの」のうち、契約解除料は2年ごとの契約更新月以外のときに乗り換える場合に発生します。契約更新月やご自分の状況は、「My SoftBank」内のご契約内容の確認で見ることができます。

「分割支払残金額」については、端末代金なのでソフトバンクを解約しても払わなければならないものです。なので解約をしても端末代の費用はかかります。分割支払残金に関しては解約してもしなくてもかかる費用なので、乗り換えのタイミングで気にする必要はありません。

失効する「月月割残月額」は、2年契約することで受けていた毎月の割引額のことです。2年以内に解約する場合は、残りの月で受けていたであろう割引額を支払う必要があります。

割引されていたであろう残金なので、2年待った方がよいのではと思ってしまいますが、実は残月をソフトバンクの月額料金で支払う方が圧倒的に損なのです。

実は乗り換えは早い方がいい?

MNP(ナンバーポータビリティー)で格安SIMに乗り換える場合は、MNP転出手数料と契約事務手数料は必ずかかります。たとえ、契約更新月でなく解約金の9500円がかかっても、乗り換えたあとの毎月の費用を考えればすぐにでも乗り換えた方がトクなのです。

格安SIMに乗り換えれば、人によっては毎月5000円安くなるので2ヶ月ほどで元が回収できてしまいます。心配な方は契約更新月を確認して、計算してみるといいでしょう。

どうして早くに乗り換えた方がおトクなのかは、格安SIMへ乗り換えるのはいつがいい?最適なタイミングを解説!でご説明していますので、そちらをご覧になってください。

 

いつまでソフトバンクで損をし続けるの?

現在、大手キャリアであるソフトバンク(SoftBank)のスマホを利用している人は、毎月8,000円以上の月額料金を支払っているのではないでしょうか。2年縛りもあるし、乗り換えるのも面倒くさいからいいやと思ってはいませんか?

ですが、その考えは毎月かなりの損をしています。

格安SIM(スマホ)に乗り換えることで、毎月3000円以上、人によっては5000円以上安くすることができるからです。現在、毎月のスマホ代が6,000円以上かかっているのであれば、格安SIMに乗り換えた方がはるかにおトクです。

毎月のスマホ代を節約したいなら、なるべく早く乗り換えることをおすすめします。

【保存版】ソフトバンクから格安SIMに乗り換える方法!

 

格安SIM(スマホ)に乗り換えるとこんなにおトク!

実際に、格安SIMでも人気のある「mineo/マイネオ」に乗り換えた場合を比較してみます。mineo/マイネオの料金プランでは、ソフトバンクより1GB多い(6GB)のプランで乗り換えた場合は、月のスマホ代が3,000円程度になります。

ソフトバンク(スマ放題) 月額料金 mineo/マイネオ 月額料金
データ定額5GB 5000円 音声通話SIM6GB(Dプラン) 2280円
通話定額基本料 2700円 5分かけ放題サービス 850円
ウェブ使用料 300円
合計 8000円 合計 3130円

毎月約5000円の節約ができ、1年間で6万円、30〜60歳まで利用したとして180万円も節約できることになります。

2年縛りがあったとしても、解約手数料(9,500円)は2ヶ月ほどで回収することができます。端末代金を分割で支払っていたとしても、格安SIMに乗り換えて払い続けることもできます。

>> 【mineo/マイネオ】公式サイトはこちら

 

ソフトバンクからの乗り換えは端末セットがおトク?

ソフトバンク(SoftBank)から格安SIMへ乗り換える場合は、新しい端末とセットで申し込むのが一番お得になります。

ソフトバンクでは、以前のスマホ端末では使えない端末が多いため、新しい端末とセットで格安SIMに申し込む場合が多いです。セットで申し込めば、格安SIM会社によってはSIMカードをセットした状態で届けてくれますので、簡単に格安スマホを始めることができます。

毎月のスマホ代で年間6万円、30〜60歳までで180万円も損をしているのはもったいないです。この機会に格安SIMへ乗り換えて、他のことへお金を回した方がよいとは思いませんか?

ソフトバンクユーザーの管理人が使ってよかったおすすめの格安SIMとは!

 

Pocket

関連記事

さよならSoftBank!手持ちの「iPhone 6s」をマイネオに乗り換える手...

絶対に損しない!格安SIMに乗り換える最適なタイミングとは?

【保存版】格安スマホ/SIMへの乗り換えが簡単にできる6つのSTEP!

【保存版】SoftBank(ソフトバンク)から格安SIMへ乗り換える方法!

MNPっていつやるの?費用は?格安スマホ/SIMのMNPまとめ!

自分に合うのは何GB?最適なデータ容量の選び方とおすすめプラン!