そんなことも?シニア世代にあるスマホに関する意外な悩みとは?

Pocket

 

今や高齢者にも広まりつつあるスマートフォン=スマホ。

しかし、スマホを手にしたはいいが、分からないことや慣れないスマホの操作に困惑するシニア層も多いでしょう。私たちが「そんなことで?」と思うことでも、スマホに慣れていない人にとっては大きな悩み。

「スマホの良さをもっと知ってほしい」「スマホをもっと楽しんでほしい」

そんなシニア世代のご両親に、スマホをプレゼントしたい方も多いはず。そこで、はじめてスマホを手にした人や、スマホに慣れないシニア層によくある、スマホの悩みをまとめました。

シニア世代やスマホに慣れていない人たちが、いったいどんな悩みやトラブルがあるのかを私たちが理解することで、より快適にスマホを楽しんでくれるかもしれません。

TSUTAYAのスマホTONE

スマホに関するシニアの悩み

電話に出られない

はじめてスマホを利用する人以外に多いのが「電話に出られない」というもの。

普通にスマホや携帯で電話をする私たちにとって、「えっ?」と思うような内容かもしれません。

しかし、ボタンといったものが確立されていないため、従来の携帯電話と異なる「電話の受け方」に戸惑いを覚えた経験がある人が少なくないのです。

自分のスマホの契約内容が分からない

これはスマホに限らず、インターネットに絡む業界で言えることですが、料金形態が複雑で、契約時の説明では理解できないといった問題が増えています。

この点はシニア世代に限らず、若い世代にも起こる問題で、「思っていた契約内容と違っていた」というケースも。

 

今や様々な料金プランやオプションなどもあり、格安SIMの登場でより複雑になっていると言えます。

しかし、もっとも多いのがドコモやauなどの大手キャリアです。大手の料金プランは決まった形のものを組み合わせるものですが、店員の誘導により、任意なのに強制加入だと思い込んでしまったケースもシニア世代には多い。

シンプルで、わかりやすい料金プランがお年寄りや初心者には助かりますね。

間違って押してしまうなどの誤作動

シニア世代に多い誤作動

従来の携帯電話はボタンをしっかり押さなければ操作できないため、誤作動といった問題は多くありませんでした。

しかし、スマホはすべての画面がボタンになり、触れただけで操作できてしまいます。目の悪いシニア世代にとって、どれが操作したいボタンか判断がつかないこともあるそうです。

誤作動を防いでくれる機能や、画面が大きいスマホを選ぶことで解決できるかもしれません。

困ったときにどこに行けばいいか分からない

スマホの操作の際で困ったときに行くところが、家電量販店か、キャリアなのか、わからなくなることがあるそうです。

さらに提供が他社サービス出会った場合、「○○のサポートセンターへお問い合わせ下さい」などと、たらい回しにされることもあるようです。

製品を販売したら終わりではなく、きちんとサポートしてくれるサービスやアフターケアを行ってこそ、会社の信頼性が得られるものです。

キャリアのサポートサービスの対応が不満

シニア層にとって、最も重要になるのがサポートサービス

スマホの使い方や困ったときに、実はシニアの需要に対応できてない現実があるのです。サポートを受けようとサポートセンターに電話をしても、音声案内が続きオペレーターがすぐに出ない(コールセンター等)といったことも挙げられます。

 

ドコモの例をとってみてみると、ドコモには「あんしんパック」というサービスがあります。

これはセキュリティや故障などの補償サービス、電話で相談できる遠隔サポートなどをまとめたパックで、サービスを使用している端末などにより料金が変動し、サポートセンターも受付が9:00〜20:00までと決まっています。

ソフトバンクも同様で、24時間対応しているのはKDDI(au)くらいです。

分からないことがあっても調べることができないシニア層にとって、このユーザーサポートという観点から見たサポートがとても重要になってくる。

家族とのつながりを失くしたくない

c47605cefcee4633f60fd85908cf025d_sただでさえ、サポートセンターに電話することに抵抗を覚える人が多いシニア世代ですが、こういったときこそ家族のサポートが必要不可欠なのです。

何より家族には聞きやすいですし、すぐに答えが返ってくるので安心して相談ができるという安心感があるのだそうです。

しかし頼られる家族には、生活時間も違うためなかなか対応できなかったり、鬱陶しいと感じる人も少なくありません。

親御さんや祖父・祖母がこうしたことで連絡してくるのは、困っていることはもちろんですが、本当は家族と話したいからなど、家族とのつながりを求めていることの方が多いのです。

 

離れて暮らす子どもや家族を想わない親はいません。

子どもにとっては鬱陶しく感じるかもしれませんが、そのつながりを切らないであげてください。疎遠な人も、スマホが家族とのつながるきっかけになるかもしれません。

家族とのつながりを強くするスマホ

シニア世代の持つ悩みや、問題をそのまま解決してくれるスマホがあります。

それが、TSUTAYAが提供するスマホ「TONEモバイル」

大手以上のサポート力と口コミや評判が広がり、シニア世代やスマホ初心者に広まっているスマートフォンです。

家族の健康状態を知ることができたり、困ったときに家族が遠隔でスマホ画面を操作できる機能が付いています。今までLINEができずにコミュニケーションが取れなかったシニアのご両親も、これで子供達とLINEのやり取りができます。

それでいて、月額1,000円から利用できるコスパ良好のスマホです。スマホを検討していた家族の方は、プレゼントとしても試してみる価値はありますよ。

⇒詳細はこちら!TONE 公式サイト

 

シニア世代に必要なスマホは?

それは、ガラケーではできないスマホの価値を感じさせること。

ではどんなスマホがシニアにおすすめなのかというと、わかりやすくシンプルであるということ。シニア層が、興味はあるのにスマホを遠ざけるのは、単純に分からないから。

格安スマホの登場と大手キャリアの戦略により、機能や料金プランの複雑さからスマホに対する抵抗を感じさせているのだ。また、その複雑な機能に価値を見出せないためでもある。シニア層でスマホに関心がある人は多いです。

スマホに従来の携帯電話ではできない価値を感じさせることが大切なのです。

 TSUTAYAのスマホTONE

Pocket

関連記事

【高齢者のスマホ普及率】はどのくらい?増加している理由とは⁉︎

docomoのシニア向けプラン&スマホってどう?他におすすめは?

日頃の感謝につながりを!敬老の日におすすめのプレゼントとは?

シニアでも安心して使える!各社のスマホ教室やスマホ講座!

いったい何を送ればいい?大切な親に送るおすすめのプレゼント!

SoftBankのシニア向けプラン&スマホってどうなの?他におすすめはある?