情報が多過ぎてわからない!格安スマホの疑問を一つずつ解決してみる!

Pocket

d42d33aabc714bd1312dc3cf45de61dc_s

今やネット検索でわからないことがないくらい情報が多いネット社会。「格安スマホ」について調べてみたけれど、情報が多過ぎてわからなくなってはいませんか?

一つ一つ調べるのは面倒ですし、まとめて解決したいのが本音です。そこでこの記事では、格安スマホのたくさんある疑問を一つずつ解説していきます。

※ここで載せる疑問は、Yahoo知恵袋やネット検索で疑問に上がったことを一つ一つ列挙した内容です。なので、実際に人が疑問に思ったり、検索した内容ということになります。

 

【格安スマホの疑問と答え】(購入編)

「SIMカード」ってなに?

電話番号などを固有のIDが記録されたICカードのこと。

いわゆる携帯電話の心臓部。これがないと電話ができない。(SIMカードがなくてもWi-Fi等につなげば、インターネットやアプリは利用可能)

 

「格安SIM」とは?

格安SIMとは、ドコモなどの大手3大キャリア以外の会社が、大手キャリアからネットワークを借りて提供しているSIMカードのこと。
大手キャリアのように全国にショップやサービス、広告費などにお金をかけていないので、安く提供することができるため、「格安SIM」と言われている。

格安スマホを始めるには?

格安スマホとは、大手携帯会社(docomo/au/softbank)以外の通信会社が提供する格安SIMを挿入して使うスマホのことです。なので、まず「格安SIM」と「SIMを挿入できるスマホ」を購入します。

 

格安SIMはどこで買うの?

「格安SIM」は主に、ネット販売か家電量販店での販売となります。

事業者ごとに販売が異なりますが、ネット販売は全社共通です。スマホはSIMフリーのスマホを買うか、現在お使いのスマホをSIMフリーで使えるようにネットorドコモなどで手続きします。

スマホはSIMとセットで事業者が販売しています。そのほか、家電量販店、Amazonなどのネット通販サイトなどで買うか、ゲオやTSUTAYAなどでも中古販売しています。

 

キャリア(docomoなど)から乗り換えが必要?

格安スマホ(SIM)は、キャリア(docomoなど)とは別の事業者が販売していますので、キャリアとは関係ありません。ようはdocomoと格安スマホの2台持つことも可能です。

しかし、2台も必要ありませんので、格安スマホ一つにするために、以前の番号を引き継いで使うことを乗り換えると言うかもしれません。以前の番号を引き継ぐ場合は、その手続きが必要になります。(NMP手続き)

 

どのスマホでも格安SIMは使える?

「格安SIM」のほとんどは、docomoの回線を借りています。なので、スマホ本体はdocomoで購入したものか、SIMフリー化したスマホのみです。

au回線に対応している格安SIMもありますが、その場合も同様にauで購入したスマホかSIMフリー化したスマホのみです。

ちなみにsoftbank回線に対応した「格安SIM」は現在ありません(2016年11現在)ので、softbankで購入したスマホは使えません。※2015年5月以降に発売したスマホなら使えます。

 

【格安スマホの疑問と回答】(動作編)

通話は話した分だけ料金がかかるの?

基本的には通話料はかけた分だけかかります。

料金は国内通話であれば20円/30秒かかりますが、これはdocomoなどの大手携帯会社でも共通です。

大手は定額かけ放題などで無料になっていますが、格安スマホ会社でもプランによっては通話料が半額になったり、「5分かけ放題」など時間制で無料になるサービスもあります。

 

格安スマホは無料通話できないの?

「5分かけ放題」「月60分まで無料」などの時間制で無料通話ができる場合と、アプリを使用した無料通話ができる場合があります。

格安スマホでは、IP電話と呼ばれる050発信の電話番号を持つことができます。会社によってはIP電話であれば無制限で無料になったり、普通の090発信の電話より安く通話できるサービスがあります。

アプリ使用であれば、各会社の通話専用アプリやLINE電話を利用するといった形です。

 

IP電話ってなに?

IP電話とは、通常の固定電話が光回線なのに対して、インターネット回線を使用した電話のこと。IP電話はインターネット回線なので基本料金がほぼかからず、通常の電話よりはるかに安い。なのでIP電話間では通話料が無料となる。LINE電話などがこれに当たる。しかし、110や119、フリーダイヤルにはかけることができないので注意が必要。

 

パケットってデータ通信量のこと?

その通りです。

docomoなどの大手携帯会社では統一して「パケット」と読んでいましたが、格安スマホで言う「データ通信量」のことで、単に言い方の違いです。

 

ネット(データ通信)はどれだけ使えるの?

格安スマホでは、すべての会社でパケット通信は定額制です。高速通信の使える容量によって料金プランが設定されています。

 

プランの容量以上はデータ通信はできないの?料金は?

各プランで設定されているのは「高速通信できる容量」で、仮にその容量を超えても低速通信になるだけで、ネット(データ通信)はできます。追加料金もありません。

 

高速通信って?できることは?

通信速度のことで、速ければ速いほどネットの読み込みや送信が速くなります。

各プランで設定されている容量は、これがどれだけ使えるかです。主に容量の大きい、動画やゲームの使用を充分にできる速度です。

 

低速通信って?できることは?

高速通信の逆で、単純にネットの読み込みや送信が遅くなります。

各プランで使える高速通信を使い切ったら、この低速通信になります。メールやSNS(LINEやFacebook、Twitter)などの文字ベースのやり取りは通信速度を必要としないため、問題なくできます。できないのはYouTubeなどの動画閲覧などです。

 

高速通信を使い切ったら戻らないの?

プランで月に使える高速通信の容量が決まっていますよね。それは月ごとなので、その月に容量を使い切っても翌月にはもとに戻ります。

 

格安スマホでメールはどうなるの?

格安スマホではメールサービスを行っていないので、キャリアメール(docomo.ne.jpなど)が使えません。そのため、GmailやYahooメールなどのPCメールでの代用となります。

使い勝手は変わりませんが、携帯メールでなくては登録できないことや、送り先がPCメールを受信拒否している場合があります。

 

【格安スマホのLINEに関する疑問】

格安スマホでLINEを使いたいなら

格安スマホでLINEを使いたい場合は、SNS対応付きプランを選択しましょう。

普通のデータ専用プランに+120〜150円程度でつけることができます。ちなみに音声通話付きプランは、SNS対応が標準装備されているのでこの心配はありません。

 

格安スマホにする場合、LINEのデータは引き継げるの?

格安スマホに移行する場合、自分のLINEアカウントにメールアドレスとパスワードを設定しておけば引き継げます。

もしくは、Facebookアカウントでログインする場合も以前のデータとして使えます。ですが、トーク内容に関してはバックアップを取らなければ引き継げません。

 

格安スマホではID検索ができない?

格安スマホでは、LINEのID検索ができません。

ID検索するには「年齢認証」が必要になりますが、格安スマホではこの「年齢認証」ができません。なので、今までLINEの友達はID検索していた方は注意が必要です。

※2016年9月に登場した「LINEモバイル」は、格安スマホ初の年齢認証ができるためID検索ができます。

>> LINEのID検索ができるLINEモバイル<公式サイト>

 

LINEモバイル

Pocket

関連記事

NO IMAGE

大手キャリアと格安SIMならどっちがいいの?比較してみた!

【用語まとめ】今さら聞けないスマホの疑問を詳しく解説!

ガラケーからスマホに乗り換えるなら?大手キャリアvs格安SIM

キャンペーンを狙え!新生活を応援する格安SIM(MVNO)まとめ!

どれだけ違う?キャリアと格安スマホの月額料金を比較してみた!

格安スマホの「かけ放題」って?キャリアと比べる定額制の無料通話