格安SIMでテザリングは?契約前に知っておきたい料金や注意点!

Pocket

近年、急激に普及が広まった格安SIMですが、モバイルWi-Fiルーターの役目を果たす「テザリング」はできるのか気になりますよね。

結論から言うと、格安SIMでもテザリング機能は利用できます。しかし、格安SIM会社(MVNO)や端末によって可能かどうか、及びオプションとしての料金が違います。

ここでは、格安SIMで行うテザリングについて、契約する前に知っておきたい注意点としてまとています。契約してから「こんなはずじゃ…」となる前に、しっかり確認しておきましょう!

そもそもテザリングって?

テザリングとは、スマホをモバイルWi-Fiルーターのようにデータ通信回線を解放し、他の端末やパソコンでもインターネットなどのデータ通信ができるように接続する機能です。

これにより、自身のモバイル端末ひとつあれば、ノートパソコンやタブレット、契約が切れたスマホ端末などでデータ通信を行うことができます。

接続には「Wi-Fiテザリング」や「Bluetoothテザリング」などの方法があり、パスワード設定ができるので知らない人にデータ通信をされることはありません。

格安SIMにはテザリングできない場合がある

大手キャリアでスマホを使っていたときは当たり前の機能でしたが、格安SIMを使う端末によってはテザリングできない場合があります。

大きく分けるとまず、「SIMフリースマホ」はほとんどの端末でテザリングが可能です。また、「iPhone」もキャリア端末でもSIMフリー端末でもテザリングはできます。

しかし、注意しておきたいのがキャリアのAndroid端末です。これは使えない場合が多いです。「キャリア端末×MVNO」の組み合わせによってテザリングの可否が決まるややこしさがあるので、最後に表でまとめています。

分かりずらいと感じる人は、最後の表まとめで確認してくださいね!

ドコモ端末

ドコモで契約した端末を格安SIMで利用する場合、ドコモ版Android端末のほとんどでテザリングが不可能です。ドコモのときは普通にテザリングができていても、格安SIMにするとテザリングができなくなります。

これは、使用する格安SIMがドコモ系MVNOであっても関係ありません。

仮にSIMロックを解除しても、ドコモ版Android×ドコモ系MVNO=テザリング不可

ただし、機種が比較的新しいもの(Android7.0以降)辺りでは、一部テザリングが可能です。つまり、ドコモから格安SIMに乗り換える場合、iPhone以外のほとんどでテザリングができないということです。

au端末

反対に、auで契約した端末を格安SIMで利用する場合は、au系MVNOであればほとんどのAndroid端末でテザリングが可能です。

これがややこしいところでもあるのですが、au系MVNOを契約する場合、au版のiPhoneがテザリングできなくなります。

逆に、au版のiPhoneはドコモ系MVNOでならテザリングができるという関係にあります。なので、auから格安SIMに乗り換えるときは、端末がテザリング可能かどうか公式サイトでチェックしておきましょう!

ソフトバンクの端末

ソフトバンクで契約した端末を格安SIMで使う場合は、iPhoneだけがドコモ系MVNOでテザリングが可能です。

ソフトバンク回線のプランを提供している格安SIMは、現在「U-mobile」だけですが、ドコモ版かSIMフリー版のiPhoneでなら、テザリングが可能です。

格安SIM(MVNO)でのテザリング可能一覧!

テザリングの可否 ドコモ系MVNO au系MVNO
ドコモ版Android △(一部) ×
ドコモ版iPhone ×
au版Android ×
au版iPhone ×
ソフトバンク版Android(SIMロック解除) × ×
ソフトバンク版iPhone(SIMロック解除) ×
SIMフリーAndroid
SIMフリーiPhone △(一部)

 

MVNO公式サイトで確認できる

使う端末を格安SIMでテザリングできるかどうかの確認は、各格安SIM(MVNO)の公式サイトの「動作確認端末」で確認できます。

下記は「mineo/マイネオ」の動作確認端末のページですが、ドコモ回線・au回線の両方に対応しているため、両回線の動作確認が行えます。

テザリング利用の料金は?

大手キャリアのauやソフトバンクでもそうでしたが、テザリング機能は有料オプションとして組み込まれているところがほとんどです。※ドコモの通常プランでは無料ですが、容量が大きいプランはテザリングに月額1,000円かかります。

会社名 テザリング料金  申し込み
ドコモ 無料(2017年現在) 不要
au 月額500円 オプション申込
SoftBank 月額500円 オプション申込
mineo/マイネオ 無料 不要
LINEモバイル 無料 不要
楽天モバイル 無料 不要
NifMo/ニフモ 無料 不要
TONEモバイル 無料 不要
UQモバイル 無料 不要
Y!mobile/ワイモバイル 無料 不要

しかし、格安SIM(MVNO)のほとんどはテザリングは無料で利用できます。オプションとしての設定をしていないため、特に申し込みの必要もなく、使いたい時にテザリングができます。

 

格安SIMでテザリングを行う注意点まとめ!

以上が、格安SIMでテザリングをする上での注意点になります。端末とMVNOの関係は少しややこしいですが、MVNO公式サイトで確認できるので、単純に使いたい格安SIM×使いたい端末で初めは探してみるといいでしょう。

格安SIMとセットで販売されている端末であれば、確かめるまでもなくテザリングは可能なので、端末とセットで契約する方が早いかもしれませんね。

テザリングを行う場合は、大半の格安SIMは無料で利用できるのでSIM選びであまり気にする必要もないでしょう。格安SIMのmineo/マイネオでは、ドコモ・au回線に対応していて通信速度も安定しているので、テザリングを考えるのであればおすすめです。

 

mineo

Pocket

関連記事

携帯代が5,000円も安くなる?初めてでも安心の格安SIMとは?

NO IMAGE

音声通話SIMを各社で比較!選び方とおすすめはココで判断するべし!

学生でも大丈夫!クレジットカードなしで契約できる格安スマホ(SIM)

利用者が選ぶ!ユーザー満足度の高い格安SIM(MVNO)2社とは?

NO IMAGE

まずはお手並み拝見!無料で使える【お試し格安SIM】とは?

dアニメストアを格安スマホで見るなら?利用方法とおすすめプラン!