2台持ちに最適!ガラケーとの2台持ちでおすすめの格安SIM!

Pocket

ガラケーの方は、かけ放題の安いプランに申し込むだけなので迷うことはありませんが、問題はデータ通信を行う格安SIMの方です。今や格安SIMを扱う事業者(MNVO)は何種類もあり、どれを選べばいいのか迷ってしまいますよね。

そこで今回、データ通信メインで行う2台目におすすめの格安SIMをご紹介します。

二台持ちにする意味とは?

携帯の二台持ちといえば、毎月の料金を安くするために通話はガラケー、ネット通信は格安SIMでそれぞれ格安のプランにして、ガラケーと格安スマホの二台の携帯電話を持つことを指します。

高額とも言われる大手キャリアの月額料金は、ほぼデータ通信量がその料金のほとんどを占めています。通常契約では、大手ではだいたいが7GBの高速データ通信量が与えられますが、人によってはデータ通信はネットを見るだけなど使い切れずに、無駄に高額な料金を払っている場合が多いのです。

そこで通話に関しては大手と通話だけの安いプランに変更し、データ通信は自分の使う量に合わせた契約をすることで、無駄なく格安で携帯電話を使用することができます。

 

二台持ちで使用する格安SIMの選び方!

データ通信メインで使用する格安SIMを選ぶときには、いくつかのポイントがあります。後々になって後悔することのないようにきちんと選びましょう。

⒈データ専用SIMで、細かくプランがあること

二台持ちに選ぶ格安SIMは、通話プランをつけてもいいですが基本的にデータ専用のSIMを選びます。

※通話付きプランを選ぶと料金が高くなりますし、二台持ちの意味がありません。

そして容量が細かく設定され、プラン数が多いことも重要です。通信容量の幅がないと、極度に足りなかったり余ってしまうなど無駄が発生します。自分の使用量に応じた容量のプランを選ぶことで、無駄もなくなり見合った料金支払いができます。

⒉通信速度が安定していること

データ通信を行うのが目的なので、通信性が安定していることも重要です。

格安SIMで心配されている面ですが、昔と違い通信性は格段に良くなりました。今では大手に並ぶ通信性の格安SIMもあるため、そこをきちんとしている格安SIMであれば多少の料金の差は重要ではないでしょう。

⒊プランの変更がしやすいこと

とはいえ、毎月どれだけのデータ通信をしているのか把握するのは意外と難しい。はじめは意識して節約していても、いざ慣れてきたらもっと容量が必要だったなんてこともあります。(容量の追加は、どこも100M/200円でけっして安くはありません)

格安SIMのメリットはプランの変更ができるところですが、変更するたびに手数料がかかるのは困ります。なので、いつでもプランの変更が無料でできるところを選びましょう。

 

格安SIM選びの注意点

⒈無制限プランは要注意!

二台持ちのスマホで選んでしまいがちな「データ無制限プラン」。データ使用量に制限がなく、使い放題ができるプランです。

無制限プランは容量に制限はありませんが、通信速度が遅く料金が高いことが特徴です。データメインで使うことが目的なため、いくら使い放題でも速度が遅くては意味がありません。

これは大量にデータ通信を行う人が選択肢として考えるもので、二台持ちで料金を抑えたい人にはおすすめしません。

 

二台持ちにおすすめの格安SIM

nuro mobile(ニューロモバイル)
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-06-17-58-32

nuro mobile(ニューロモバイル)は、SONYの子会社である「ソニーネットワークコミュニケーションズ」が提供する格安SIMサービスです。古くから通信事業に参入しているため、通信面では実績があり、ドコモ回線をしようしていることもあり非常に安定しています。

1GB刻みで細かくプラン設定があり、自分にあった最適な容量でプランを選ぶことができます。プランの変更もいつでも無料ででき、シンプルで使い勝手のいい格安SIMです。2台持ちで使用する格安SIMとしては、最も適している格安SIMです。

最安価格 2G/700円〜
評価 [star5]

【nuro mobile】公式サイト

 

DMMモバイル
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-05-16-00-34

DMMモバイルは、業界最安値の1GB/480円から契約でき、1GB刻みとまではいきませんが、豊富な料金プランがあるのが特徴です。価格年では他者に比べ群を抜いているため、より安く契約したい方におすすめです。

データ量の繰越やプランの変更も無料で行えるため、二台持ちとしても使いやすい格安SIMです。通信面では契約者数も多いため、nuro mobile(ニューロモバイル)ほどではありませんが格安SIM業界ではかなり安定しています。

評価
価格 1GB/480円〜

【DMM mobile】公式サイト

 

mineo(マイネオ)
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-03-13-42-56
mineo(マイネオ)は、docomo/au回線の両方で契約プランがあるのが特徴です。音声通話料金やオプション料金に多少違いはありますが、料金・サービス面はおおむね同じです。格安スマホはほとんどがdocomo回線を使用しているため、au系のスマホを格安で使いたい方はココが最もおすすめ。

プラン数では、nuro mobile(ニューロモバイル)やDMMモバイルほど種類はありませんが、数少ない1GBからのプランと、他人とデータを分け合える「フリータンク」という独自サービスがあります。契約期間の縛りがなくいつでも解約もできるので、お試しでも利用できるメリットがあります。

評価 [star4]
価格 1GB/700円〜

【mineo(マイネオ)】公式サイト

 

Pocket

関連記事

NO IMAGE

nuro mobile/ニューロモバイルが【2台持ち】に適している理由とは?

携帯2台持ちで月額料金を節約する方法!メリットとデメリットは?