契約数が一番多い格安SIMはどこ?シェア数No.1の理由を考察!

Pocket

格安スマホとして利用するために「格安SIM」を契約する人が、ここ数年で急増しています。「格安スマホの普及率と5つの背景」でもあるように、格安SIMの認知度は高まり、新たな節約術に契約数はこの先も増え続けるでしょう。

みんなはどこの格安SIMと契約しているのか」「契約数が多いのはどの格安SIMなのか」は、気になるところでもあるでしょう。そこでこの記事では、モバイル市場を調査する会社のデータをもとに、最も契約数が多い格安SIMとそのシェア数の理由を考察していきます。

契約者シェア数に関する調査データ

スマートフォン・タブレットを中心に市場動向を調査するマーケティングリサーチ会社「MMD研究所」が、格安SIM契約者にメインで使っている格安SIMはどこかを調査しました。(2017年3月)

この調査によれば、最も利用率が高かったのが「楽天モバイル」、次いで「OCNモバイル」「mineo/マイネオ」と続いたことがわかりました。

また、契約しているプラン別に利用している格安SIMを調査した結果、音声通話SIMを契約している人で最も多かったのが「楽天モバイル」で27.1%、次いで「mineo/マイネオ」が14.1%、「OCNモバイル」が9.2%となりました。

一方、データ通信SIMの契約者が利用している格安SIMは、「OCNモバイル」が最も高く16.2%、「楽天モバイル」が10.8%、「IIJimo」が9.6%と続きました。

 

別の調査会社でも格安SIMユーザーに同様の調査を行っており、結果「楽天モバイル」が20.9%で最も契約数が多く、「OCNモバイル」13.1%、「mineo/マイネオ」12.8%と同じような集計結果が得られています。(2017年6月)

「OCNモバイル」などの、もともとネットワーク運営に強みを持つ事業者がややシェアを落とし、楽天モバイル、mineo、UQモバイルなどの後発組が、積極的なプロモーション戦略などを背景にシェアを拡大しています。

 

2017年最も契約数が多いのは「楽天モバイル」

2017円最も契約数の多いシェアNo.1格安SIMは、大手楽天グループが運営する格安SIM「楽天モバイル」。割引キャンペーンなどを常に実施しており、費用をより安く抑えることができます。毎月の利用額に応じて、楽天ポイントが貯まり、そのポイントを月額料金や端末代に利用できる特徴があります。

楽天モバイルサービス特徴

運営会社 楽天
使用回線 ドコモ
初期費用 3,000円
かけ放題の有無 定額5分かけ放題/月額850円
最低利用期間 データSIM/なし
通話SIM/1年
サービスの特徴
  • 最安プラン月額525円〜
  • 端末割引キャンペーンを常に実施
  • 楽天スーパーポイントが毎月貯まる
  • 楽天ポイントで支払い可能
  • 月500円で「遠隔サポート」が受けられる


楽天モバイルがシェアを伸ばした理由

楽天モバイルがここまで契約数を伸ばしシェアを拡大してきた理由に、常に端末割引のキャンペーンを実施することで契約者の負担を減らし、始めるハードルを下げたことが考えられます。

また、利用者の多い楽天ユーザーを対象に、楽天での買い物でポイントが2倍になったり、スマホの利用で楽天ポイントを還元するなどのサービスが浸透性を深めました。誰もが利用するサービスだからこそ、日常にとけ込みやすく、利用者も大手であることで安心して始められたのでしょう。

⇒楽天モバイル公式サイトへ

 

急速にシェア数を伸ばしている「mineo/マイネオ」

格安SIM契約者の中でも利用者の多い「mineo/マイネオ」ですが、現在最も急速に契約を増やしています。docomo/auの両回線に対応しており、どちらの大手キャリアで契約しても始めやすく、通信品質の良さが特徴です。安心の料金プランやサービスの良さが好評で、利用者の満足度が最も高い格安SIMサービスです。

mineo/マイネオのサービスの特徴

運営会社 ケイ・オプティコム株式会社
使用回線 ドコモ/au
初期費用 3,000円
かけ放題の有無 定額5分かけ放題/月額850円
最低利用期間 なし
サービスの特徴
  • ドコモ/auの2回線に対応
  • 通信速度・品質ともに良好
  • 家族や友人とパケットを分け合える
  • 毎月1GBまでパケットがもらえる
  • 契約期間に縛りなし
  • ユーザー満足度No.1の格安SIM

mineo

料金プラン&コスパが最も高い

上記の契約数の調査の他に、格安SIMサービスの利用者に10項目に及ぶ満足度も調査しています。「最適な料金プランの有無」「コストパフォーマンスの高さ」などの満足度が、他社よりも非常に高い数値になったことがわかっています。

⇒mineo公式サイトへ

 

シェア数は落ちているが契約数の多い「OCNモバイル」

格安SIMサービス普及時から、業界トップシェアを誇ってきた「OCNモバイル」。大手通信会社が運営する格安SIMだけあって、信頼感は大きく2015年頃までシェア数はトップでした。長く運営しているだけあって契約数も多く、データ通信SIMの利用者シェア数は1位です。

OCNモバイルのサービスの特徴

運営会社 NTTコミュニケーションズ
使用回線 ドコモ
初期費用 3,000円
かけ放題の有無 定額5分かけ放題/月額850円
最低利用期間 データSIM/なし
通話SIM/6ヶ月
サービスの特徴
  • 大手通信会社運営の安心格安SIM
  • プラン変更&データ繰り越し可能
  • かけ放題は10分まで
  • データ通信SIMは契約期間に縛りなし
  • 端末保証オプティ、サポート充実
  • 全国のWi-Fiスポット利用可能

契約者は多いのになぜシェア率は落ちている?

以前までは、業界トップのシェア数を誇っていた「OCNモバイル」ですが、楽天モバイルやmineoなどの後発の事業者に遅れをとるようになりました。

その理由として考えられるのは、OCNモバイルには特別なサービスやキャンペーンがなく、利用者の満足度や求める付加価値を提供する事業者が選ばれるようになったためです。大手が運営する信頼性はある格安SIMですが、取り分けて特徴のない格安SIMのイメージがついてしまいました。

⇒OCNモバイル公式サイトへ

 

契約数が多い格安SIMまとめ!

格安SIMはたくさんありますが、契約数や利用者が多い格安SIMはある程度絞られます。未だに知名度も上がらない格安SIMもあれば、毎年契約者を増やし、シェア数を伸ばしている格安SIMもあります。

契約数の多い格安SIMの特徴としては、料金が安いだけの格安SIMでは契約は取れなくなっているということ。充実のサービスや特典、基本的なスペックの高さなど、付加価値がつかなければ差別化はできないのです。

2017年では「LINEモバイル」が急激に契約数を伸ばし、今最も注目されている格安SIMでもあります。通信速度が速いこともありますが、SNSが使い放題という独自サービスでうまく差別化を図ったからかもしれませんね。

⇒LINEモバイルの詳細はこちら

 

Pocket

関連記事

3年間で利用者が10倍に⁉︎ 格安スマホ普及率の5つの背景とは?

「docomo with」は本当にお得?毎月1,500円割引の落とし穴!

おすすめの防水機能付き格安スマホ!防水機能のレベルと注意点も!

安室奈美恵のライブは【WOWOW】だけ!見逃しても見れる!

使いすぎて「ギガが減る」?その意味と”ギガ死”を回避する方法!

月280円になるdocomoのシンプルプランとは!本当に使えるの?