子ども

子供に「iPhone」を安く持たせる方法と利用制限についての注意点!

子供が大きくなるに連れて、スマホを持たせようか悩んでいる親も多いですね。今まで使っていたスマホを与えたり、iPhoneを安く持たせる方法はないか探してはいませんか?

このページでは、子供に安くiPhoneを持たせる方法をご紹介します。

中にはスマホを子供に与えることで、スマホに依存してしまわないか心配な方もいるでしょうから、子供にiPhoneを持たせる注意点もお伝えしていきます。「制限をかけられないか」という疑問も一緒に解決していきましょう。

子供にiPhoneを安く持たせる方法

「iPhone」が大好きである日本人は、その子供にiPhoneを持たせようという親が多いです。

確かにiPhoneを欲しがる子供は多いですが、iPhoneって高いイメージしかありませんよね。

今でこそ値下がりしましたが、端末代金は安くても6〜10万円前後。

中古で購入すれば端末代金は抑えられますが、利用料金は無視できません。ドコモやソフトバンクなどの大手キャリアで契約して使うとなると、安いプランでも月額6,000円以上はかかります。

端末はお下がりか中古で入手する

子供にスマホを持たせる場合は、今まで使っていた端末や兄弟のお下がりの端末を用意する人が多いでしょう。

そういった場合は端末代がかからないので、あとは格安SIMなどを用意するだけで済みます。

すでに子供に与えるようにiPhoneを持っている人はいいですが、これから端末を用意する人は友人から譲り受けるか、中古で端末を用意しましょう。

ただ、「中古」ってなんだか不安と感じるかもしれませんが、きちんと保証のつくところで購入すれば、清掃・動作確認・メンテナンスもしっかり行っています。それでも中古であるため、通常よりも格安で端末を入手することができます。

>> 中古スマホの危険性と失敗しない選び方

GEO(ゲオ)や近隣のリサイクルショップはよく不具合が起こります。店舗にもよるでしょうが、実績のある中古専門サイト中古専門サイトで購入することをおすすめします。

運用は格安SIMを利用する

前述もしましたが、大手キャリアで契約するとなると最低でも月額6,000円以上はかかります。(ドコモのSIMシェアなどで利用すれば安く運用はできます)

しかし、格安SIMを利用すれば、毎月1,000〜3,000円程度でiPhoneを利用できます。

格安SIMについてはこちら で詳しく解説はしていますが、簡単に言うと大手キャリアから通信回線の一部を借りることで、安くサービスを提供することができる事業者(MVNO)のSIMカードのことです。

通信はキャリア回線なのでエリアも同じ、できなくなるのはキャリアメールぐらいです。子供のスマホを安く済ませたいのであれば、格安SIMを利用しましょう。

子供にiPhoneを安く持たせるおすすめの格安SIM

さて、問題は選ぶ格安SIM(MVNO)ですが、通信速度やコストパフォーマンスがよく、対応しているiPhone端末の種類が多いところを厳選しました。

また、子供向きの要素がある格安SIMです。

LINEモバイル

LINEとSoftBankの合併子会社が運営する格安SIMサービス。LINEなどのSNSがデータ通信量の制限なく利用でき、音声通話機能を付けなければ1GB/月500円〜で利用することができます。

通信速度も他社よりも速いため、SNSやネットをメインで使う子供用にもおすすめ。無料で使えるフィルタリングアプリは、悪質なサイト怪しい情報から子供を守り、利用制限をかけることも可能です。

コストパフォーマンスが高く、他社にはないフィルタリングと制限機能で子供用におすすめです。他社SIMもコスパは良いのですが、子供向きのものは少ないです。

【対応iPhone】

  • iPhone 5(SIMフリー版)
  • iPhone 5c(SIMフリー/ドコモ/ソフトバンク版)
  • iPhone 5s(SIMフリー/ドコモ/ソフトバンク版)
  • iPhone 6/plus(SIMフリー/ドコモ/ソフトバンク版)
  • iPhone 6s/plus(SIMフリー/ドコモ/ソフトバンク版)
  • iPhone SE(SIMフリー/ドコモ/ソフトバンク版)
  • iPhone 7/plus(SIMフリー/ドコモ/ソフトバンク版)
  • iPhone 8/plus(SIMフリー/ドコモ/ソフトバンク版)
  • iPhone X(SIMフリー/ドコモ/ソフトバンク版)
  • iPhone XR(SIMフリー/ドコモ/ソフトバンク版)
  • iPhone XS/XS Max(SIMフリー/ドコモ/ソフトバンク版)
  • 以降のモデルにも対応

LINEモバイルについてもっと詳しく知りたい方はこちらのページ へどうぞ。

LINEモバイル公式サイトへ

iPhone自体の利用制限に関する注意点!

子供にスマホを持たせて一番不安なのは、スマホに夢中になり、勉強や友達と他の遊びをしなくなることではないでしょうか。

それを防ぐために、スマホに制限をかけようとするでしょう。iPhoneでも、設定をすれば制限をかけることは可能です。

iPhoneの制限でできること

iPhoneでは、主に下記内容の制限をかけることができます。

  • アプリの購入や利用、各種サービスの機能制限
  • ウェブサイトの閲覧制限(フィルタリング)

「iPhone」での機能制限は、Safari、カメラ、Siriと音声入力、FaceTime、AirDrop、CarPlay、iTunesStore、AppleMusic、iBooksStore、Padcast、インストール、Appの削除、App内課金、の項目です。

これらは「設定」→「一般」→「機能制限」から設定することができ、パスワードをかけることができます。「インストール」や「App内課金」などは制限しておきたい項目です。

また、先ほどの「機能制限」から「アダルトコンテンツ」を制限することもできます。しかし、グロテスクな画像や見せたくないサイトは制限しきれないので、ウェブサイトの制限はフィルタリングをかけた方がよいでしょう。

iPhoneの制限は完全ではない

しかし、子供に持たせる上で、iPhoneの制限は完全ではありません。これらの設定をしてパスコードをかけても、利用時間や利用するアプリを制限することはできないからです。

また、パスコードを子供が見つけてしまったり、たまたま解除できてしまった場合に意味をなさなくなります。

何より、設定がかなり複雑でめんどうです。大人よりも子供の方がスマホに詳しいため、設定してもそれを潜り抜ける方法を必ず見つけ出そうとします。

子供は謎解きのようなゲーム感覚で、解除に必死になるでしょう。解除するまでに様々な方法を模索したり試そうとすることで、それがスマホ依存へ繋がってしまいます。

子供用に利用を制限できるアプリはあるか?

スマホの利用時間やアプリを制限するために、専用のアプリも存在します。

ただし、これらは所詮アプリでの設定であるため、制限を解除されてしまう可能性があります。制限用のアプリであろうと、プロファイルの削除ができてしまうため、子供が解除することは可能です。

また、利用時間の制限やできるアプリにも限界があり、制限範囲はアプリ内だけに止まります。iPhoneなどのスマホ機能自体を制限することは難しいでしょう。

ちなみに、先ほど紹介したLINEモバイルのフィルタリング制限は、18歳未満のフィルタリング利用は絶対であり、親権者の同意がなければ解除することができません。

完全に利用を制限できるスマホ

iPhoneやアプリでの制限が難しいのは、もともとそういった目的で作られていないので当然です。ですが、子供用のキッズケータイでは無理があるでしょう。

iPhoneでなくても、完全に子供のスマホを制限・管理したいという方には、TSUTAYAが提供する格安スマホ「TONEモバイル」がおすすめです。

デザインは特に子供向けに作られているわけではないので、iPhoneにも劣らない美しいデザインです。大人やシニアの方でも使いやすいように作られているスマホです。

この「TONEモバイル」は、子供に持たせるための制限機能や安全を守る機能が本体に備わっています。下記の制限をかけられるとともに、子供の安全を守る防犯スマホとしても利用できます。

  • 利用時間を「1日何時間まで」「日曜日だけ」などの細かい設定が可能
  • 保護者が許可したアプリでなければ利用不可
  • アプリごとに設定が可能
  • 設定は別スマホからでなければ解除不可
  • いつでも簡単に居場所を把握できる「見守り機能」
  • 歩きスマホを音と画面で警告
  • 年齢に合わせたフィルタリング

年齢に合わせて設定やホーム画面を変えることもできるので、子供っぽさはなく、成長しても使えるスマホです。

驚くのはTONEモバイルは普通のスマホですが、月額1,000円〜利用できる格安スマホなので経済的な負担もありません。完璧な制限を求めるなら、検討してみる価値はあります。

TONEモバイル公式サイトへ

iPhoneと一緒にマナーとルールを持たせる

子供にスマホを持たせるうえで最も大切なことは、きちんと約束やルールを守らせることです。

スマホを子供用にと渡す親が多い中で、きちんとルールや約束を守らせることができている親御さんはどれくらいいるでしょうか。ルールや約束を守らない子供が悪いのでしょうか。約束を守らせない親が全て悪いのでしょうか。

親は、子供にどうなってほしいのか、どうしてほしくないのかをきちんと話し合うことが大切です。その場返事で約束を守らない子供にも責任はありますが、その場合はどうなるのかをしっかりと言葉だけでなく、行動で教えてあげなければなりません。

とある親子の話で、「米国のお母さんが13歳の子どもにiPhoneと使用契約書を渡したエピソード」も有名になりました。

▼エピソードはこちら

スマホを与える規則の中で、人生を考えさせる規則を教えた愛ある素晴らしいエピソードです。

大切なのは、親子の信頼関係。ぜひこのエピソードを参考にして、子供にスマホと愛ある使用契約書を渡してみてはいかがですか?