ドコモやauの携帯代が高いのはなぜ?安くするには?

Pocket

毎月の携帯代は安くならない?

世の中の大半の人が持っているスマホなどの携帯電話。今やなくてはならない連絡手段として、生活から切っても切り離せないものとなっています。しかし、それゆえに大手キャリアの提供する携帯代は高く、ドコモ・au・ソフトバンクの3大手キャリアの月額平均は8,000円程度。

生活には必要なものだからこそ、この毎月の携帯代金は大きな負担となっている人も多いでしょう。

この携帯代ですが、どこのキャリアも一番安くプランを設定しても、平均6,000円ほどかかります。ガラケーなどのインターネットができない電話だけのプランであれば、もっと安くすることは可能です。

しかし、現代はスマホ社会/ネット社会であり、「LINE」などの連絡手段に始まり、衣食住すべてに深く関わっているため、ネット接続は必要不可欠と言えるでしょう。

 

携帯代が高い理由は?

まず、携帯代の基本構成を知っておきましょう。携帯代はどこのキャリアも基本構成は同じです。通話をするための「基本料金」があり、それに利用量に合わせた「パケット代」を組み合わせたものが、毎月の携帯代金です。

そして、この高い携帯代の多くを占めるのが、データ通信量、いわゆる「パケット代」です。

 

ドコモの例を見てましょう。

ドコモの料金プランでは、パケット代(データパック)が最低でも2GB/3,500円もします。これに、安い方の「カケホーダイライトプラン」を組み合わせても5,500円。安くても、税込で6,000円以上の携帯代になります。

これは、他のau・ソフトバンクも同程度の額で、最低プランでも2GB/3,500円となります。(ソフトバンクに1GB/2,900円のデータ定額ミニがありますが、このプランですと毎月の割引等が適用されないなどの条件付きになります)

 

高い理由は安くならないキャリアのパケット代

こんなに高いパケット代を支払っているのは、世界でも珍しい日本だけなのはご存知でしたか?海外ではこの半分以下どころではなく、何百分の1程度でデータ通信料が成り立っています。

これは、通信設備や店舗の運営コストなどをまかなうため、いささか仕方のない部分があります。しかし、これだけではありません。

パケット代が高い理由は、10年以上も前からパケット単価が見直されていないからでもあるのです。iモード誕生から通信料はほとんど変わらず、パケット定額が導入されてからは、キャリアが出す言い値をそのまま加入させられ、他の選択肢のないまま放置されているのです。

そこで登場したのが格安SIMで、キャリアから通信網を借りることでその通信サービスを安く提供しているのです。一見ずるいようにも思えますが、キャリアに対してきちんと契約料を払っており、キャリアにとっても顧客として成り立っているのです。

毎月の携帯代を安くしたいと思う人は、格安SIMという選択肢を検討してみてはいかがですか?

>> 毎月の携帯代が今の半額以下になる「格安SIM」とは?

 

関連記事

データ通信速度の「上り速度」と「下り速度」とは?

NO IMAGE

初心者はどれを選べばいい?初心者におすすめの格安スマホ!

NO IMAGE

初期費用を抑えたいあなたに!中古スマホの選び方と注意点まとめ

スマホで初めてのネット通販!「おせち」を取り寄せてみよう!

NO IMAGE

携帯料金を抑えたい!家族におすすめの格安スマホとシェアプラン!

【用語まとめ】今さら聞けないスマホの疑問を詳しく解説!