使用感とコスパで選ぶ!おすすめスマホ端末【2016年度版】

Pocket

 

格安スマホに乗り換えたいけど、どんな端末がいいだろう。使いたい端末があるならまだしも、何種類もあるスマホから選ぶのは大変!

多くのスマホ端末の中から、どのスマホ端末にすればいいか悩んではいませんか?

 

私もスマホ端末にはたくさんの時間と労力を費やしました。この記事では、そんな数あるスマホ端末から、実際に使用した感想や値段の安いお値打スマホ端末をご紹介します。

スマホ端末を選ぶときには、

  • どの端末がいいのだろう
  • もっと安いスマホ端末はあるのだろうか
  • どこのメーカーが信用できるだろう
  • 防水やおサイフケータイが付いているものがいい

など、数え切れないスマホ端末から選ぶのは大変ですよね。

実際に知らないだけで、本当はもっと良いスマホがあるんじゃないかとその場で決められず、何度も何度もお店に行ったり、ネットで調べたりと時間はどんどんかかってストレスになります。

私もそうでした。

でもだからこそ、50種類以上のスマホの中から本当に良いスマホ端末をご紹介することができます。

 

そもそもスマホって何種類あるの?

実際に国内で販売されているスマホ端末は、おおよそ200種類以上あると言われています。国内メーカーに限らず、海外メーカーやTSUTAYAなどが独自に提供するスマホもあります。

代表的なメーカーですと、Apple、Asus、Huawei、Sony、VAIO、FUJITSU、SHARP、LG、HTC、Acer、Samsung、Motorola、ZTE、京セラ、TONE、freetelなどがあります。

機種ブランドですと、iPhone、ZenFone、HUAWEI、Nexus、Xperia、VAIO、arrows、AQUOS、LG、HTC、Acer、Galaxy、Moto、AXON、Blade、TOPQUE、DIGNO、URABANO、Quaphone、S301、INFOBAR、BASO、MUSASHI、SAMURAI、、、など。

 

現在販売されている端末はその数ゆえに正確な数は把握しきれませんが、国内で見られる50種類以上のスマホ端末から、カタログではわからない使用感を含めたオススメ端末をご紹介します。

<紹介するスマホ端末>
紹介するのは、SIMフリー端末とキャリア購入の端末です。キャリア購入の端末も購入から半年経てば「SIMロック解除」が可能となり、SIMフリー端末として利用できます。

格安SIMが利用できるスマホ端末として、SIMフリースマホと合わせてご紹介します。

 

使用感とコスパで選ぶ、おすすめスマホ端末!

1位「Blade V580」

コスパ最強!神バランスの掘り出し物!

20160308195553

価格:30,024円(実勢価格)

50種類以上のスマホ端末の中から、「iPhone」や「Xperia」などを押しのけ、最もオススメする一台です。その特徴は「シンプルイズベスト」の使いやすさとコストパフォーマンス!

その操作性はサクサクと動き、「iPhone」をはじめとする高級機にも引けを取りません。アプリは瞬時に立ち上がり、文字入力や画面の切替もストレスなく動きます。

また、様々な機能を詰め込んだ高級機に多い発熱やバッテリー問題も問題なく、驚異の安定性でした。さらにCPUには、オタクコア1.3GHzを搭載する高スペック端末でありながら、その値段は3万円台とかなりお手軽なのも魅力です。
デメリットとしては、そのシンプルさゆえに防水やおサイフケータイなどの付加機能が付いていないこと。「Blade V580」はそういった付加機能を求めず、シンプルに使いやすいスマホ端末を求める人にオススメです。

 

2位「Galaxy S7edge」

性能・バッテリー・防水も!妥協なしの最高端末!

e59bb31-05c98

価格:93,690円(キャリア一括)

今度は1位とは打って変わって、値段に見合った「なんでもできる」スペックの一台です。PCでも用いられる冷却機能や本体への負荷を調整できる専用のゲームランチャーなど、スマホ性能をフルに使いたい人にオススメ!

操作性はアプリの立ち上がりも驚くほど速く、さすが高性能なサクサク感です。特にディスプレイ画面はとても美しく、カメラも1220万画素と高機能。映像を楽しむことに関しては屈指の性能がありました。防水・防塵機能にも対応し、落としても安心で、全てを詰め込んだ最高品質なスマホ端末であるといえるでしょう。
デメリットとしては、値段が相応に高いこと。しかしそれ相応の性能や機能が備わっているので、値段をデメリットと取るかはその人次第です。ですが、高負荷・長時間でもスマホを使いたい人やゲームをハイクオリティで楽しみたい人にとっては間違いなくおすすめです。

 

3位「Xperia Z5」

国産万能型の最高峰スマホ!

hst_sonyxperiaz5compact_8

価格:70,500円〜

SONYが提供する「Xperia」シリーズの「Z5」。発売は2015年11月で去年のモデルですが、「Z5 Premium」「Performance」等の最新モデルを上回るコスパで3位。その理由は「安定性」にあります。

時世代モデルの「Z5 Premium」は、大画面になりスマホで世界初の4Kディスプレイを搭載していますが、発熱やバッテリー切れになりやすいなどバッテリーが弱くなってしまいました。

最新モデルの「Performance」は、操作性や放熱性は上がりアルミボディでデザイン性も高くなりましたが、発熱やバッテリー問題はあまり改善されていませんでした。値段も9万円超えとコスパ的にも物足りない感じです。
「Xperia Z5」は、高い性能を常に発揮できる意味で最もバランスがよく、高級機の中ではコスパもいいです。操作性は抜群で、「Xperia」シリーズはどれも共通して素晴らしいといえます。

 

4位「iPhone SE」

コスパ最強iPhone!機能はシンプルも完成度は高い一台!

j0000018540

価格:51,624円(実勢価格)

コンパクトかつ軽量で最も人気があった「iPhone 5s」がベースになり、「6s」の性能を4インチに凝縮したのが「iPhone SE」です。コンパクトでスマホの中でも最も軽いスマホ端末です。「iPhone」シリーズはその高い性能で高価格なことがネックですが、「iPhone SE」は5万円台と安く、コスパはトップクラスといえます。

その操作性は、さすがと言えるサクサク感とシンプルでとても使いやすい!指紋認証でのロック解除などはもちろん、高性能CPU搭載にもかかわらず、長時間の利用でも発熱はほとんどありません。

デメリットとしては、容量もコンパクトで「iPhone」なのでSDカードは挿せません。それでもこの高機能とコスパは目を見張るものがあります。「iPhone」への憧れがあるが、値段が気になる人は「SE」を選んでおけば間違いなしです。

・端末とセットで購入するなら⇒【もしもシークス】

 

5位「HUAWEI P9」

デュアルカメラ搭載!夜景にも強い写真力抜群の一台!

k0000883394

価格:64,584円(実勢価格)

「P9」の特徴は、デュアルカメラを搭載で「一眼レフ並みの美しい写真が撮れる」のが特徴です。

「デュアルカメラ」とは、色情報用のRGBカラーと陰影(光が当たらない暗いところ)情報のモノクロの2つのカメラで1枚の写真に総合するため、暗い場所や逆光に強いです。また、一眼レフのようなボケも作れるので、プロが撮ったような写真が撮れます。

また「P9」の操作性は、オタクコアCPUを搭載しメモリなど足回りがしっかりしているため、動作にもストレスを感じません。細身で持ちやすいボディを持ち、ボディの質感は高くiPhoneと並ぶほどです。
欠点としては、動画の手振れ補正がカクつくくらいです。しかしそれを補うほどの高画質な写真が撮れ、カメラ好きを唸らせるデュアルカメラを搭載した「HUAWEI P9」は、格安機メーカーの認識を覆すスマホ端末です。

・端末とセットで購入するなら⇒【楽天モバイル】or業界最安値水準の【DMM mobile】

 

6位「Disney Mobile on dcomo DM-02H」

2つの意味で軽い!高性能のコラボモデル!

dm-02h_main

価格:67,392円(キャリア一括)

かわいい外観でバランスの良い、ディズニーモバイルの新機種。

コラボモデルですが造りはしっかりしており、アプリもサクサク動く操作性です。既存のディズニーモバイルはベースモデルが存在しましたが、「DM-02H」はLGが設計したオリジナルモデルとなっています。

CPUには高機能のオタクコアを搭載しており、動作は良好でストレスを感じません。今までのかわいいだけのコラボモデルとは全然違う印象です。コンパクトモデルと同じ130g台の重量で、片手で持っていても疲れません。防水/おサイフケータイ/ワンセグなどの付加機能も備わっているのも魅力です。

ディズニーモバイルならではのデザインで、カメラレンズもミッキーの形をしており、背面にはミッキーが彩られています。普通の人には少し可愛いすぎるかもしれませんが、ディズニー好きにはおすすめのスマホ端末です。

 

7位「AQUOS SERIE SHV34」

充実の付加機能と長く使える安心感!安定のAQUOS!

p7393022

価格:84,242円(キャリア一括)

2016年6月に発売した「AQUOS SERIE SHV34」は、充実した付加機能やカメラ画素数など、高いスペックを持ちながら発熱性も優秀な安定したスマホ端末です。高スペックの高級機は発熱に弱い傾向にありますが、当機は「iPhone6」や「AQUOS Xx3」よりも発熱対策が万全のスマホです。

操作性は非常に高く、「iPhone」シリーズにも並ぶ操作性です。カメラ画素数は驚異の2260万画素で、高級機ならではのスペックの高さが見られます。
デメリットとしては、バッテリーの消耗が他の端末より高いことが挙げられます。それを差し引いても豪華な機能と安定性に長けているので、安定して高スペックを発揮し、長く使いたいという人にオススメの一台です。

 

8位「Honor6 Plus」

お手頃価格でカメラと液晶は抜群の一台!

huawei-honor-6-plus_d3fd796a3c83a2a4-580x580

価格:32,814円(実勢価格)

Huaweiの「Honor6 Plus」は、デュアルレンズカメラとオタクコア1.8GHz+1.3GHzを搭載しながら、3万円台で買えるSIMフリースマホです。

3万円台のSIMフリースマホながらカメラ性能と液晶は他に劣らず、さらにオタクコア、RAM3GB、SDカード挿入により128GBまで増量可能なストレージ、と優秀なものが揃っており、コスパは非常に高いSIMフリー端末です。

デメリットとしては、ボディは薄いけれど少し重めで長時間片手で持っていると疲れることがあること。しかし性能は抜群で、それでいて3万円台で購入できるお手軽さは1位に次ぐコスパのSIMフリースマホです。

・端末とセットで購入するなら⇒【楽天モバイル】がおすすめ!

 

9位「iPhone 6s」

さすが抜群の操作性!使いやすさ最高品質の一台!

iphone-6s

価格:84,240円(実勢価格)

50種類ものスマホ端末をテストしてみて、改めて「iPhone 6s」のバランスの良さを実感しました。操作性、アプリ起動、バッテリー持ちと重要項目はなんなくクリアし、その安定性はやはり光っていました。

特に操作性や使いやすさは非常に良くて、文字入力や画面切替、スワイプのなめらかさ、といった操作に関わる部分はどれも自然。さすが「iPhone」と感動してしまいました。
デメリットとしては、防水やおサイフケータイなどの付加機能がないことはもちろんですが、やはり気になるのは高額な値段でした。そこを気にしないのであれば、使いやすさは文句なしの一台なので、SIMフリー端末でiPhoneを利用したい方にはやはりオススメです。

・端末とセットで購入するなら⇒【もしもシークス】だけ!

 

10位「arrows M03」

大画面/防水/おサイフでSIMフリー!付加機能付で驚きの安さ!

20160628181824

価格:42,660円(実勢価格)

Android端末の独自の強みとして上がるのが付加機能ですが、安価でこういった機能を備えているSIMフリースマホは少ない。その中で唯一、富士通の「arrows M02、M03」は3〜4万円台で購入でき、防水やおサイフケータイなどを備えているお得な機種です。

「arrows M03」は、防水/おサイフケータイ/ワンセグ/耐衝撃と付加機能が特に充実しています。

スペックは値段相応ですが、これだけの付加機能が備わっていて4万円台で買える端末はありません。この端末に関しては使用感というよりコスパで選びましたが、単純に高スペックの機種を見るのではなく、自分にとって優先すべき機能を見極めることも大切です。

・端末とセットで購入するなら⇒【楽天モバイル】or【nuro mobile(ニューロモバイル)】

 

Pocket

関連記事

【選び方の基本】スペックで選ぶおすすめのSIMフリースマホ!

みんなに人気がある格安スマホの本体は?人気端末ランキング!

最安値がわかる!格安SIMとセットで買えるおすすめ端末トップ10!

「DSDS」って?一台で2台分のデュアルSIM対応のメリットと使い方!

コスパ最強のBest3!安く抑えるためのおすすめSIMフリースマホ!

中古スマホは危険がいっぱい?絶対に失敗しない選び方と注意点!