「DSDS」って?デュアルSIM対応のおすすめSIMフリースマホ!

Pocket

格安スマホならぬ「格安SIM」の普及により、「SIMフリースマホ」の注目が集まりました。その中で、気になる機能「DSDS」というものをご存知ですか?

「DSDS」とは、「デュアルSIMデュアルスタンバイ」の略で、回線の違う2枚のSIMカードを一台のスマホに挿入して2枚同時に使用できるというものです。

そこで、この記事では、DSDS機能付きのおすすめSIMフリースマホをご紹介します。DSDS対応スマホにすることで、大手キャリアと格安SIM、2枚の格安SIMなどを同時に利用することができます。

「DSDS」とは?

「DSDS:デュアルSIMデュアルスタンバイ」とは、2つ(デュアル)のSIMカードを一台のスマホに挿入して、2枚両方で同時待ち受けできる機能のことです。

つまり、2枚のSIMカードがどちらも音声通話対応であれば、一台のスマホで2つの電話番号を使い分けることができます。また、1枚は通話対応SIMで通話メインで使って、もう1枚はデータ通信SIMとして使うこともできます。

「DSDS」は、以前から海外では普及していて、ビジネスで海外に行ったりする際、自国キャリアのSIMカードと、訪れた国のSIMカードを使い分けるといった使い方をしていたようです。

日本でも、以前からデュアルSIMスマホはありましたが、少し前まで2枚のうち一つが日本では使われていない通信方式(GSM:2G回線)であったため、日本では普及しなかったんですね。

 

デュアルSIM対応スマホの注意点

「DSSS」と「DSDA」

デュアルSIM対応には、同時待ち受けができる「DSDS:デュアルSIMデュアルスタンバイ」の他に、DSSSDSDAがあります。

「DSSS」は「デュアルSIMシングルスタンバイ」といい、2枚のSIMを挿入できますが、1枚でしか待ち受けできない機種になります。以前までは、シングルスタンバイの「DSSS」対応スマホしかなく、手動でSIMを切り替える必要がありました。

一方、「DSDA」は「デュアルSIMデュアルアクティブ」といい、通話中にもう片方のSIMで通信ができるものをいいます。(通常、同時待ち受け可能な「DSDS」であっても、通話中にもう片方のSIMで通信することはできません。)

デュアルSIM対応でも、同時待ち受けができる「DSDS」のスマホであることをきちんと確認しておきましょう。(現在、日本使用での「 DSDA」対応スマホはありません。)

 

2G回線のものは使えない

2枚のSIMを挿入できるものは、世界的には全て「DSDS」ですが、対応している回線が(海外では一般的な)2G回線でした。

現在、日本では2G回線は使われていないため、日本国内では4G+3G、3G+3G対応のものを「DSDS」とするのが一般的です。そのため、同時待ち受けが4G or 3G+2Gのスマホも(日本では)実質DSSSと考えましょう。

 

デュアルSIM対応のおすすめSIMフリースマホ!

以前までのデュアルSIM対応機種は、2つのSIMスロットル(SIMを挿れるところ)のうち片方が、日本で使われていない通信方式(2G)でした。

しかし、現在は3G・4GのDSDSに対応したSIMフリースマホが増加し、注目を集めるようになりました。ここでは、DSDS(3G・4G)対応のSIMフリースマホで、格安SIMとセットで購入できるオススメ機種をご紹介します。

No.1【HUAWEI】ZenFone 4 Selfie Pro

OS Android 7.0
CPU オクタコア
ROM(ストレージ) 64GB
RAM(メモリ) 4GB
ディスプレイ 5.5インチ
カメラ(アウト/イン) 1600万画素/1200+500万画素
バッテリー 3000mAh
本体サイズ W74.8xH150.4xD6.85
重さ 約147g

「ZenFone 4 Selfie Pro」は、価格を抑えたハイスペックモデル端末と言えます。

メインではなく、サブ(イン)カメラに1200万画素+500万画素のデュアルレンズ(SONY製)を搭載しているため、「Selfie」の名に恥じない自撮り強化モデル。

トレンドのデュアルSIM対応(DSDS)で2枚のSIMカードを挿して使えるため、電話番号やSNSアカウントも2つ持つことができます!それでいて、頭脳であるCPU処理速度はサクサク動き、基本スペックなどほぼ全ての機能面がハイレベルのSIMフリースマホです。

原型となった「ZenFone 4」よりも1万円ほど安いため、コスパもよいのが魅力です。

【ZenFone 4 Selfie Pro】を販売しているMVNO

 

No.2【HUAWEI】nove

OS Android 6.0
CPU オクタコア
ROM(ストレージ) 32GB
RAM(メモリ) 3GB
ディスプレイ 5.0インチ
カメラ(アウト/イン) 1200万画素/800万画素
バッテリー 3020mAh
本体サイズ W69.1xH141.2xD7.1
重さ 約146g

高性能スマホとして人気のメーカー「HUAWEI」のSIMフリースマホで、デュアルSIMによる、LTE+3G同時待ち受け(DSDS)に対応。

パワフルなオタクコアCPUにより複数処理がサクサク動き、「iPhone」のような質感とデザインが特徴の一台です。それでいて、価格は約3万円とコスパもよい!

5.0インチでコンパクトなサイズ感は手が小さな女性でも持ちやすく、色もローズゴールド/シルバー/グレーの3色で、「iPhone」を購入するよりいいかもしれませんね。

【nove 】を販売しているMVNO

 

No.3【HUAWEI】ZenFone 4

OS Android 7.1.1
CPU オクタコア(2.2GHz)
ROM(ストレージ) 64GB
RAM(メモリ) 6GB
ディスプレイ 5.5インチ
カメラ(アウト/イン) 1200+800万画素/800万画素
バッテリー 3300mAh
本体サイズ W75.2xH155.4xD7.5
重さ 約165g

世界的シェア数を誇るメーカー「ASUS」の人気シリーズ、「ZneFone」の主力モデルが大幅にスペックアップしたのが「ZneFone 4」です。

DSDSはもちろん、指紋認証、ハイレゾ(オーディオ)、4K撮影などの付加機能はそのままに、新たに5.5mインチ大型ディスプレイやデュアルレンズを搭載したハイスペックモデルです。性能的には「iPhone」よりも上なのが魅力。

価格は約6万円と少し値は張りますが、「iPhone」よりも安く、メインとして使う端末という期待を裏切らないSIMフリースマホです。

【ZneFone 4】を販売しているMVNO

 

No.4【HUAWEI】ZenFone 3

OS Android 6.0
CPU オクタコア(2.2GHz)
ROM(ストレージ) 32GB
RAM(メモリ) 3GB
ディスプレイ 5.2インチ
カメラ(アウト/イン) 1600万画素/800万画素
バッテリー 2650mAh
本体サイズ W73.9xH146.8xD7.69
重さ 約144g

最新モデル「ZneFone 4」の前期型ですが、基本性能が高く、DSDS、指紋認証、ハイレゾ、4K撮影などの付加機能は標準搭載されています。

スマホとしての基本スペックが高いため、最新モデルが登場してもいまだ衰えず人気のあるハイエンド端末。カメラには1600万画素、4K撮影にも対応したハイスペックなものを採用するなど、型落ちになってもレベルが高いです。

それでいて価格は3万円台で購入できるため、コスパも充分!最新モデルの「ZneFone 4」は高くて手が出せないという人は、こちらのモデルがおすすめです。

【ZneFone 3】を販売しているMVNO

 

No.5【モトローラ】Moto G5s Plus

OS Android 7.1
CPU オクタコア(2.0GHz)
ROM(ストレージ) 32GB
RAM(メモリ) 4GB
ディスプレイ 5.5インチ
カメラ(アウト/イン) 1300+1300万画素/800万画素
バッテリー 3000mAh
本体サイズ W76.2xH153.5xD8.04
重さ 約170g

日本ではあまり馴染みのない人が多い「モトローラ」ですが、携帯電話事業として100年以上の歴史をもつ老舗中の老舗です。中でも「Moto」シリーズは、SIMフリースマホとして海外では安定の人気を持ちます。

1300万画素×2のデュアルレンズカメラに加え、デュアルSIM(DSDS)対応、指紋認証、4K対応などの基本スペックは非常に高いスマホ。これだけの性能を持ちながら、価格は4万円ほどで購入できるコスパはよいです。

中でもバッテリー持ちは非常に優秀で、「YouTube」の連続再生時間は10時間以上を記録しています。急速充電対応で充電時間も速いので、外出が多い人におすすめです。

【Moto G5s Plus】を販売しているMVNO

 

個人的おすすめ【VAIO】VAIO Phone A

OS Android 6.0.1
CPU オクタコア(1.5GHz)
ROM(ストレージ) 16GB
RAM(メモリ) 3GB
ディスプレイ 5.5インチ
カメラ(アウト/イン) 1300万画素/500万画素
バッテリー 2800mAh
本体サイズ W77×H156.1×D8.3mm
重さ 約167g

個人的に好きなSIMフリースマホが、パソコンとしても人気を誇る「VAIO」が提供するSIMフリースマホ!2018年現在では、2万円以下で購入できる安さです。

Microsoft Officeに代表される本格的なビジネスアプリから、コミュニケーション、エンタテインメント、ゲームまで多彩なアプリで機能をカスタマイズでき、仕事から遊びまで幅広く活躍してくれます。パソコンと連動でき、VAIOとの相性バツグンです。

DSDS機能で複数のSIMを同時に利用することができるため、ビジネスとプライベートで電話番号を分けたりするといいかもしれませんね。「VAIO」ファン必見のスマホです。

【VAIO Phone A】を販売しているMVNO

 

「DSDS」対応のSIMフリースマホまとめ!

日本ではあまり馴染みのない「DSDS」ですが、海外ではかなり一般的です。今でこそ海外への進出も当たり前になった日本ですが、以前までは海外ほど他国とのつながりや移動はありませんでした。

しかし、これからは海外とのつながりも含め、様々な地域や使い方に対応できる「DSDS=デュアルSIMデュアルスタンバイ」対応のスマホは、広がりを見せていくでしょう。

特に2面性を持つビジネスマンや、海外への旅行や移住をする人は、今のうちから「DSDS」対応のSIMフリースマホを検討しておくといいかもしれませんね。

 

Pocket

関連記事

格安スマホでも見れるワンセグ対応の機種まとめ!【2017年】

安室奈美恵のライブは【WOWOW】だけ!見逃しても見れる!

3年間で利用者が10倍に⁉︎ 格安スマホ普及率の5つの背景とは?

みんなに人気がある格安スマホの本体は?人気端末ランキング!

【デュアルSIM活用術】デュアルSIM対応スマホの使い方とメリット!

【選び方の基本】スペックで選ぶおすすめのSIMフリースマホ!