格安スマホ(SIM)でiPhoneを利用する方法とおすすめの事業者!

Pocket

「格安スマホ」という言葉も広まり、利用してみたいと考える人も増えてきました。中でも、日本で根強く人気のある「iPhone」を格安スマホで利用し、月額料金を下げたいと思っている方も多いでしょう。

もちろん、「iPhone」を格安スマホとして利用することはできます。

しかし、「格安スマホがよくわからない」「どうすればいいの」と悩まれている方も多いでしょう。そこでこの記事では、「iPhone」を格安で利用する方法をわかりやすくご紹介します。

iPhoneを格安SIMで利用すると?

「iPhone」に格安SIMを組み合わせて「格安スマホ」として利用すると、月額料金は格段に安くなります。

▼以下は、格安SIMの「mineo/マイネオ」に乗り換えた場合です。

データ容量は「3GB」で、090発信の音声通話ができるSIMカードを選択しています。上記のプランではかけ放題は付いていませんが、月額850円で何度かけても10分まで無料になる「かけ放題オプション」を付けることもできます。

通信回線は大手キャリアのものを使用しているので、通話もネットも今まで通り使えて、月額料金は格安になるのが格安SIM(スマホ)の最大のメリットです。

キャリアメールが使えなくなるなどのデメリットもありますが、フリーメールや各社で提供されるメールアドレスで十分代用できます。これからもバカ高い月額料金を支払ってiPhoneを利用するのはもったいないですよ!

 

格安スマホとは?「iPhone」で利用するには?

格安スマホとしてiPhoneを利用するには、「格安SIM」が必要になります。

格安SIMとは、大手キャリアから通信回線を借りてサービスを提供する「MVNO」と契約して使えるSIMカードのことを指します。MVNOは回線を借りているだけなので運営コストがかからず、サービスを利用できる料金が安いので「格安」と呼ばれています。

この「格安SIM」を組み合わせて使うスマホを、総称して「格安スマホ」と呼びます。

つまり、乗り換えるといっても端末はそのままで、大手キャリアとの契約からMVNOの契約へと乗り換えるということです。もちろん、乗り換えなくても新規契約でMVNOと契約することもできます。

 

iPhoneを格安SIMで利用する手順と方法!

お手持ちのiPhoneを格安SIMで利用する方法は、docomo/au/SoftBankのどれでも基本的には同じです。新しくiPhoneを購入する場合は、SIMフリーのiPhoneを買うか、MVNOにて格安SIMとセットで購入します。

キャリア契約のiPhoneを利用する

  1. SIMロック解除を行う
  2. 格安SIMへ申し込む(新規 or MNP)
  3. SIMカードをiPhoneにセット
  4. iPhoneで初期設定を行う

 

①SIMロック解除を行う

大手キャリアで契約していたiPhoneを利用したいときは、格安SIM(他社)でも利用できるように「SIMロック解除」を行います。

もともとキャリアで購入した端末には、他社では使えないようにSIMカードにロックがかけられています。このロックを解除すれば、乗り換え先の格安SIMでも利用できます。

ただし、SIMロック解除が必要になるのは、通信回線が異なる場合だけです。格安SIMはキャリア(docomo/au/SoftBank)の通信回線を借りているので、同じ回線を使用しているならロック解除しなくてもそのまま使えるのです。

  • 解除不要:ドコモ版「iPhone」⇒ドコモ回線の格安SIM(楽天モバイルなど)
  • 解除必要:ドコモ版「iPhone」⇒au回線の格安SIM(mineo/Aプランなど)

 

▼SIMロックの解除方法はこちらをご覧ください。

格安スマホとして利用するには、格安SIMとSIMフリースマホが必要になります。格安スマホに乗り換えようと検討している人の中には、「今まで使ってい...

 

②格安SIM(MVNO)へ申し込む(新規 or  MNP)

格安SIM(MVNO)への申し込みは、基本的に公式サイトなどのネットで申し込みます。

申し込むプランには、音声通話ができる「音声通話SIM」とインターネット専用の「データ専用SIM」の2種類があります。(全MVNO共通)

  • 音声通話SIM…090/080発信の通話機能がついたSIMです。普通に電話などをする人はこちらを選びます。
  • データ専用SIM…通話機能がないSIMです。主にインターネットやSNSなどのデータ通信のみを利用する場合に選びます。「LINEでんわ」などのIP電話で通話も済ませる人はこちらです。

ガラケーを通話メインにして、iPhoneやスマホでインターネットなどを行う「2台持ち」の使い方をする場合も、データ専用SIMを選んだりしますね。

新規契約で申し込む場合

今までの電話番号を引き継がずに、新規契約する場合です。新規なので新しく電話番号をもらうことになるため、以前までの大手キャリアは解約しない限りそのまま残ります。

大手キャリアで利用していたiPhoneを使う場合は、大手キャリアで解約手続きが必要になります。

MNPで申し込む場合(乗り換え)

今までの電話番号を引き継いで乗り換えたい場合です。MNP:ナンバーポータビリティという手続きをすることで、以前までの電話番号をそのまま格安SIMで利用できます。

MNPの場合は大手キャリアでの解約手続きは必要なく、格安SIMへ乗り換えたら自動的にキャリアは解約されます。

MNP乗り換えをするためには、大手キャリアで「MNP予約番号」を発行してもらう必要があります。このMNP予約番号を格安SIM(MVNO)申し込み画面で入力すると、電話番号を引き継いで乗り換えができます。

▼MNP予約番号の取得方法はこちらをご覧ください。

電話番号そのままで格安スマホに乗り換えるには、「MNP」手続きが必要になります。この記事では、「MNP」についての解説とその方法をご紹介します。...

 

③SIMカードをiPhoneにセット

「SIMカードをiPhoneにセット!?」と何やら難しく思えるかもしれませんが、iPhoneに入っている大手キャリアのSIMカードと入れ替えるだけなので、すごく簡単です。

実際に、管理人がソフトバンク版「iPhone 6s」を格安SIMへ乗り換えたレビューや手順があるのでそちらを参考にしてみてください。乗り換え先は「mineo/マイネオ」です。

毎月1万円近く月額料金を支払っていたSoftBank(ソフトバンク)ユーザーの私は、契約更新月が来たので、ついに格安SIMに乗り換えることにしま...

 

iPhoneで初期設定を行う

格安SIMカードをiPhoneにセットすることができたら、最後に初期設定を行います。この初期設定を行わないと、通信できないので必ず行いましょう!

「iPhoneの初期設定」は何も難しいことはなく、申し込んだMVNO公式サイトから「構成プロファイル」というものをダウンロードするだけです。構成プロファイルはどこのMVNOも共通で、iPhoneを格安SIMに対応させるソフトのようなものです。

回線は自動で切り替わるのを待つか、 電話orネットで開通申し込みをすれば切り替わります。この初期設定&回線切替が完了すれば、iPhoneは格安スマホに生まれ変わります!

はい!これにてiPhoneを格安SIMで利用する手順は終わりです!

 

iPhoneのデータやバックアップは?

iPhoneを大手キャリアから格安SIMに乗り換えたら、データの移行やバックアップはどうするのと疑問を持つ人は多いです。しかし、利用しているiPhoneはそのままなので、データ移行やバックアップなどは必要ありません。

通信する会社が変わっただけで、電話帳や写真などのデータやLINEアカウントなどもそのまま利用できます。心配な方は、一応バックアップをとっておきましょう!

 

iPhoneを運用するなら格安SIMはどこがおすすめ?

以上が、格安SIMでiPhoneを利用する流れになります。「iPhone 6s」以上であればSIMロック解除が可能なので、基本的にはどこの格安SIM(MVNO)でも使えます。

ただ、「iPhone 6」までのモデルだとSIMロック解除ができないので、同じ通信回線の格安SIMでしか使えません。対応しているかどうかは、各MVNO公式サイトの「動作確認端末」で確認できます。

最後に、iPhoneを含めた格安スマホとしておすすめのMVNOを3つご紹介します。以下の3つは通信面やコスパも優れている格安SIMです。

mineo/マイネオ

ドコモ/auの両回線を使用しているマルチタイプで、通信速度、料金コスパ、サポート全てがバランスよく、安心して使える格安SIMです。

対応している「動作確認端末」が業界トップクラスで、iPhoneシリーズはもちろん、様々なAndroid端末にも対応しています。データ繰越やパケットシェアなどのサービスもあり、初心者〜上級者までやさしくて使いやすい格安SIMです。

マイネオ公式サイトへ

 

楽天モバイル

ドコモ回線を使用した格安SIMで、大手「楽天」グループが運営しています。通信速度も安定していて、対応している「動作確認端末」もmineo/マイネオに次いで多いです。

毎月の支払いや端末代金に応じて「楽天ポイント」が貯まり、月額料金の支払いや楽天での買い物に使用できるという特徴があります。「iPhoneSE」「iPhone6s」を取り扱っている珍しい格安SIM(MVNO)で、まだiPhoneを持っていない人はセットで申し込むことも可能です。

楽天モバイル公式サイトへ

 

LINEモバイル

ドコモ回線を利用した、SNS利用に特化した格安SIM(MVNO)です。有名な「LINE」の直営子会社が運営していて、LINEやTwitterなどのSNSが「カウントフリー」で使い放題になります。

参入したのは2016年でまだ新しく、通信速度は大手キャリアに引けを取らない格安SIMでした。2017年は利用者増加により少々減速しましたが、月500〜で使えるコスパの良さSNSが使い放題になるのは大きなメリットです。

LINEモバイルは「iPhone」での利用者が多く、とにかく安く使える格安SIMです。

LINEモバイル公式サイトへ

 

Pocket

関連記事

【用語まとめ】今さら聞けないスマホの疑問を詳しく解説!

NO IMAGE

auから乗り換えるなら?おすすめの格安スマホと移行方法!

どれだけ違う?キャリアと格安スマホの月額料金を比較してみた!

端末も欲しい!「iPhone」と格安SIMをセットで販売しているMVNO

おすすめの防水機能付き格安スマホ!防水機能のレベルと注意点も!

NO IMAGE

古いiPhoneから格安スマホへ!おすすめの契約会社とSIMフリー端末