日頃の感謝につながりを!敬老の日のプレゼントにおすすめの贈りスマホ

Pocket

もうすぐ敬老の日、日頃の感謝を込めて何かをプレゼントしたいと考える人は多いですね。しかし、敬老の日って何をプレゼントしたらいいのか、どんなことが喜んでもらえるのか悩みますよね。

そこで、大事な母・父・おばあちゃん・おじいちゃんの「これからの生活とつながりを守るプレゼント」を、敬老の日にプレゼントしてみてはいかがですか?

敬老の日とは?

そもそも「敬老の日」とはどんな日か、ご存知ですか?

敬老の日とは、日本国民の祝日の一つで、毎年9月の第3月曜日にやってきます。もともとは、兵庫県の「老人を大切にし、お年寄りの知恵を借りて村を作ろう」という農閑期に開いた敬老会が始まりです。

これが全国に広まり、「長年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う日」とされました。日頃の感謝やこれからも長生きしてほしいという、想いを込めてお祝いする日なんですね。

 

敬老の日は何をプレゼントする?

敬老の日にはお祝いやプレゼントをしたりしますが、特に決まりごとや習わしはありません。日頃の感謝を込めて一緒に食事をしたり、これからの長寿を願って贈り物をするというのが一般的です。

中でも悩むのが、「いったい何をプレゼントすればいいの?」ということ。

特に決まりもないので、気持ちが伝わればなんでもよいのです。最近では、電化製品や旅行をプレゼントする人もいますが、一般的に多いのが「お酒」「好きな食べ物」などです。

相手が女性であれば、「花」や「ハンカチ」も人気があります。

 

けれど、それらはいつもあげてるし、もっと役に立つものをあげたい。どうせなら、ずっと使えるものがいいとは思いませんか?

そこで今「贈りスマホ」として人気のある、スマホをプレゼントしてみてはいかがですか?

「贈りスマホ」として、お年寄りへのプレゼントが人気!

敬老の日のプレゼントに「スマホ」と聞いて、驚く人もいるでしょう。しかし今、30〜40代の主婦や息子が高齢になった親に「スマホ」をプレゼントする人が増えているんです。

とはいえ、「うちの母にスマホなんて無理」「使いこなせるか不安」と思う人も多いでしょう。ですが、こちらで紹介するスマホは、高齢者のために作られたスマホなんです。

それが、TSUTAYAの提供する「TONEモバイル」です。

この「TONEモバイル」は、スマホ初心者でも瞬時に使えるように、徹底的に使いやすさを重視して作られました。docomoやauの「らくらくフォン」のような”シニア感”はなく、それでいてお年寄りが使いやすいような作りになっています。

公式サイト >> 「贈りスマホ」のTONEモバイル

 

シンプルで複雑なプランは一切なし!

お年寄りでなくても迷ってしまう複雑な料金プランはなく、たった一つだけの料金プランしかありません。使った分だけ料金を支払うシステムですが、TONE同士の通話やインターネットなどは使い放題です。

そのため毎月高額な料金を支払うこともなく、かかった分の明細もわかりやすく混乱を回避できます。

 

お年寄りにも安心のサポート力!

また、お年寄りがもっとも心配するサポートですが、この徹底のサポート力こそ「TONEモバイル」の最大の強みでもあります。

「TONEモバイル」には、大手携帯会社に勝る3つのサポートがあります。

1つが、一般的にある「電話でのサポート」なんですが、これがまず他社とは違います。お年寄りにもっとも不親切な自動音声案内がなく、直接オペレーターに繋がります。これにより「#」や「数字」を押す手間が省けて、すぐに相談できます。

また、「画面遠隔サポート」により、オペレーターが利用者のスマホ画面を直接操作して助けてくれます。口で伝えるのが難しいことも、オペレーターが解決してくれて安心です。

 

2つ目が、「家族でサポート」できるという機能です。

「TONEモバイル」はあらかじめ設定しておくと、家族のパソコンから遠隔操作できるようになっています。もし、スマホで困ったときは、まずは家族に相談しますよね。そんなときにすぐに解決してあげられます。

健康状態もチェックできるため、離れていてもいつでも見守ってあげられるんです。

 

3つ目は、「箱に置くだけサポート」です。これは「TONEモバイル」にしかない画期的なアイテムで、TONEモバイルを買ったときの化粧箱にはICチップが埋め込まれており、スマホを上に置くだけで不具合を直してくれます。

私たちでは困らないようなことも、初心者や高齢者には難問。データ通信やネットワーク環境、アカウント設定などの不具合を検知してくれます。さらに解決しないときは、そのままオペレーターに電話が繋がるダブルチェック構造になっています。

 

毎月の料金はなんと1,000円から!

気になる「TONEモバイル」の料金ですが、なんと月額1,000円から使うことができます。もちろん機種の性能は最新モデルですし、パケットも使い放題です。

利用者の平均利用料金は1,698円(2015年調べ)と、月額現在使っている携帯電話よりも安く、経済的にも優しいスマホです。

プレゼントするには大きすぎると感じていた方も、これなら安心して使ってもらえますね。

公式サイト >> 月額1,000円からのスマホ「TONE」

 

敬老の日に贈るプレゼントは、どんな想いがあるか。

敬老の日に何をプレゼントしたい、けれど何をプレゼントするか迷っているのであれば、これからを考えたプレゼントをする方がよいかもしれませんね。

もちろん、大事なのはプレゼントの中身ではなく、家族とのつながりを確認できる「気持ち」です。お年寄りは家族と離れていることが多いため、いつだって寂しいと感じています。

「これからも長生きしてほしい」そんな想いとともに、「つながり」を形にしてプレゼントしてみてはいかがですか?

 

 TSUTAYAのスマホTONE

関連記事

シニアにおすすめの格安スマホ!「TONE」が選ばれるわけ!

老眼でも使いやすい!画面が大きいシニア向けスマホ特集!

初めてでも使いやすい!シニア向けの格安スマホTOP3!

そんことも?シニア世代にあるスマホに関する意外な悩みとは?

いったい何を送ればいい?大切な親に送るおすすめのプレゼント!

シニアにスマホは必要か?判断するために大切なポイント!