【格安スマホとは?】わからないをゼロから徹底解説!

Pocket

そもそも「格安スマホ」とは?

キャリア(ドコモ/au/SoftBank)で契約したスマホや携帯電話の中には、個人情報を登録した「SIMカード」というICカードが入っています。このSIMカードがあることで、電話やネット通信を行うことができます。

格安スマホとは、ドコモなどの大手キャリアから通信回線の一部を借りて、より安い料金で通信サービスを提供する事業者(MVNO)のSIMカードを利用したスマホのことをいいます。

MVNOとは新しい携帯会社のようなもので、このMVNOが提供するSIMカードを「格安SIM」と呼びます。つまり、スマホの中のSIMカードを格安SIMに変えることでスマホを格安で使える、というわけです。

このMVNOという通信事業者は「楽天モバイル」や「mineo/マイネオ」などたくさんあって、料金やサービスなどが違います。自分にはどれがいいかアドバイスしていくので、いろいろと比較検討してみてくださいね!

格安スマホにしたら、そんなに安くなるの?

大手スマホから格安SIMに乗り換えると、びっくりするぐらい安くなります。

格安スマホに乗り換えると、どこの格安SIMでもだいたい月1,000〜3,000円程度で利用することができます。つまり、毎月8,000円以上支払っていた人は、月々5,000円もおトクになります。

格安スマホでも人気の「楽天モバイル」で契約した場合は、以下の通り!

 

また、利用者満足度がNo.1の「mineo/マイネオ」で契約した場合。

※1:月々5,500円はドコモの一番安いプランです。(以下↓内訳です)

NTTドコモの月額料金 MVNO(mineo)の月額料金
データSパック(2GB) 3,500円 Dプラン/音声通話付きSIM(3GB) 1,600円
カケホーダイライトプラン 2,700円 +5分かけ放題 850円
spモード使用料 300円
合計 5,500円 合計 2,450円

※大手キャリアの「NTTドコモ」で契約する場合、一番安いプランで見積もっても5,500円以上はかかりますが、格安スマホの「mineo/マイネオ」を利用すれば、月額2,000円ちょっとに抑えることができます。

格安スマホは、どうしてこんなに安いの?

キャリアの半額以下ほどでサービスを利用できる「格安SIM」は、どうしてここまで安いのでしょうか。その秘密は、運営の仕方にあります。

格安SIMを提供する「 MVNO」は、大手(ドコモ/au/SoftBank)のネットワーク回線を借りて通信サービスを提供しています。そのため店舗を持つ必要がなく、運営費や人件費・回線の保守費用がかからないため、安くサービスを提供できているというわけなんです。

また、通信や容量に制限があることも関係しています。というのも、大手(ドコモ/au/SoftBank)では今でこそ容量を選べるものの、少し前までは月間7GBという容量が一般的でした。

月間7GBまで高速通信が利用できるので余裕がありますが、人によっては月に1GBあれば十分という人もいます。

つまり、格安SIM事業者である「MNVO」は、利用者に合わせて高速通信できる容量を設定することで、ムダを省き、低料金でサービスを提供できるというわけなのです。

通話やアプリなども今までのように使えるの?

もちろん使えます!大手キャリア(ドコモ/au/SoftBank)と同じように、通話もネット・アプリも普通に使えます。使用するスマホはiPhoneや今まで使っていたスマホやと同じ、格安SIMの通信回線はキャリアのものを使っています。

格安SIMは、大手キャリアの回線を借りているだけなので、「電話やネットが使えない」「地方だから電波が届かない」ということはありません。

ただ、通信回線のすべてを借りているわけではないので、MVNOによって通信速度に多少の違いが出てしまいます。←キャリア以上の通信速度が出る格安SIMもあります。

ただし!キャリアメールは使えない!

メールに関しては、以前まで使っていた「@docomo.ne.jp」などのキャリアメールが使えなくなります。

もちろんそれは、ドコモなどを解約して乗り換えるのだから当然といえば当然。格安スマホでは、「Gmail」や「@yahoo.co.jp」などのPCメールやフリーメールを取得する必要があります。

ただ、キャリアメールに関しては、普段から連絡手段は「LINE」しか使わないという人には必要ないかもしれませんね。

格安スマホに契約期間の縛りはあるの?

今までのドコモなどの大手キャリアと契約すると、最低でも2年間の契約に縛りがありましたね。そのため、何か不満があっても乗り換えがしにくく、解約しても高い違約金がかかってしまいます。

しかし、格安スマホを提供するMNVOでは契約期間に縛りがほとんどありません。

プランにもよりますが、あっても半年〜1年程度。解約や乗り換えがしやすく、自由度が高いのも格安スマホと大手キャリアの大きな違いです。

格安SIMはどこで買うの?3つの購入方法!

格安スマホとして利用するには、格安SIMを契約して購入する必要があります。しかし、どこで買えばいいのかわからない人も多いと思います。もちろんドコモショップやSoftBankショップにはありませんのでご注意を!

格安SIMには3つの購入方法があります。

  • MNVO公式サイトで購入
  • ビックカメラなどの家電量販店
  • Amazonなどのネット通販

格安SIMと一緒にスマホの端末を購入できるので、MNVO公式サイトで買うのが一般的です。配達や初期設定も行ってくれるので、初心者の方はこちらでの購入方法が良いでしょう。

実際に家電量販店などの店舗で買う場合は、直接販売員に質問やわからないことを聞くことができるメリットがありますが、扱っている格安SIMの種類に限りがあり、わざわざ店舗に出向く必要があります。

また店内が混み合っている場合、待ち時間も考慮しなくてはいけません。店舗を設けているMVNOも少ないので、公式サイトで買う方がおすすめです。

格安スマホにする2つのパターン!乗換え方法も簡単!

格安スマホにいざ乗り換えるとしても、「どうしたらいいかわからないし、なんだか難しそう」と思った方も安心してください。乗り換えはとっても簡単です。

格安スマホへ乗り換える方法は、次の2パターンがあります。

  1. 電話番号を引き継がない >>  現在の大手キャリアを解約⇒格安SIMを契約
  2. 同じ電話番号を引き継ぐ >> MNP乗り換えで格安SIMを契約⇒自動でキャリア解約

今までの電話番号を引き継がないで新しい電話番号を利用する場合は、現在の(キャリア)スマホを解約して(MVNO)格安SIMを契約するという流れになります。

逆に、今まで使っていた電話番号そのままで乗り換える場合は、「MNP」(ナンバーポータビリティ)という手続きを行うことで、同じ電話番号のまま格安スマホに移行できます。

もちろん、「MNPの解説や手続きの詳しい方法」を詳しく紹介しているページがありますので、そちらを参考にしてくださいね。乗り換える適切なタイミングもご紹介しています!

↓↓格安SIM選びから乗り換え方法まで、全部知りたい方はこちら↓↓

格安スマホ(SIM)に乗り換えたいと思っていても、「何から手を付ければいいのか分からない」「手続きの仕方がわからない」人も多いです。 店舗...

また、格安SIMを販売している各MVNOの公式サイトにも、詳しい手続き方法や「電話サポート」もありますので、ご自身が気になる格安SIM(MVNO)のサイトもチェックしておきましょう!

iPhoneは格安で使える?

スマホの中でも日本国内で圧倒的シェアを持つ「iPhone」ですが、もちろん「格安SIM」で利用することができます。

方法としては、SIMフリー化されているiPhoneに格安SIMを組み合わせるだけ。Appleでも「SIMフリー対応」のiPhoneが販売されており、MNVOでは「もしもシークス」「UQモバイル」「ワイモバイル」がiPhoneのセット販売を扱っています。

<今使っているiPhoneも格安SIMで使える!>

ドコモやau、SoftBankなどの大手キャリアで使っていたiPhoneも、「SIMロック」を解除すれば、どの格安SIMでも使えるようになります。

「iPhone」を格安SIM(例:mineo)で使えば=格安スマホです。

本体の価格だけで見れば決して安いとは言えませんが、キャリアの契約に縛られず、月額料金というランニングコストを抑えれば充分に「格安スマホ」です。

>>「iPhone」がセットで買える格安SIM(MNVO)

格安スマホはどんな人におすすめ?

格安スマホに乗り換えると必ず得するのは、「通話は短く、それほど多くのデータ量を消費しない」というスタイルの人。または、連絡手段はほぼ「LINE」などの人にもおすすめです。

大手キャリアのプランは通話定額が前提なので、ほとんど通話しなかったり一度の通話が短い人には割高になってしまいます。またデータ容量も毎月余ってしまい、ムダな月額料金を払っていると感じている人にもキャリアのプランは割高でしょう。

格安スマホでは、「かけ放題プラン」やキャリア並みの通話を可能にしているところもあり、単純に月額料金を安くしたい人にも「格安スマホ」に乗り換えるメリットは大きいでしょう。

格安スマホはこんな人におすすめ!

  • 毎月の利用料金を安くしたい!
  • 自分に合ったプランでムダをなくしたい!
  • いろんな会社のSIMを使ってみたい!
  • 2台目を検討中の人!

毎月の利用料金を抑えたい方や、自由にプランや端末を選びたい方にもおすすめ!

使いもしないデータ通信量に無駄なお金を払う必要がなくなりますし、利用スタイルに合えばかなり割安でスマホを利用できます。

通話に関しても「定額制5分かけ放題」「月60分まで通話無料」のプランもありますので、あまり長電話をせず、短い電話をたくさんする人にもおすすめです。

格安スマホ初心者はどこの格安SIMを選んだらいい?

じゃあ、格安スマホ初心者やたくさんあって選べない人は、どの格安SIMを選んだらいいか迷いますよね。ですが、例え格安スマホ上級者でも選び方のポイントというのがあります!

実際のところ、格安スマホ業界の競争は激化しており、実際のところ料金にはそれほど大差がありません。(あっても数百円前後)なので、これから格安スマホを利用していく中で、ユーザーに寄り添ったサービスか」「どれだけのメリットがあるかが重要な格安スマホ選びのポイントになります。

それらをクリアにし、安心して使えるのが格安SIMの「mineo/マイネオ」です。

mineo(マイネオ)
選ばれて「総合満足度No.1」、ダントツの使いやすさを誇るMVNO。料金・通信・サポートすべてのバランスがよく、初心者〜上級者まで幅広い層に人気があります。ドコモ/auの両方のプランを取り扱っているのは珍しく、乗り換えやすいのも特徴の一つです。

ユーザーとのコミュニティサイト「マイネ王」を設け、ユーザーからの質問や要望、評価などもしっかりと受け止め改善につなげている。契約期間の縛りもないため、初めての人にはまず試してほしい格安SIMです。

容量 500MB〜30GB
料金 700円〜(最安値)
使いやすさ
コスパ [star5]

もっと詳しい情報はこちら! お申し込みはこちら!

 

楽天モバイル
楽天グループが提供する格安スマホで、格安スマホ業界の中でもっとも安く販売している機種の数が豊富です。常にキャンペーンを実施しており、「初期費用を抑えたい!」「たくさんの機種の中から選びたい!」という方におすすめです。

また、毎月の利用料に応じて「楽天ポイント」が毎月貯まります。それを支払いや端末代金に当てることもできます。もちろん普通に楽天での買い物にも利用でき、楽天ユーザーにはおいしいメリットになるでしょう。

容量 低速無制限〜30GB
料金 525円〜(最安値)
使いやすさ 選ぶ機種による
コスパ [star4]

もっと詳しい情報はこちら! お申し込みはこちら!

 

初めての格安SIM選びに迷ったら、上記の「mineo/マイネオ」か「楽天モバイル」を選んでおけば失敗することはありません。高齢者の方や操作が簡単なスマホに変えたいという人には、「TONEモバイル」がおすすめです。

他にも格安SIM会社(MVNO)はたくさんあるので、いろいろ比較して自分に合った最適な格安スマホを見つけてくださいね。スマホ代もグッと抑えられますよ!

さあ、格安スマホに乗り換えておトクな日々をはじめましょう!

 

mineo

Pocket

関連記事

情報が多過ぎてわからない!格安スマホの疑問を一つずつ解決してみる!

auのピタットプランは本当におトクなの?注意点と格安SIMとの比較!

NO IMAGE

SoftBankユーザーの私が「UQ mobile」か「マイネオ」を選ぶなら?

どれだけ違う?キャリアと格安スマホの月額料金を比較してみた!

格安スマホ(SIM)無料でも使えるおすすめWi-Fiスポット20選!

【用語まとめ】今さら聞けないスマホの疑問を詳しく解説!