居場所がわかって依存も防げる!小学生の子供におすすめのスマホ!

Pocket

近年、子供にスマホを持たせる親が増えています。特に最近は、子供に対する事件や犯罪が多くなり、子供の安全を守る意味で持たせる傾向が強いようです。

しかし、子供にスマホを持たせることって不安ですよね。スマホばかりに夢中になって、学力や視力の低下、コミュニケーション能力への影響なども心配になることでしょう。

小学生の子供にスマホを持たせないと決めている場合はよいですが、子供の身の安全や連絡手段として必要な親御さんもいます。そこで、GPSでの居場所確認や依存を防ぐ制限機能のついた、子供用におすすめのスマホをご紹介します。

 

おすすめのスマホを紹介する前に、まずは親が世間事情や子供用スマホに対する見解をしっかりと固めることが大切です。

小学生の携帯・スマホ所有率

2015年に神奈川県の教育委員会が「小学生の携帯利用」を調査したところ、小学生の携帯・スマホ所有率は2012年に比べ2割増加し、6割を超えました。

その多くは、子どものことが心配だからだといいます。実際に、子どもにスマホやPHIを含む携帯電話を持たせようと思った理由を調査した結果があります。(MMD研究所調べ)

調査によると、1位が「子どもが塾や習い事に通い始めたから」で、以下も「事件・事故など世の中の出来事に不安を感じたから」「クラブ活動や学校の活動で遅くに帰ることがあるから」など、子どもの身の安全を心配する理由が半数以上を占めています。

 

子供が危ない?児童被害事件の推移

スマホなどの携帯電話を子供に持たせる理由に、「世の中の出来事や不安」があげられますが、子供を持つ親ならば当然の心配です。

実際に警察庁のデータ「平成17〜26年までの子供の被害件数」によれば、被害件数は減ってはいるものの、その数は約2万5千件にもなります。

特に、最近多発している児童ポルノなどの「強制わいせつ」は平成19年から増加傾向にあり、暴行も平成24年ごろから増えています。また、平成18年から、略取誘拐の件数は9年ぶりに100件を超えました。

2017年の春に起きた、千葉県松戸市・我孫子市での小学3年生の女児の誘拐事件もまだ新しいです。今や世間や自治体でも子供の事件に対する関心が強まってきたのは良いことですが、子供を持つ親の身としては遅すぎるくらいです。

子供にスマホを持たせることで起こるデメリットもありますが、子どもの身の安全が第一です。そういった心配を少しでもなくすために、連絡手段や危険を避ける手段として子供にスマホを持たせる親も少なくありません。

 

子供にスマホを持たせることでの悩みとデメリット

ではなぜ、子供にスマホを持たせることに悩んでしまうのでしょうか。その理由は各家庭にもよりますが、大きく3つに分けられます。

スマホに依存してしまわないかということ

やはり、子供にスマホを持たせることでの悩みがコレ。

親のスマホを貸すのとは違って、自分専用のスマホを持たせることになるため、勉強や他の遊びをせずにスマホばかりに依存してしまわないかということです。

約束やルールを守らせるのも難しく、一度子供に持たせてしまうと取り上げるのも難しいと悩む親御さんも多いです。友達とのコミュニケーションを取らなくなるのでは?といった心配にもつながり、目が悪くなるなどの身体を心配する声も上がっています。

怪しいサイトや課金などの不安

小学生の子供は、年齢にもよりますが良い悪いの判断がまだ正確ではありません。もちろん物事の良し悪しはつくでしょうが、ネットの中は大人でも判断が難しいです。

知らないうちに悪質なサイトで詐欺にあったり、子供が見てはいけないようなサイトを閲覧しないかなど心配はつきません。

最近ではスマホゲームの課金に対する事件・ニュースもあったため、勝手に課金してしまわないかという心配もあるでしょう。

子供用とはいえ、毎月の月額料金が心配

そして注意したいのが、家計に大打撃となる毎月のスマホ代です。今でこそ格安スマホや低価格プランも登場しましたが、今でもスマホ代というのはバカになりません。

毎月の利用料金に加え、端末代や容量の追加、ゲームの課金などをしてしまうとびっくりするような金額を請求されることもあります。子供用の携帯は利用料金も安いですが、機能や容量にかなりの制限があり、追加などをせがまれる可能性があります。

 

小学生の子供に持たせるスマホのおすすめの条件

いろいろと機能やデザインを要求する子供も多いですが、重要なのは子供の安全を守れることです。また、親が管理できて利用制限などを設定できるものがよいです。

はじめのうちは、それに加えて子供の願いを少しでも叶えてあげられれば良いのです。

子供の位置情報がすぐにわかること

小学生の子供にスマホを持たせるからには、子供のいる場所がわからなくては不安は取り除けません。GPSによるリアルタイムで位置情報がわかることは、絶対条件と言ってもよいでしょう。

今ではどのスマホでもGPS機能は付いていますが、その機能や使い方を親御さんが理解していなければなりません。今のスマホは優れていますが、いろいろと難しく感じてしまうもの。

難しい設定がなく、子供がどこにいるのか簡単に把握できることが子供用スマホの条件です。アプリや売り切りのサービスもありますが、はじめから備わっているものがおすすめです。

悪質なサイトや利用者から子供を守れること

インターネットというのは、なんでもできてしまう便利さの代わりに、様々な危険を招いてしまうものでもあります。

悪質なサイトや悪質業者の罠にはまり、詐欺やトラブルに合うことは避けたいです。大人は判断が難しい場合は慎重になれますが、子供はあまり警戒心を持ちません。

ゆえに、フィルタリングなどの悪質サイトから守れる機能がなくてはならないのです。

スマホに制限やロックがかけられること

子供のスマホ利用で心配なのが、ネットやゲームをやりすぎてしまい、スマホに依存してしまうことです。

口約束やルールを作っても、裏でバレないようにすることは子供は上手いです。とはいえ取り上げるのも難しいため、スマホに強制的に制限やロックがかけられることが望ましいでしょう。

今ではアプリなどでもロックするものもありますが、設定や使用方法も難しく、大手のキッズケータイはそのようなアプリに対応はしていないことが多いです。

毎月の利用料金が安いこと

子供用とはいえ、スマホ代は安く済ませたいもの。特に子供は自分で支払いをしているわけではないため危機感がなく、どんどん使用してしまうでしょう。

子供にスマホを持たせるのは親の責任ですが、安くて家計の負担にならないものが良いですよね。

 

子供の成長に合わせて使い続けられること

大手キャリアのキッズケータイなどを見たことがあるでしょうか。対象が子供なので仕方ありませんが、いかにも「キッズ」というデザインが子供には嫌がられる場合があります。

ましてや、子供は成長が早いため、キッズケータイではすぐに見た目も機能面でも力不足になります。

子供の成長に合わせて使えるスマホで、かつデザインも普通のスマホなら、子供も多少の制限があっても喜んでくれるでしょう。

 

安心と安全を。小学生の子供におすすめのスマホ!

以上の条件を踏まえた上で、小学生の子供におすすめのスマホをご紹介します。子供の安全と安いことが条件のコスパを考えて厳選しました。

これからスマホを子供に持たせようという親御さんも、プレゼントとしておすすめです。

コスパ最強!ほしい機能は全て搭載している子供におすすめのスマホ!

TSUTAYAのスマホ「TONEモバイル」
  • TSUTAYAが提供する格安スマホ
  • 月額1,000円から使える!(利用者平均1,700円)
  • 複雑な料金プランは一切なし!
  • GPS標準搭載ですぐに居場所がわかる
  • アプリや利用時間を制限可能!
  • 「歩きスマホ」防止機能/フィルタリング機能
  • 社団法人「全国子ども会連合会」が推奨!
総合評価

TONEモバイルの詳細はこちら

 

大手3キャリアのキッズケータイ!使いやすさと安心感はお墨付き!

docomo(ドコモ)/キッズケータイ F-03J
  • 防犯ブザー/GPS機能搭載!
  • 子供の帰宅を通知する「おかえり通知」
  • 防水・防塵
  • カメラ機能なし
  • 機種代金のみ(税込10,368円)
  • 現状ドコモではこの機種のみ!(2017年11月現在)

キッズケータイ F-03Jnの詳細はこちら

au/miraie(ミライエ)
  • 防犯ブザー/GPS機能搭載!
  • アプリや利用時間の制限可能!
  • 不適切な表現や乱暴な言葉を自動チェック
  • 「歩きスマホ」防止機能!
  • 月額3,404円から(分割機種代込み/10,800円)

miraie(ミライエ)の詳細はこちら

SoftBank/みまもりケータイ4
  • 防犯ブザー/GPS機能搭載!
  • 車や電車の自動メール返信
  • 防水・防塵・耐衝撃
  • 日本PTA全国協議会/全国子ども会連合会推奨商品
  • 月額959円から(分割機種代込み/10,320円)

みまもりケータイ4の詳細はこちら

 

お下がりや中古端末を組み合わせる格安SIMはどうか?

子供用に持たせるスマホとして、お下がりの端末や初期費用を抑えて新品・中古の端末に「格安SIM」を組み合わせることを考えている親御さんもいるでしょう。

すでに端末を持っている場合や、iPhoneを使わせたい場合、利用料金を優先させて格安SIMを選ぶことも選択肢としてはありえるでしょう。多いのは有名どころで「楽天モバイル」や「UQモバイル」ですね。

GPS機能はグーグルサービスやアプリでもありますが、スマホを完全に管理できる機能は付いていません。制限するためのアプリは存在しますが、ほとんどが子供側から解除できます。

確かに利用料金は安いので子供用にと考える親御さんも多いですが、子供の年齢や学年によります。上記で紹介したTONEモバイルや大手キッズスマホ以外では、アプリや利用時間の制限機能はありません。

それは、もともとが子供に持たせる目的で作られていないからです。

なので、格安SIMでスマホを持たせたいのであれば、中学生〜高校生の子供に持たせる場合にした方がよいでしょう。小学生のスマホ依存や身の安全を守るためのスマホとしては、機能やサービスが弱いです。大人向けですからね。

 

小学生の子供におすすめのスマホまとめ!

子供にスマホを持たせる時期というのは本当に難しいものです。いつかはスマホや携帯を持たせることになるにしても、子供の成長に合わせて必要なことやニーズが異なります。

中学生〜高校生になる頃であれば、格安SIMを利用したスマホを持たせても良いかもしれませんが、小学生までの子供にはあまりおすすめはできません。子供向けの機能や設定は多くありませんし、利便性が高すぎるため子供に与える影響が大きいのです。

小学生までの子供にスマホを持たせるのであれば、TONEモバイルが一番理にかなっているといえるでしょう。

>> TSUTAYAの格安スマホ「TONEモバイル」はこちら

 

 

Pocket

LINEモバイル
紹介CP

関連記事

「母子家庭」でも親に負担をかけず、安くスマホを持つ方法!

親子でスマホを持つならTONEモバイル!その納得のいく理由とは?

持たせないは時代遅れ?高校生の息子・娘に持たせるおすすめのスマホ!

子供や高齢の親にも!クリスマスプレゼントにおすすめのスマホ!

トーンモバイルの契約方法と注意点!〜申し込みから利用するまで〜

miraieは使える?子供向けスマホ「miraie(ミライエ)」の評価は!