「iPhone」を格安SIMで使う方法とおすすめMVNO!

Pocket

格安スマホのいえば、Androidスマホのイメージが強いですが、不動の人気を誇る「iPhone」も格安SIMで使うことができます。毎月の月額料金を抑えながらiPhoneを使いたいという人に、その方法と具体的にどうすればいいのかを詳しく解説していきます。

この記事ではまず、「iPhone」を大手キャリアと格安SIMで使うのでは、どれだけ料金に差が出るのかを比較しています。よりイメージを明確にして、浮いたお金をどうするかを考えたいですね。

 

同じiPhoneなのに、大手キャリアで使うのは勿体ない!

スマホの中でも日本国内で圧倒的なシェアを持つ「iPhone」ですが、今まで大手キャリアでしか利用することができず、運営コストがどうしても高くついてしまいます。

しかし、「格安SIM」の登場で、格安スマホとして毎月の利用料金を大幅に安く「iPhone」を利用できるようになりました。

iPhone本体の価格はキャリアで使うにしても、格安SIMで使うにしても同じです。違うのは、iPhoneを運営するランニングコストです。端末代金の分割にした場合、毎月1万円近く支払うことになっていませんか?

 

【iPhone7(32GB)を購入時の価格を比較】※税込

キャリア(docomo) 格安SIM(mineo)
端末代金
ドコモで分割24回払い
3429円 端末代金
アップルストアで一括購入
7万8624円
月々サポート ー2781円
カケホーダイプラン 2916円 ドコモ(D)プラン
デュアルタイプ5GB
2462円
データMパック(5GB) 5400円
spモード(ネット使用料) 324円
合計月額料金 9288円 合計月額料金 2462円
1年間の支払総額 11万1456円 1年間の支払総額 10万8168円
2年間の支払総額 22万2912円 2年間の支払総額 13万7712円

ドコモで「iPhone7」を購入した場合と、mineo(マイネオ)で購入した場合では1年間の利用で端末代を合わせてもそれほど差はありませんが、ドコモでは端末代金は分割なので、払い終わる2年間での支払総額は10万円近くの差が出てしまいます。

格安SIMでiPhoneを使えば、本体代金は同じなので、格安スマホにした分の月額料金がグッと安くなります。

 

iPhoneを格安SIMで使うとどれだけ安くなるかわかったところで、いよいよ本題の「iPhoneを格安SIMで使う方法」に入っていきます。

iPhoneを格安SIMで使う3つの方法

「iPhone」を格安SIMで使う方法は、iPhoneに申し込み(契約)した格安SIMを挿入して使うことができます。主に4つの工程で、iPhoneを格安SIMで使うことができます。

  1. 「iPhone」を手に入れる
  2. 格安SIMを契約する
  3. 新規 or MNP乗り換え
  4. APNなどの初期設定

格安SIMでiPhoneを使うには、「すでにiPhoneを持っている人」と「まだiPhoneを持っていない人」で分かれ、大きく3つの方法があります。

方法1、SIMフリー版iPhoneを使う

方法2、MVNOでiPhoneをセット購入

方法3、手持ちのキャリア契約iPhoneを使う

iPhoneには、ドコモやauなどの大手キャリアで扱っているキャリア版の他に、「SIMフリー版」も販売されています。また、すでにキャリアで使っていたiPhoneを持っているなら、回線契約を解約して格安SIMを組み合わせて使うことができます。

そのほか、一部の格安SIM会社(MVNO)でもSIMとセットで販売しているところもあり、どの方法にもメリット・デメリットがあるので、自分に合った方法を選択しましょう。

 

※すでにキャリア版のiPhoneを持っている人は、「3、手持ちのキャリア契約iPhoneを使う」まで記事を読み飛ばしてくださいね!

 

まだiPhoneを持っていない人

方法1、SIMフリー版iPhoneを買う

「アップルストア」で販売されているSIMフリー版のiPhoneを購入し、格安SIM(MVNO)を組み合わせて使う方法です。もっともシンプルで、アップルストアで販売されているのでトラブルも少ないメリットがあります。

また、すでにSIMフリーのため「SIMロック」がかけられていないので、どこでも好きな格安SIM会社(MVNO)を選ぶことができます。さらにiPhoneの「SIMフリー版」は、売るときも高く売れるので、次に買い換えるタイミングで移行することをおすすめします。

【SIMフリー版iPhoneのモデルと価格/アップルストア】

容量 iPhone 7 Plus iPhone 7 iPhone 6 Plus iPhone 6s iPhone SE
16GB 4万8384円
32GB 9万2664円 7万8624円 7万8624円 6万6744円
64GB 5万3784円
128GB 10万4544円 9万504円 9万504円 7万8624円
256GB 11万6424円 10万2384円

 

方法2、MVNOでiPhoneをセット購入

iPhoneを格安SIMで使う方法として最も楽な方法が、iPhoneを扱っている格安SIM(MVNO)でSIMとセットで購入する方法です。SIMロック解除や初期設定などが済んだ状態で届くので、すぐに格安スマホとしてiPhoneを使うことができます。

iPhoneを扱っているところでは、「Y!mobile」と「UQ mobile」が有名です。

どちらも「iPhone SE」の取り扱いがあります。旧モデルではあるものの、コンパクトなスマホを好むユーザーの間で今でも根強い人気があるモデルです。OSは最新の「iOS 10」がインストールされており、最新iPhoneと同様に使えます。

この2社はMVNOではなく、自社で回線を持つれっきとしたキャリアです。そのため、通信速度や品質に優れ、端末代込みで月額2,000円前後の格安料金でiPhoneを利用することができます。

▶▶詳しくはコチラ!⇒iPhoneを格安SIMとセットで購入できるMVNO

【注意点!!】

「Y!mobile」と「UQ mobile」で販売されている「iPhone SE」は、SIMフリーではなく、SIMロック解除にも対応していません。2社とも料金プランにも2年縛りがあるため、先を見据えた自由度は低いと言えます。とはいえ、iPhoneを手軽に格安で使える魅力は、特に初心者やお子さんにおすすめの方法です。

 

すでにiPhoneを持っている人

方法3、手持ちのキャリア契約iPhoneを使う

ドコモ/au/SoftBankの大手キャリアで購入したiPhoneも、回線契約を解約すれば格安SIMに乗り換えることができます。

キャリア版のiPhoneは「SIMロック」がかけられていますが、乗り換える格安SIMの回線が同じであれば、SIMロックを解除しなくても利用することができます。

 

【SIMロック解除が可能なiPhone】

  • iPhone 6s
  • iPhone 6s Plus
  • iPhone SE
  • iPhone 7
  • iPhone 7 Plus

「SIMロック」を解除できるのは、2015年5月1日移行に発売された機種のみです。それ以前のモデルは、SIMロック機能が付いていないので、解除することはできません。

 

【ドコモ版iPhone】

格安SIMのほとんどはドコモ回線を利用しているため、ドコモ版のiPhoneはそのまま利用することができます。

【au版iPhone】

au版のiPhoneは、au回線を利用しているプランのある「mineo」「IIJmio」「UQモバイル」であれば、SIMロックを解除せずに利用できます。他の格安SIMを利用したい場合は、SIMロックを解除し「SIMフリー化」する必要があります。

【SoftBank版iPhone】

SoftBank版iPhoneは、SIMロックを解除せずにそのまま利用できるのは「U-mobile」のみになります。SoftBank回線を利用した格安SIMは少ないため、他の格安SIMを利用したい場合は、SIMロックを解除し「SIMフリー化」する必要があります。

 

iPhoneにおすすめの格安SIM

iPhoneを格安SIMで使いたい人や、これから格安SIMに乗り換えようと思っている人に「iPhone」と相性の良いおすすめの格安SIM(MVNO)をご紹介します。

※iPhoneを格安SIMで使いたいと思っても、モデルやiOSによっては利用できない場合があります。それは、各MVNO(SIM会社)によって異なり、利用できるかどうかは各社公式サイトの「動作確認端末一覧」で確認することができます。

mineo(マイネオ)

minoe(マイネオ)では、「iPhone 5s」〜「iPhone 7 Plus」までの全てのモデルで利用することができます。また、利用できる回線は「docomo/au」の両回線に対応しており、どちらのキャリアで購入したiPhoneでも、SIMロックを解除せずにそのまま使用することができます。

格安SIMユーザーの満足度も高く、通信速度も安定しているため、初めて格安SIMを利用したいと考えてる人にはおすすめです。

mineo/マイネオ公式サイトへ

 

LINEモバイル

LINEモバイルはdocomo回線を利用した格安SIMで、こちらも同様に「iPhone 5s」〜「iPhone 7 Plus」までのiPhoneで動作確認が実施されています。

「LINE」などのSNSがカウントフリー、つまり無料で使い放題になる格安SIMで、データ専用SIMであれば月額500円〜利用することができます。通信速度も良好で、いま最も注目されているMVNOでしょう。

LINEモバイル公式サイトへ

 

Pocket

関連記事

端末選びに迷ったら!mineo(マイネオ)の端末を比較&おすすめTOP3!

TONEモバイルが故障したときの修理・交換保証の要約まとめ!

1万円も安い?OCNモバイルの端末を比較&おすすめ端末トップ3!

TONEモバイルの知っておきたい9つのメリットとおすすめポイント!

TONEモバイルの通信速度は大丈夫?その実態と対処法!

【簡単まとめ】「TONEモバイル」の申し込み方とMNP乗り換え方法!