端末

中古スマホは危険がいっぱい?絶対に失敗しない選び方と注意点!

スマホがほしい、新しいスマホに買い換えたいけれど端末って高い、、

スマホをもっと安く手に入れたいという人は、「中古スマホ」を探してみてはどうですか?中古のスマホであれば、より安く、お得に手に入れることができます。

「でも中古って不安…」と思うのも当然です。中古スマホは安くて手を出しやすいですが、注意しなければならない危険もあります。

そのために!このページでは、「中古スマホ」のメリット・デメリットから、選び方や注意点などを詳しく解説!購入を徹底サポートします。

中古スマホって?

「中古スマホ」とは、キャリアで使い終わった端末や下取りに出された端末で、主にインターネットやゲオなどで販売されている中古のスマホです。中古な分、安価で手に入れられる大きなメリットがあります。

最新モデルや人気のスマホは、高性能ですがどうしても価格が高くついてしまいます。人気の「iPhone」や「ハイスペックモデル」に至っては、7〜10万円以上と高額。初期費用を抑えたい人には厳しい選択です。

以前までは、キャリアのキャンペーンなどを利用して端末を買い換えるのが一般的でしたが、スマホが普及し、初期費用の抑えられる「中古スマホ」はますます注目を浴びました。

使う用途によっては最新の機能不要で、少しくらい古くても安くて、きちんと使えるモデルで十分という人もいるでしょう。そういった場合は、中古スマホの購入も検討してみてはいかがですか?

「白ロム」のメリット・デメリット

「白ロム」とは、いったんキャリアで契約されたスマホを解約したもの、もしくはSIMカードを抜いた状態のスマホのことを指します。これを中古スマホと呼ぶ場合もあります。

白ロムは最新のモデルだけでなく、古いモデルも多く流通しているので、昔狙っていたスマホや使ってみたかったスマホを安く購入することができます。スペックを比較して、自分の用途に合ったものを見つけやすいのもメリットです。

白ロムのデメリットとしては、メーカーの保証が受けられないことです。

キャリアで販売されていたものは、契約が解除されているので当然保証がありません。例えば、新品への交換対応や、修理中の代替機の貸し出しなどはないということです。

ただ、中古スマホを扱うショップによっては、独自の保証サービスを行っているところもあるので、不安な人はそのようなサービスがあるところで購入しましょう。

中古スマホ・白ロムはどこで買うの?

中古のSIMフリースマホや白ロムは、秋葉原や大阪・日本橋などの電気街、近くのレンタルビデオショップの「ゲオ」などで中古のスマホが販売されています。

このように直接店舗で購入しても良いのですが、近くに店舗がなかったり探しているスマホ端末がない場合など、ネット通販やオークションを利用するのが一般的です。

【ムスビー】中古ケータイ・スマホ専門サイト

中古スマホを扱うネットショップでは、実店舗を構えているところと、インターネット通販専門のところがあります。実店舗であれば、実際にスマホを手にとって確認ができます。

インターネット通販でも商品の状態などの詳細が「ランク別」で書かれているところが多いです。

中古スマホ購入の注意点と選び方!

「赤ロム」には注意する

中古スマホの中には、「赤ロム」と呼ばれるまったく通信ができないものがあります。

「赤ロム」とは、契約したスマホの残債が残っており、キャリアが通信制限をかけている端末のことです。赤ロムのスマホでは、新しく契約したSIMカードを入れても通信ができず使い物になりません。

この赤ロムになる通信制限は、盗難された際などに不正防止のために実施されたりします。そのため、中古スマホを販売している「オークション」や「フリマ」で個人から購入する場合は、きちんと解除されていない場合があります。

この「赤ロム」は、キャリアの公式サイトで「端末識別番号」確認できるので、オークションやフリマなどのサポートが期待できないところで購入する際は、必ず赤ロムかどうかチェックしているかを確認しましょう。

【SIMフリースマホはチェック不要!】

この「赤ロム」になるのは、キャリアから割賦金契約で購入されたスマホだけです。SIMフリーとして販売されているスマホは中古であろうと、そもそもキャリアとの契約がされていないので、「赤ロム」の心配はありません。

通信規格の確認で利用できるかどうか

中古スマホ、特にSIMフリースマホを選ぶうえで「電波の種類」によっては通信ができない場合があります。

格安SIMを販売するMVNOには、ドコモ回線を利用する「ドコモ系MVNO」と、au回線を利用する「au系MVNO」があります。それぞれ電波の種類が異なり、これらの回線で利用できる周波数帯に適合したスマホでなければ通信ができません。

そのため、契約したい格安SIMがドコモ系のMVNOであれば、ドコモで販売されていたものや、ドコモの周波数帯に多く適合するスマホを選ぶようにしましょう。

SIMカードのサイズに注意!

スマホの端末には、それぞれ使えるSIMカードの大きさが異なります。「SIMカード」についてはこちらで解説していますが、一般的な呼ばれ方で(画像左から)「標準SIM」「micro SIM」「nano SIM」の3種類があります。

格安SIMを提供する会社では、基本的にすべての種類のSIMカードを販売していますので、使いたいスマホに合わせてSIMを契約します。中古で購入したいスマホが、どのSIMカードサイズに対応しているかきちんと確認しておきましょう。

OSのバージョン(Android)

ドコモなどのキャリア契約していたAndroidスマホは、そのキャリアのSIMカードを装着していないと、最新の「Android OS」にアップロードできない場合があります。

OSがアップロードされていないと、セキュリティのリスクが高くなってしまいます。中古スマホの場合、前に所持していた人が売却した時期によっては、同じ種類の端末でも中のOSが古いときがあります。

iPhoneの「i OS」にはこのような制限はないため、中古でAndroidのスマホを購入する際には「OSのバージョン」を確認しておく必要があります。

実物チェック保証が必要ならネットショップ!

>> Amazon「中古スマホ」

中古でスマホを購入するときは、端末がどのような状態にあるのかは大きなポイントになります。中古スマホを販売する中古ショップは、端末の状態が詳しく説明されており、初期不良や「赤ロム」への保証がしっかりしています。

多くの中古ショップでは、初期不良だった場合の保証サービスや、何か問題があったときに交換や返品対応を受け付けています。また、万が一「赤ロム」に該当していても交換してくれる場合が多いです。

中古ショップ「ドスパラ では、端末の状態にランク付けをしており、保証サービスも充実しています。また、「Amazon」や「楽天」などの大手通販サイトなどでも中古スマホの取り扱いがあります。

その他おすすめ中古スマホショップ

より安く買うならオークションかフリマ!

中古ショップよりも安く購入できるのが、オークションやフリーマーケットです。

全てに関して安いわけではないですが、安くて状態の良い「掘り出し物」に出会える可能性があります。ただし、安心して購入できるかどうかは出品者によって異なります。

オークションやフリマを使って中古スマホを探す場合、出品されているスマホの状態はしっかり確認しておきましょう。写真がなかったり詳しい説明がない場合は、状態が不明なので避けたほうが無難です。

また、何か不具合があった場合にどの程度対処してくれるのかもチェックしましょう。

代表的なのは「ヤフオク」や「メルカリ」など。中古スマホ専門のフリマサイト『ムスビー/中古ケータイ・スマホ専門サイト』では、査定や保証をしっかりしているのでおすすめです。

格安SIMで中古スマホを利用するなら?

中古スマホを「格安SIM」で使いたい場合、契約したい格安SIMがそのスマホに対応しているかを確認した「動作確認端末」であることが重要です。「動作確認端末」であるかは、各社の公式サイトで公開されているので利用する前に確認しておきましょう。

代表的なところでは、『mineo』『LINEモバイル』『DMMモバイル』がおすすめです。前者の2社は通信速度も速く、利用しやすいでしょう。DMMモバイルは通話に関しては劣るものの、コスパが高く「データ専用SIM」との組み合わせで「サブ機」としておすすめ。

スマホ端末とSIMを別々に購入するのがめんどうな人は、格安SIM公式サイトでセット購入するのがおすすめ。SIMの挿入や初期設定せずに使うことができます。