大手キャリアと何が違う?格安スマホのメリットとデメリット!

Pocket

ドコモやSoftBankなどの大手キャリアに比べて、月額料金が安い「格安スマホ(SIM)」に乗り換えようと考えている人も多いでしょう。

しかし、格安スマホには安さ以外にもいろいろとメリットがあると同時に、デメリットも存在します。それらをきちんと理解した上で乗り換えをしないと、人によっては損をしてしまうことがあります。

格安スマホのメリット・デメリットの両方をきちんと確認し、乗り換えるべきなのかをしっかり見極めましょう!

格安スマホが「格安」な理由とは?

格安スマホとは、MVNOが提供するSIMカードを挿入して使うスマホのことです。「大手キャリと格安スマホの月額料金を比較!」でもご紹介していますが、このMVNOが提供するSIMサービスが「格安」で、ゆえに格安スマホと言われています。

MVNOは自社回線を持たずに、大手キャリア(docomo/au/SoftBank)から通信回線を借りて通信サービスを提供している事業者のことです。

新しい携帯電話会社のようなものと思ってもらえればいいですね。このMVNOがなぜ「格安」で通信サービスを提供できるのかには、大きく2つの理由があります。

  1. 運営・設備維持コストがかからない
  2. ムダなく最適な量を提供している

①は、大手キャリアが持つ独自回線を借りているだけなので、局地や通信品質を維持するための費用がかかりません。この設備投資には莫大なお金がかかりますが、MVNOはそれらのコストを削減できるのです。また、店舗を持たずネットでの販売がほとんどなので、人件費や店舗費用などのコストも抑えられるのです。

②は、MVNOは大手キャリアの通信回線の借りて、それらのデータ通信を利用者に合わせて最適なデータ量で提供しています。そのため、余ってしまうなどのムダがなく、細かく安くサービスを提供できるのです。

MVNOだけが得をしているように見えますが、MVNOも大手キャリア(docomo/au/SoftBank)から通信回線を借りるのにお金を払っているので、両方にメリットがあるのです。

格安スマホ(SIM)を利用するメリット!

格安SIMを利用して使う「格安スマホ」の最大のメリットは、文字通り「格安」であることですが、他にもいろいろなメリットがあります。

【格安スマホの注目メリット!】

  • 月額料金がかなり安い!
  • プランがシンプルで豊富
  • 契約期間の縛りが短い or ない
  • 端末も種類が多く、安い
  • 複数契約しやすい

格安スマホは月額料金がかなり安い!

格安SIMを利用する最大のメリットは、その利用料金の安さにあります。大手キャリア(docomo/au/SoftBank)のときと同じ内容で利用しても、毎月2,000〜3,000円ほどで済みます。

格安スマホの安さについてのメリットはご存知の方も多いため、ここでは割愛させていただきますが、気になる方は「大手キャリと格安スマホの月額料金を比較してみた!」をご覧ください。

料金プランがシンプルで豊富!

格安SIMでは、今までの携帯電話会社にはなかった「音声通話機能のないデータ通信専用のプラン」も提供しています。

このデータ専用SIMは、音声通話機能がない分さらに安い料金で利用でき、DMMモバイルでは1GB/480円、LINEモバイルでは1GB/月500円から利用できます。

データ通信専用といっても、「050」発信のIP通話やLINEの無料通話は普通に使えるので、あまり普段から通話をしない人は利用するメリットが大きいでしょう。

※DMMモバイルの料金プランより

さらに、格安スマホは契約するプラン数が1GB〜30GB以上までと幅広く、MVNOによっては1GB刻みでプランを用意しているところもあります。自分に合った最適なプランを自分で決められるため、ムダな出費がなくなります。

契約に縛りが少ないので乗り換えが簡単!

大手キャリア(docomo/au/SoftBank)でデメリットと感じる人が多いのが、いわゆる「2年縛り」の契約期間の長さ。契約してから2年以内に解約すると違約金が発生し、それ以降でも更新月を逃すと違約金がかかってしまいます。

一方、格安スマホ(SIM)でも音声通話SIMには最低利用期間(縛り)がありますが、キャリアに比べるとかなり短く、1ヶ月〜1年程度がほとんど。データ通信専用であれば縛りはなしです。

また、違約金も大手キャリアよりはるかに安いのも魅力です。

スマホ本体を最新の機種にしたい場合も、新しいSIMフリースマホを用意してSIMカードを挿せば、すぐに使えます。この身軽さは、キャリアにはないメリットです。

スマホの種類も多く、端末代金も安い!

格安スマホは、通信料金だけでなく端末本体も低価格で購入できます。スペックが低いエントリー向けモデルや、発売からしばらく経ったモデルであれば、1万円前後で手に入ります。

スマホとしては問題はないので、「高性能な最新端末がほしい」というこだわりがなければ、十分な人も多いはず。2〜3万円程度の予算があれば、かなりの種類から好きに選ぶことができます。

さらに予算を出せば、ハイスペックモデルも選べますよ!

もちろん、今まで使っていたスマホ端末や「iPhone」シリーズといった人気端末も、SIMカードを挿せば「格安」で利用できるのも大きなメリットです。

安いので複数契約できる!

格安スマホの平均料金は、一般的な3〜5GBで1,500〜2,000円前後です。データ通信専用にすれば、1,000円以下でも利用が可能です。

大手キャリアでは一台あたりの利用料金が6,000円以上かかるため難しいですが、格安スマホは一台あたりの利用料金が安いため、一度に複数契約して使うことができます。

電話番号も複数持つことができるため、仕事用やプライベート用に分けたり、低価格で用途によって使い分けることができます。

 

格安スマホのデメリットと注意点

格安スマホの通信料金は、「格安」と呼べるほど安くて使いやすいです。

しかし、それ故に起こるデメリットと注意するべき点も知っておくことは大切です。迷っている人は、失敗しないようにデメリットと注意点をきちんと理解してから判断しましょう。

【格安スマホのデメリット】

  • 通話が多い人には割高
  • キャリアメールが使えなくなる
  • テザリングができない場合がある
  • 店舗サポートが少ない
  • 通信速度は遅くなる時間帯がある

格安スマホは電話が多い人には割高?

長時間通話する人にとっては、格安スマホはそれほどお得ではない可能性があります。

というのも、大手3大キャリアでは音声通話はかけ放題などの定額が主流ですが、格安スマホは従量課金の場合が多く、通話30秒ごとに20円がかかります。

格安スマホにも「かけ放題」がありますが、「5分かけ放題」や「10分かけ放題」などの場合が多く、一度の通話時間が長い人には割高になってしまいます。

もっとも、頻繁に電話する人は、LINEやスカイプなどの無料通話アプリを利用することで通話料金を抑えられます。「LINEでんわ」を主にする人などは、格安スマホにする方がお得です。

※最近では、「無制限のかけ放題」サービスを提供するMVNOも増えてきました。

キャリアメールが使えない

格安スマホのデメリットとして最も注意したいのが、キャリアメールが使えなくなることです。

格安スマホでは、キャリアで利用していた電話番号はそのまま使えますが、「@docomo.ne.jp」などのキャリアメールは利用できなくなります。

キャリアメールは、キャリアが提供していたサービスなので、乗り換えるにあたって使えなくなるのは当然です。しかし、格安スマホには提供しているメールアドレスがありません。

格安スマホでメールが必要な場合は、PC用メールアドレスや「Gmail」「Yahoo!メール」といったフリーのアドレスを使用します。主に「LINE」などを利用する人には問題ないですが、メインでキャリアメールを利用していた人は、SNSやフリーメールなどの他の連絡手段を確保しておきましょう。

・格安スマホでも「キャリアメール」を使えるところがある?

格安スマホにしたいけど、キャリアメールが使えないと困るという人は「Y!mobile」と「UQmobile」を利用しましょう。

この2社はそれぞれ、「@uqmobile.jp」「@Ymobile.ne.jp」のメールアドレスを用意しています。このアドレスは、キャリアメール同等で、パソコンからのメールを拒否されている相手にも送ることができます。

テザリングができない場合がある

「テザリング」とは、スマホをモバイルルーターのように使用して、ノートパソコンやタブレットなどの他機をインターネットに接続するための機能です。

料金の安い格安SIMを使って、テザリングを使いたいと考えている人も多いですが、回線種別と端末の組み合わせによっては、テザリングできないケースがあります。

【端末と格安SIM(MVNO)の組み合わせによるテザリング】

ドコモ系MVNO au系MVNO
【ドコモ版】Android 一部不可 ×
【ドコモ版】iPhone ×
【au版】Android ×
【au版】iPhone × 一部不可
SIMフリーAndroid
SIMフリーiPhone 一部不可

ドコモ回線を利用するドコモ系MVNO(格安SIM)は、ドコモ版Androidスマホの大半でテザリングができません。また、au系MVNOは「UQモバイル」にテザリング可能な端末が多く、通信にSIMロック解除が必要だったり、LTE対応SIMしか使えないど、制限が多いようです。

なお、「mineo」などのMVNO事業者では、テザリングの動作確認を行い、結果を公式サイトなどで公表しています。テザリングを使おうとしている端末が利用できるかどうか、これらのサイトで確認しておきましょう。

格安スマホは店舗サポートが少ない

格安スマホ事業者は、基本的に店舗を持たないところが多いです。そのため、大手キャリアで受けてきたような店舗サポートを望む人には、デメリットになり得るかもしれません。

しかし、実際に店舗を持つMVNOも増えており、「BIGLOBE」や「IIJmio(みおふぉん)」などは家電量販店でも購入できます。

【店舗を持つMNVO】

  • mineo(マイネオ)
  • IIJmio
  • 楽天モバイル
  • U-mobile
  • イオンモバイル
  • TONEモバイル
  • BIGLOBE
  • もしもシークス
  • UQmobile
  • Y!mobile(ワイモバイル)

通信速度は遅くなるときがある?

月額の料金が安い分、通信速度も劣るのではないかと心配する人も多いでしょう。

しかし、すでに格安スマホを使っているユーザーからは、通信速度について「ストレスを感じることは少ない」という声が多数上がっているのは確かです。

仕組みの上では、格安スマホの回線は大手キャリアから借りているため品質上は問題ありません。ただし、各社が借りている回線の”太さ”に差がある。

つまり、貸している回線は一部なため、ビジネス街での昼休みや朝の通勤ラッシュ時など、スマホの利用が集中する際に通信速度が遅くなることがあります。

通信速度に関しては、利用者のライフスタイルなどによるため、デメリットになりうるかは判断が難しいところでしょう。また、通信速度はMVNOにもよるので、気になる人は通信速度などを重視してSIMを選ぶようにしましょう。

格安スマホのメリット・デメリットから見えること

格安SIMを利用する「格安スマホ」は、機械に詳しい人や賢い人が使うイメージがありましたが、実はその逆で「通話はそこまで多くない」「データ通信も時間帯や必要なときに必要な分だけ」「スペックにこだわりはない」といった人達にこそ向いているのです。

格安スマホは難しいと感じていたときは、正しい情報を取り入れていなかっただけかもしれません。メリットとデメリットをきちんと把握することで、正しい判断ができるようになります。

格安スマホにすると全ての人が得をするのではなく、利用するその人によるところが大きいです。ご自身の使い方や利用状況を確認して、大手キャリアに残る方が良いのか、格安スマホに乗り換える方が良いのかを判断しましょう。

 

Pocket

関連記事

ドコモ高過ぎ?キャリアのスマホはどうしてここまで高いの?

格安スマホ(SIM)無料でも使えるおすすめWi-Fiスポット20選!

【用語まとめ】今さら聞けないスマホの疑問を詳しく解説!

【デュアルSIM活用術】デュアルSIM対応スマホの使い方とメリット!

どれだけ違う?キャリアと格安スマホの月額料金を比較してみた!

ドコモから乗り換えるなら?おすすめの格安SIMと移行方法!