格安スマホで使える?おサイフケータイ機能付きのSIMフリースマホ!

Pocket

ガラケー時代から日本に馴染みのある「おサイフケータイ」機能。携帯電話一つがあれば、コンビニ支払いや改札も楽チンな便利な機能です。

キャリア契約では当たり前でしたが、格安スマホでも使えるの?といった疑問を抱く人も多いです。ここでは、その疑問に関するおサイフケータイの秘密とおサイフケータイ対応の格安スマホ(SIMフリースマホ)をご紹介します。

おサイフケータイって?

「おサイフケータイ」とは、携帯電話などの端末に埋め込まれたFeliCaチップ(ICチップ)により、端末をかざすだけで電子マネーやクレジットカードとして使うことができる日本独特のサービスです。

おサイフの名のとおり電子マネーとして店舗、自動販売機やインターネット通販での支払いを中心に、乗車券・チケット・ポイント・会員証など、さまざまな用途に使われている。電子マネーサービス「Edy」や東日本旅客鉄道の乗車カード「Suica」なども対応している。

ーWikipediaよりー

おサイフケータイの登場により、ネット通販での買い物を支払いまでスマホで完結できたり、カードへの入金もスマホだけで完了するため手間がかからないなどのメリットがあります。

▼おサイフケータイの主な対応サービス

  • 楽天Edy
  • モバイルSuica
  • nanaco
  • モバイルWAON
  • モバイルスターバックスカード
  • iDネット決済
  • ANAモバイルSKIPサービス
  • JAL ICサービス
  • QUICPay モバイル
  • マクドナルドアプリ
  • Tポイントアプリ
  • ローソンモバイルPonta
  • モバイルdポイントカード
  • 家電量販店でのポイントカード

 

格安スマホでおサイフケータイは使える?

もともとはNTTドコモが始めたサービスですが、おサイフケータイは端末自体の機能なので、今やFeliCaチップ(ICチップ)に対応している機種であれば他社でも利用できます。

格安SIM(MVNO)で使う場合、おサイフケータイ機能に対応しているSIMフリースマホであれば格安SIMでも使うことができます。また、大手キャリアで購入したスマホであってもおサイフケータイに対応しているのであれば、格安SIMなどの他社回線でも利用できます。

注意点!iD決済サービスの利用について

ただし「iDネット決済」に関しては、ドコモ以外のキャリア(au/SoftBank)で販売していたものはSIMフリー化してしまうと利用できなくなります。もともとSIMフリースマホとして販売されていたものであればiDネット決済は利用できます。(2017年)

以前までは、ドコモなどの大手キャリア以外での契約で「iD」は利用できませんでしたが、iDアプリのアップデートにより格安SIMでも利用できるようになったためです。しかしそれはドコモからの乗り換えだけの話で、au/SoftBankからの乗り換えでは不可。

▼ドコモiD決済サービス利用の可否(2017年12月)

  • SIMフリー販売のスマホ:○
  • ドコモスマホ→ドコモ系MVNO:○
  • ドコモスマホ→ドコモ系以外のMVNO:○
  • au/SoftBankスマホ→全MVNO:×

 

おサイフケータイ対応のSIMフリースマホ【2017】

arrows M04

大手日本メーカー富士通が提供するSIMフリースマホ「arrows」シリーズの最新モデルで、防水・ワンセグ・おサイフケータイなどにしっかり対応した日本製スマホです。

ハンドソープ等の市販の洗剤で洗える防水性を持ち、落としても割れにくい・壊れにくいスマホとしても日本の高い技術力が詰まった一台。基本スペックはそこそこですが、スマホ初心者にも扱いやすく、日本仕様の便利機能を使いたいならぴったりのスマホです。

 

arrows M03

「arrowsM04」の前期モデルのSIMフリースマホです。機能性などはほとんど同じですが、前期モデルである分価格が1万円代とお手頃です。スペックは日常生活には問題なく使えるレベルですが、大容量ゲームや動画などを好む人には少々物足りないかも。

ただ、防水・ワンセグ・おサイフケータイ等の便利機能がついてこの安さは他にはないため、安く安心して長く使いたい人にはおすすめです。

【arrows M03】取り扱い格安SIM事業者

 

AQUOS L2

AQUOSの高画質&省電力液晶ディスプレイ「IGZO」を搭載したコンパクトモデル。省エネスイッチで節電しながら快適な画面を写します。日本製のスマホはどうしても日本っぽさが出ますが、「AQUOS L2」のデザインはiPhoneのような滑らかさと美しさがあります。

お風呂場でも使える防水性と耐久性を持ち、「IGZO」ディスプレイで水に濡れてもスムーズな操作ができます。おサイフケータイは、一部クレジット決済サービス(PayPass、payWave、J/Speedy)には非対応です。

【AQUOS L2】取り扱い格安SIM事業者

 

AQUOS sense lite SH-M05

大手日本メーカーのSHARPが提供するSIMフリースマホで、定番の「AQUOS」SHシリーズは、この機種から指紋認証センサーを搭載しています。映像にこだわる美しいディスプレイに加え、浴室でも使える高い防水性で濡れた手でもスムーズな操作が可能。

オクタコアCPU搭載で「arrows」シリーズよりも処理速度が速く、おサイフケータイなどの便利機能を持つスマホの中では使いやすい一台です。価格も3万円前後とコスパも高い。

 

AQUOS SH-M04

省電力&高画質ディスプレイ「IGZI」を搭載し、防水・おサイフケータイに対応した明るく見やすいSIMフリースマホ。前期モデルよりもディスプレイのキレイやバッテリー持ちをさらに磨きをブラッシュアップしています。

オクタコアCPUを搭載しながら機能性もあるのに、価格は3万円前後でコスパもよい一台。(ワンセグ非対応)

【AQUOS SH-M04】取り扱い格安SIM事業者

 

AQUOS mini SH-M03

片手で扱いやすい4.7インチのコンパクトサイズで、防水・ワンセグ・おサイフケータイ・VoLTEなどの定番機能にしっかり対応しています。女性の手にも収まる使いやすいSIMフリースマホです。取り扱いは楽天モバイルのみ。

【AQUOS mini SH-M03】取り扱い格安SIM事業者

 

AQUOS SH-RM02

発売が少し古いモデルですが、防水×おサイフケータイ×赤外線通信に対応したエントリー向けのSIMフリースマホです。楽天モバイルとイオンモバイルのみの取り扱いですが、楽天モバイルでは1万円で購入することができます。

【AQUOS SH-RM02】取り扱い格安SIM事業者

 

Xperia J1 Compact

138gの軽量ボディに、4.3インチの超コンパクトディスプレイで、女性でも長時間使えるコンパクトサイズのSIMフリースマホです。防水・おサイフケータイなどの便利機能も搭載し、手のひらに収まるサイズ感がなんとも心地いい一台です。(ワンセグ非対応)

【Xperia J1 Compact】取り扱い格安SIM事業者

 

Trinity NuAns NEO [Reloaded]

「TWOTONE」と呼ばれるバックカバーによって、本体背面のデザインを自由に組み合わせてカスタマイズできる珍しいスマホです。おサイフケータイに対応しているだけでなく、本体とカバーの間に非接触ICカードスペースが設けられているため、いつも利用しているカードをセットできます。(ワンセグ非対応)

【Trinity NuAns NEO】取り扱い格安SIM事業者

 

DIGNO V

日本メーカーの京セラが開発したSIMフリースマホで、長く快適に使える耐久性はピカイチです。日本人に使いやすい操作性に加え、京セラオリジナル機能「スマートソニックレシーバー」で騒がしい場所でも相手の声がクリアに聞くことができます。

基本スペックはエントリー向けですが、価格は2万円代と手に入れやすいのでシニア層やスマホ初心者におすすめです。(ワンセグ非対応)

【DIGNO V】取り扱い格安SIM事業者

 

iPhone7

iPhone史上初のおサイフケータイ機能がついた機種が「iPhone 7/Plus」です。正しくは「ApplePay」ですが、日本の決済サービス「Felica」に対応し、これまでのおサイフケータイと同様のサービスを利用することができます。

利用できるサービスは、「モバイルSuica」「iD」「QUICPay」の3種類。おサイフケータイの主要サービスが利用できるので、困る人は少ないでしょう。SuicaなどのICカードやクレジットカードを持ち歩く必要がなく、iPhone7一台で全てをまかなえます。

スペックに関してはすでに説明する必要もないでしょう。SIMフリー端末としても販売され、キャリア契約でもSIMロック解除ができるので、格安スマホとしても利用できます。

iPhoneと相性の良いおすすめ格安SIM事業者

 

格安スマホでおサイフケータイ利用のまとめ!

おサイフケータイを搭載したスマホは、以上で全てになります。

スマホ一台で支払いやポイント管理が済むおサイフケータイ機能は、技術力の高い日本だから生まれた機能です。生活がより便利になる「おサイフケータイ」を利用したい人は、ぜひ検討してみてください。

格安スマホは機種が自由に選べる分、迷ってしまうことが多くなります。スマホにスペックを求める人は多いですが、自分の用途やライフスタイルに合わせた最適な一台を選ぶことが最も賢い選択です。

便利機能搭載スマホで、よりスマートなライフスタイルを送ってくださいね。

 

Pocket

関連記事

安く済ませたい!3万円以下で買えるおすすめの格安スマホ端末【2018】

格安スマホでもテレビが見れる!【ワンセグ対応】の機種まとめ!

「docomo with」は本当にお得?毎月1,500円割引の落とし穴!

格安スマホ(SIM)でiPhoneを利用する方法とおすすめの事業者!

【海外旅行や出張の決定版】海外用に使えるおすすめ格安SIMとは?

SoftBankユーザーの私が「UQ mobile」か「マイネオ」を選ぶなら?