SIMロックって?各社のSIMロック解除方法を詳しく解説!

Pocket

格安スマホとして利用するには、格安SIMとSIMフリースマホが必要になります。格安スマホに乗り換えようと検討している人の中には、「今まで使っていたスマホをそのまま使うことはできるの?」と考えている人もいるでしょう。

当然、利用することはできますが、乗り換え先によっては「SIMロック」を解除する必要があります。そこで、この記事では「SIMロック」とその解除方法をご紹介します。

 

SIMロックとは?

スマホや携帯電話は、個人情報や電話番号を登録した「SIMカード」をスマホ本体に挿入することで、通話やデータ通信を行えるようになります。

docomoなどの大手キャリアでは、ユーザー獲得のために販売した携帯会社でしか使えないようにロック(制限)がかけられています。これを「SIMロック」と呼びます。

大手キャリアで契約し購入したスマホには、このSIMロックがかけられており、「格安SIM」などの他社で利用する場合は、このSIMロックを解除する必要があります。

これに対し、どの通信会社でも使えるように、ロック(制限)されていない・解除した端末を「SIMロックフリー」「SIMフリースマホ」と呼びます。

 

SIMロック解除義務化

他社で使えないように制限がかけられていた「SIMロック」ですが、代金を支払ったスマホ端末は購入者が自由に使えるべきという考えから、2015年5月より「SIMロック解除の義務化」が実施されました。

これにより、スマホ端末がSIMフリーになることで、消費者(購入者)は自由にキャリアを乗り換えられるようになりました。つまり、条件を満たしたスマホ端末であれば、どこのキャリアで購入したスマホでも格安SIMを利用することができるのです。

 

SIMロックの解除方法と費用

SIMロック解除は、どんなスマホでもできるわけではなく、docomo/au/SoftBankそれぞれの解除条件を満たしていなければなりません。

「SIMロック解除の義務化」が実施された、2015年5月以降に発売されたスマホは、基本的にSIMロックが解除できます。しかし、購入から一定期間が経過しており、キャリアによっては自分で購入したものでないと解除できないので注意しましょう。

SIMロックの解除は、各社のオンラインページでは無料ですが、店舗・電話で手続きする場合は3,000円の費用がかかります。

オンライン 電話 店舗
docomo My docomo 携帯:151
一般:0120-800-000
ドコモショップ
au My au auショップ
SoftBank My SoftBank SoftBankショップ
費用 無料 3000円 3000円

(ただし、2015年5月1日以降の発売であっても、2015年4月30日以前に発売された機種の再発売の場合は、SIMロック解除の対象外となっています。)

 

docomoスマホのSIMロック解除条件

SIMロック解除の条件(docomo)

  • 2011年4月以降に発売された機種であること
  • 端末購入日から100日が経過していること
  • 端末購入日から100日が経過していなくても、分割/一括で端末代金の精算済み
  • 端末購入日から100日が経過していなくても、過去にSIMロック解除を行っていてその日から100日経過している
  • 契約者本人の購入履歴があること
  • ネットワーク利用制限がかかっていないこと
  • docomo解約済みの場合、解約日から100日以内であること

docomoだけは、2011年4月以降のスマホ端末もSIMロックが解除できます。また、docomoは2017年5月より規制が緩和され、購入経過日数が180日⇒100日に変更されています。

なお、格安SIMのほとんどはdocomo回線を利用しているため、docomo回線の格安SIMであれば「SIMロック解除」をしなくてもそのまま利用できます。

▶▶docomo回線の格安SIM一覧

 

auスマホのSIMロック解除条件

SIMロック解除の条件(au)

  • 2015年5月以降に発売された端末であること
  • 端末購入日から180日が経過していること
  • ネットワーク利用制限がかかっていないこと

auのスマホ端末も、2015年5月以降に発売された端末であれば、SIMロックの解除が可能です。(※2015年4月23日発売の「Galaxy S6 edge SCV31 」についても、SIMロック解除の対象)

auの特徴としては、docomoと違い契約者本人でなくてもSIMロック解除が可能です。そのため、中古で購入したau端末や、譲り受けたものでも解除して格安SIMで利用することができます。

また、auに関しても、au回線を利用している格安SIMであれば、「SIMロック解除」をしなくてもそのまま利用できます。

▶▶au回線の格安SIM一覧

 

SoftBankスマホのSIMロック解除条件

SIMロック解除の条件(SoftBank)

  • 2015年5月以降に発売した端末であること
  • 2015年4月までの端末でも「SIMロック機能」を搭載している場合(BLADE Q+、301F、201HW、009Z、008Z)
  • 対象端末の契約者本人であること
  • ネットワーク利用制限がかかっていないこと
  • SoftBank解約済みの場合、解約日から90日以内であること

SoftBankも同様に、2015年5月以降に発売したスマホ端末であれば、SIMロック解除ができます。SoftBankでは、2015年4月以前に購入した端末でも、「SIMロック機能」があれば解除することができますが、必ず本人である必要があります。

SoftBank回線を利用した格安SIMは今までありませんでしたが、2017年になり「U-mobile」が「iPhone」シリーズの利用を目的に、SoftBank回線のプランを提供しています。

「U-mobile(ユーモバイル)」であれば、SIMロック解除をしなくてもSoftBankの「iPad」と「iPhone5」以降のモデルであればそのまま利用できます。

▶▶SoftBank回線の格安SIM

 

Pocket

関連記事

ソフトバンクから格安SIMにするための費用と解約手数料は?

さよならSoftBank!手持ちの「iPhone 6s」をマイネオに乗り換える手...

自分に合うのは何GB?最適なデータ容量の選び方とおすすめプラン!

絶対に損しない!格安SIMに乗り換える最適なタイミングとは?

どこで買えばいいの?格安スマホの購入方法と販売店をご紹介!

MNPっていつやるの?費用は?格安スマホ/SIMのMNPまとめ!