月280円になるdocomoのシンプルプランとは!本当に使えるの?

Pocket

NTTdocomo(ドコモ)は、新プランとして2017年5月に「シンプルプラン」、翌月の6月に「docomo with」の提供を開始しました。

「シンプルプラン」とは、月額980円から利用できる最安値プランで、「docomo with」と組み合わせると月額280円でスマホを利用できる驚きのプランをスタートさせました。

しかし、実際には本当にこの価格で利用できるのか、本当におトクなのかを徹底検証していきます。最後には、格安SIMとの比較もしていますので、ぜひ参考にしてみてください。

docomoのシンプルプランとは?

docomo(ドコモ)の「シンプルプラン」とは、月額980円で利用できる格安の新料金プランのことです。

月額980円から利用できるとあって一見安いと感じますが、通話料は従量課金制で20円/30秒の通話料がかかります。他の基本プランである「カケホーダイ」「カケホーダイライト」のように国内通話のかけ放題があるわけではなく、通話料はかけた分だけかかります。

さらに、シンプルプランの980円は基本使用料なので、そこにデータ容量を付け加えることになります。実際にかかる費用が「980円で済む」というわけではないのです。

大々的に「980円」と掲げてはいますが、小さく「基本使用料が」と書かれています。大手キャリアのこういったやり方は、正直好きになれませんね。

提供は6月なので、現在(2017年10月)は新規で申し込みすると即日から適用されます。

 

シンプルプランに加入する条件

月額980円の基本使用料で利用できる「シンプルプラン」は、家族でデータ容量を分け合う「シェアパック」の加入が絶対条件です。

「シェアパック」とは、1契約でデータ容量を家族に分け合うことができる特別なデータパックで、最低でも5GB/月額6,500円がかかります。

シェアパック 月額合計
(+基本使用料、spモード)
5GB 6,500円/月 7,780円/月
10GB 9,500円/月 10,780円/月
15GB 12,500円/月 13,780円/月
30GB 13,500円/月 14,780円/月
50GB 16,000円/月 17,280円/月
100GB 25,000円/月 26,280円/月

 

これは「シェアパック」なので、家族でデータ容量を分け合えばお得になります。シェアパックでは親回線として一人が契約し、それを分け与える形で子回線を契約します。

シェアパック料金は、契約した親回線一人分を払えばいいので、家族に分け与える子回線はシェアオプションとしての料金(500円)と基本使用料の980円だけです。

そのため親子二人で持てば、

  • 親回線:980+6,500+300=7,780円
  • 子回線:980+500+300=1,780円

となり、二人で(7,780+1,780=)9,560円となります。

さらに家族3人の場合、(7,780+1,780+1,780=)3人で11,340円となり、一人当たり3,780円で利用できることになります。

家族での利用が多ければ多いほどお得にはなりますが、一人当たりのデータ容量は少なくなります。なので、もっと大きいシェアパックを契約するか、使う人や用途が限られるのは確かでしょう。

 

「月額280円〜」の正体!実際に利用するには?

「シンプルプラン」はシェアパック加入により月額980円の料金で利用できますが、ここに「docomo with」のプランを組み合わせることで月額280円での利用が可能になります。

「docomo with」とは、対象機種を購入することで毎月1,500円の割引が2年以降もずっと続くプランです。

先ほどの「シンプルプラン」での料金計算に「docomo with」を加えると、

  • 親回線:980+6,500+300=7,780円 −1,500 =6,280円
  • 子回線:980+500+300=1,780円 −1,500 =280円

となり、シェアオプションの子回線は月額280円で利用できるというわけです。「docomo with」は期間限定がなく、対象機種を購入してしまえばずっと毎月1,500円の割引を受けられることになります。

 

docomo「シンプルプラン」のポイントまとめ!

  • 月額980円で利用できる
  • かけ放題は家族内でのみ(それ以外は通話料発生)
  • 通話料は話した分だけかかる従量課金(20円/30秒)
  • シェアパックへの加入が必須
  • docomo withとの併用で子回線は月額280円
  • 大きいデータ容量を選ばなければ、一人当たりが少なくなる

家族で使えば確かに安いため、ずっとdocomo(ドコモ)を使い続ける人や家族の分もスマホが必要な方にはとてもおトクなプランです。

ただし、家族同士で違う回線を使用したい場合や、通話が多い方には「シンプルプラン」は割高になってしまうため、使う人を選ぶ料金プランだということがわかります。

 

家族シェアも格安SIMがおトク!

「シンプルプラン」は、使う人を選べば確かにおトクです。しかし、格安SIMにも家族シェアプランがあります。格安SIMであれば、同じ条件でシェアしても「シンプルプラン」よりも安いです。

家族での利用で人気の格安SIMが「IIJmio(みおふぉん)」です。

IIJmio(みおふぉん)は家族シェアに長けた格安SIMで、「ファミリーシェアプラン/10GB」に契約しても、家族3人で月4,660円、家族4人でも月5,760円で利用できます。

データ容量は10GBあるので、家族2人で一人5GB、家族3人でも一人3〜4GBある計算になります。docomoの「シェアパック」は同じ10GBで9,500円かかるので、IIJmio(みおふぉん)の方がおトクです!

さらに「みおふぉんダイヤル」のかけ放題オプションを利用すれば、月額830円で家族間30分、他の誰とでも10分まで何度でもかけ放題になるので、通話面も心配ありません。

「IIJmio」の詳細はこちら⇒IIJmioモバイル公式サイトへ

 

Pocket

関連記事

格安スマホで使える?おサイフケータイ機能付きのSIMフリースマホ!

安く済ませたい!3万円以下で買えるおすすめの格安スマホ端末【2018】

【デュアルSIM活用術】デュアルSIM対応スマホの使い方とメリット!

格安SIMの契約・支払いにおすすめのクレジットカード【保存版】

「DSDS」って?デュアルSIM対応のおすすめSIMフリースマホ!

おすすめの防水機能付き格安スマホ!防水機能のレベルと注意点も!