格安SIMの選び方

【ファミリー向け】家族におすすめの格安スマホとシェアプラン!

家族でスマホや携帯電話を利用していると、月々の利用料金も高額になり、家計の大きな負担となっています。家族の携帯料金を抑えたい家計の負担を減らしたい、そう思っているご家族も多いでしょう。

また、「格安スマホ」を検討している方も多いのではないでしょうか?

家族全員で格安スマホにすることで、4人家族でも毎月1万円以内に抑えることができます。この記事では、実際どのくらい安くなるのか、家族にオススメの格安スマホ(SIM)がどこかをご紹介します。

大手キャリアでは家族4人で○万円以上!?

今やスマホや携帯電話が、連絡手段として欠かせないツールになっていますね。しかし、家族で利用するとなると、毎月の利用料金はかなり高額になってくるでしょう。

例えば、利用者の最も多い「NTTドコモ」を家族4人で利用した場合の月額料金を見ていきましょう。

ドコモなどの大手通信会社では、カケホーダイなどの基本料金に+データ容量に合わせたパケットパックを組み合わせるのが基本的な利用料金になります。

ここに分割払いの端末代金やオプション料金がプラスされることになります。(これはauもSoftBankも同じです。)

つまり、一人一人が大手のスマホ等を利用する場合、最も安いプランでも「基本料金2700円+パケット代3500円+ネット使用料300円=6500円」×4人で、毎月26,000円ほどかかります。

※2017年5月、docomoは「シンプルプラン」の家族シェアパックが始まりました。

しかし、家族全員が「NTTドコモ」を利用している場合、家族向けの「シェアパック」が利用できます。

この「シェアパック」は契約者一人のデータ容量を家族みんなでシェアするプランで、個人個人で契約するより月額料金を安く抑えることができます。

ドコモの「シェアパック」は、一番安いデータ容量で「シェアパック5/6500円」の5GBになります。このパックであれば、6500円+(2700×4)+ネット使用料(300×4)=18,500円まで抑えることができます。

しかし最安値プランでは、家族4人で5GBなので、一人当たり1GBちょっとになり物足りないでしょう。

大手では、家族のシェアパックを利用しても毎月3万円近くの月額料金がかかってしまいます。そこで選択肢として考えるのは、「格安スマホ」です。格安スマホにすれば、同じ条件でも月額料金は半分以下に抑えることもできます。

家族で乗り換えるなら「シェアプラン」がおすすめ

格安スマホの「シェアプラン」とは?

家族みんなで格安スマホに乗り換えることを検討している方は、ドコモ同様の「シェアプラン」での利用がオススメです。格安スマホ(SIM)のシェアプランは、一人が複数枚のSIMカードを契約し、それを家族で分け合うというシステム。

一人一人に個別の電話番号を持たせることができるので、通常契約と同じように利用できます。また、契約者と支払いが一人なので、管理が楽になるメリットがあります。

実際、家族一人一人が別々の格安スマホ会社で契約しても安くなりますが、同じ格安スマホ会社でシェアプランを利用した方が安く、また家族間での割引やサービスが受けられます。

家族シェアができる格安スマホ(音声通話SIM)

容量(GB) 使用限度枚数 月額料金
DMMモバイル 8/10/15/20※ 追加3枚まで(家族4人) 4080円〜
BIGLOBE 3/6/12/20/30 追加4枚まで(家族5人) 1600円〜+900円×人数
OCNモバイル ONE 110MB/日、170MB/日
3/6/10/15/20/30/
追加4枚まで(家族5人) 1300円×人数〜
イオンモバイル 4/6/8/12/20/30/40/50 5枚まで(追加可能) 1780円〜
IIJmio(みおふぉん) 3/6/10 10枚まで(家族10人) 3260円

※DMMモバイルでは、1〜7GBのプランでもシェアができますが、その場合毎月追加SIM料金300円が発生します。8GB〜であれば、追加料金はかかりません。

例えば、「DMMモバイル」では、8〜20GBの容量の間でSIMカードをシェアすることができます。3枚追加して家族4人で8GBをシェアしても、家族4人で毎月4080円、一人当たり2GB/1000円ほどで利用できます。

「BIGLOBE」では、一人が音声通話SIMを契約し、家族の分のSIMを追加するのに1枚/900円がかかります。なので家族3人で利用する場合は、最低でも契約者1600円(3GB)+900×2=3400円/月がかかります。

家族シェアでどのくらいおトクになるの?

実際に、ファミリー人気の「IIJmio(みおふぉん)」に家族4人で乗り換えた場合の月額料金を見てみましょう。

家族が4人いて、IIJmio(みおふぉん)の「ファミリーシェアプラン」に申し込んだ場合、10GB/月額3260円+(音声通話×3人分追加)+SIM追加代=5760円で利用できます。

 

「NTTドコモ」で家族4人が利用すると安くても17,300円かかるのに対し、格安スマホIIJmio(みおふぉん)を利用すると家族4人で6,000円以内に抑えることができます。

前述では、ドコモは最安プラン5GBでの計算になるので、IIJmio(みおふぉん)に合わせて10GBにすると、9500円+(2700×4)+ネット使用料(300×4)=21,500円になるので、実質3分の1以下にまで抑えることができます。

IIJmio(みおふぉん)の「ファミリーシェアプラン」では、一人の契約者が最大で10枚までSIMを購入することができるので、さらに家族がいる場合は、人数分の音声通話SIM(700円)を追加するだけで済んでしまいます。

家族全員が利用する際の注意点!

MNP転入できるのは一人だけの場合がある

格安スマホに電話番号そのままで乗り換えるには「MNP」という手続きが必要になります。

その家族全員が大手キャリアから格安スマホの「シェアプラン」に乗り換える場合、MNP転入できる回線の数に限りがある場合があります。

「DMMモバイル」では、1つの契約でMNP転入できるのは1回線のみなので、残りの家族がシェアプランを申し込むためにMNP転入ができません。

そのため、シェアプランにMNP転入する場合は、格安スマホによっては代表者以外の家族は新規契約するしかありません。

家族全員がMNPして、シェアパックを利用したいなら

しかし、シェアプランで追加する回線がMNP転入できる格安スマホ(SIM)もあります。つまり、家族全員の電話番号をそのままで、格安スマホの「シェアプラン」に乗り換えることができるということです。

「IIJmio(みおふぉん)」「イオンモバイル」では、シェアプランを利用する追加の回線についてもMNP転入が可能です。ただし、格安スマホの「シェアプラン」は契約者一人の名義になるため、乗り換える前に大手キャリアで名義を一人にまとめておく必要があります。

個別にMNP転入手続きをしてしまうと、「シェアプラン」の対象にならない場合があるためです。

※イレギュラーとして、「BIGLOBE」では名義を一人にまとめなくても、後からMNP転入で「シェアプラン」を申し込むことができます。

家族で乗り換えるならオススメの格安SIMは?

IIJmio(みおふぉん)は家族間での通話もおトク!

「IIJmio」では、家族利用するには一番適した格安SIMで、家族間での通話プランも他社より充実しています。

IIJmioが提供する「みおふぉんダイヤル」を利用すれば、他社の誰にかけても通話料が半額の10秒/30円で利用することができます。通話品質も、普通の電話回線を利用しているため、途切れることなく快適に通話をすることができます。

「みおふぉんダイヤル」のかけ放題オプションを利用すれば、月額830円で家族間30分、他の誰とでも10分まで何度でもかけ放題になります。

また、一回の通話が短い人用にも、月額600円で家族間10分、他の誰とでも3分までかけ放題になるオプションが用意されています。

IIJmio(みおふぉん)では、「ファミリーシェアプラン」で最大10枚までSIMを購入できるので、通常契約よりも安くスマホを利用することができます。

家族同士での通話が多く、家族全員で格安スマホに乗り換えるなら最もおすすめの格安SIMです。

詳細ページ公式ページ

BIGLOBEのシェアSIMなら、データSIMは200円から!

BIGLOBE(ビッグローブ)は、インターネットプロバイダーとしても有名な格安SIMです。通信回線はdocomoを利用しており、高品質なサービスを提供しています。

BIGLOBEでは、一人が契約したSIMのデータ容量を家族でシェアできる「シェアSIM」プランがあります。最大4枚までSIMカードを追加することができ、「音声通話SIM」か「データSIM」かを用途に合わせて選ぶことができます。

通話はせずタブレット等で使用する場合はシェアSIM(データ)/月額200円を、通話は主に「LINEでんわ」などのインターネット電話を利用する人はシェアSIM(SNS)/月額320円を選択すると良いでしょう。

さらに「BIGLOBE」では、端末とセットで購入すると最大で2万円のキャッシュバックを行っています。

詳細ページ公式ページ

まとめ!家族で携帯料金を下げるなら!

家族の携帯料金を下げたいのなら、キャリア内でプランを変更するか、格安スマホに移行することで解決できます。悩んでいるのなら、現在の状況から変える必要がありますね。

楽な方はキャリア内で家族シェアプランに変更することですが、使える容量が少なく、容量に対する月額料金も高いです。もちろん料金を上げれば使えるデータ容量は増えますが、それでは本末転倒ですね。

格安スマホであれば家族4人でも6,000円ほどに抑えることができ、容量は20GB、30GBと大容量プランもあるため、たくさんデータ通信を利用する家族がいても安心です。

携帯料金を下げたいという方は、このタイミングで検討してみる価値はありますね。