子供にスマホは必要?子供に持たせて安心のTSUTAYAのスマホとは?

Pocket

今や、多くの世代がスマホを持つ時代になりましたが、シニア世代のスマホの普及だけでなく、子供のスマホ支持率も高くなっているようです。

その理由としては、子供に対する事件が増え、「今どこにいるのだろうか」「塾に通わせたけれど大丈夫かな」など、子どもの身の安全の方が心配だからでしょう。

やはり子供とすぐに連絡が取れる手段があることは、大きなメリットです。

ですが親としては、子供にスマホを持たせるのは不安な部分が多いでしょう。そんな子供にスマホを検討している親御さんに人気があるのがTSUTAYAのスマホです。

なぜ人気なのか、子供にスマホは必要なのかを説明しながらご紹介していきます!

子どものスマホ所有率の変化

2015年に神奈川県の教育委員会が「小学生の携帯利用」を調査したところ、小学生の携帯・スマホ所有率は2012年に比べ2割増加し、6割を超えました。

その多くは、子どものことが心配だからだといいます。実際に、子どもにスマホやPHIを含む携帯電話を持たせようと思った理由を調査した結果があります。(MMD研究所調べ)

調査によると、1位が「子どもが塾や習い事に通い始めたから」で、以下も「事件・事故など世の中の出来事に不安を感じたから」「クラブ活動や学校の活動で遅くに帰ることがあるから」など、子どもの身の安全を心配する理由が半数以上を占めています。

 

子どもが危ない?児童被害事件の推移

スマホなどの携帯電話を子供に持たせる理由に、「世の中の出来事や不安」があげられますが、子どもを持つ親ならば当然の心配です。

実際に警察庁のデータ「平成17〜26年までの子供の被害件数」によれば、被害件数は減ってはいるものの、その数は約2万5千件にもなります。

特に、最近多発している児童ポルノなどの「強制わいせつ」は平成19年から増加傾向にあり、暴行もここ最近で増えています。また、略取誘拐の件数については、平成18年以降、9年ぶりに100件を超えました。

子どもにスマホを持たせることでのデメリットもありますが、子どもの身の安全が第一です。そういった心配を少しでもなくすために、連絡手段や危険を避ける手段として子どもにスマホを持たせる親も少なくありません。

 

子どもにスマホを持たせるデメリット

子どもにスマホは必要?

そんな疑問を持ってしまいますよね。遊ぶなら友達と遊べばいいですし、アプリなんかをやりすぎてしまわないか心配。子どもといえど、遊ぶこと以外に「勉強すること」が本業です。

利用時間を守れればいいですが、ルールを強制するのはなかなか難しいものです。

また、いかがわしいものを見てしまわないか、子どもだけでなく大人でも危険な「歩きスマホ」をしないかなど、心配や必要ないという思いは募るばかりでしょう。

しかし、子どもにスマホの利用時間を制限させ、フィルタリングで悪徳サイトをブロックし、歩きスマホまで防止するスマホがあったらどうしますか?

 

子ども見守り機能充実のTSUTAYAのスマホ「TONE」

TONEモバイルは、TSUTAYAが提供する格安のスマホで、月額1,000円から利用できます。

通常、ドコモなどの大手キャリアで契約すると月額平均6,500ほどかかってしまいますが、「TONEモバイル」は、パケット使い放題+通話基本料金=月額1,000円の1プランのみ。

toneTSUTAYAのスマホ【TONE】公式サイト

 

ネットやアプリも無制限で使える!

TSUTAYAのスマホ「TONEモバイル」は、パケット使い放題です。

TONEモバイルには、そもそもデータ容量を設定するプランがありません。先ほどもご紹介しましたが、TONEモバイルの料金プランは「パケット使い放題+通話代」の一つだけです。

通常スマホを契約する場合は、「3GB」「5GB」など容量を設定するのが一般的です。その設定容量を超えると速度制限がかかり、子供に容量の追加などを求められるかもしれません。

しかし、TONEモバイルは「パケット使い放題」なので、データ容量に制限なく利用できます。通信速度は500〜600kbpsとそれほど速くない中速ですが、LINEやインターネットなどは200〜300kbpsほどで利用できるので問題なく使えます。

YouTubeなどの動画やアプリゲームなどは少し遅く感じますが、返って子供に持たせるにはいいかもしれません。Wi-Fiを利用すれば、高速通信でゲームも動画も可能ですしね。

複雑な料金プランもありませんし、この額なら子どもに持たせても安心です。

 

子どもがどこにいるかすぐにわかる

image_child_1_detailTSUTAYAのスマホ「TONEモバイル」ではGPSが搭載され、子どもの位置情報がすぐにわかるようになっています。設定も特にないので、簡単にできます。

帰りが遅くなったときや、連絡がつかないときになど、子どもがどこにいるかの心配をなくし、家族の安全を守ってくれます。

 

利用アプリや時間を制限

TONEモバイルは、子どもが使用するアプリを親が選ぶことができます。

子どもがインストールしたいアプリを、親御さんに「リクエスト」をし、その「リクエスト」通知を親が許可することで、そのアプリを使うことができます。管理もできるので、子どもがどんなアプリを利用しているか知ることができます。

また、スマホやアプリの利用時間を制限することができます。

image_child_3_detail一日3時間まで」「17時〜21まで」「日曜日だけなど、子どものスマホ利用時間を細かく設定できるため、勉強の邪魔や寝不足、スマホやアプリを使いすぎることを防ぐことができます。

 

ネットトラブルから子どもを守る

TONEのスマホは、小学生・中学生・高校生と、それぞれの年齢に合わせた最適なフィルタリングを設定することができます。

例えば、小学生のうちはすべてダメでも、中学生になったら「占い」や「ゲーム」を解除してあげよう、などの約束を設定することも可能です。

 

歩きスマホを防止

さらに、大人でも危ない「歩きスマホ」を防止する機能も付いています。

ついつい夢中になって、歩きながらスマホを使うと「歩きスマホ警告」が通知され、歩きスマホを未然に防ぐことができます。この通知は設定したメールアドレスにも来るので、「歩きスマホ」をしたことを親が知ることもできます。

 

全国子ども会連合会推奨商品

TONEのスマホは、社団法人「全国子ども会連合会」が推奨する商品に指定されています。子どもの身を守る商品として、高い評価を受けたということですね。

↓↓動画で「TONE」をチェック!

 

TSUTAYAのスマホについてのまとめ

TSUTAYAのスマホ「TONEモバイル」は子供やお年寄り向けに作られているため、誰でも使いやすく、料金面を気にしないで利用することができます。子どもに持たせて安心の機能が充実してるので、プレゼントとしての人気も高まっています。

確かに、子供にスマホを持たせることには躊躇してしまいますが、大事なのは、子どもの安全です。

スマホを持たせないことのメリットもありますが、持たせるメリットも大きい。子どもがスマホを使いすぎることもありませんし、いつでも連絡が取れるので、子どもを危険から守るができます。

TONEモバイルは、使いすぎるなどの心配をする親御さんでも安心して子どもに持たせることができます。そして何より、子どもの笑顔を守れるのです。

子供にスマホを持たせようか悩んでいる親御さんは、この機会に検討してみてはいかがですか?

TSUTAYAのスマホ「TONE」公式サイト

 

Pocket

関連記事

居場所がわかって依存も防げる!小学生の子供におすすめのスマホ!

トーンモバイルの契約方法と注意点!〜申し込みから利用するまで〜

子供に「iPhone」を安く持たせる方法と利用制限についての注意点!

子供や高齢の親にも!クリスマスプレゼントにおすすめのスマホ!

親子でスマホを持つならTONEモバイル!その納得のいく理由とは?

NO IMAGE

学割料金を比較!高校生にiPhoneを持たせるならキャリア?格安?