キャリアから格安スマホに乗り換えるタイミングはいつがいい?

Pocket

大手キャリアから格安スマホのMVNOに乗り換える場合、迷ってしまうのが乗り換えるタイミングです。キャリアからの乗り換えで生じる解約違約金や、時期によって料金が高くなってしまうことがあります。

そこでこの記事では、乗り換えるときの注意点やいつ乗り換えたら安く済むのかを解説していきます。違約金やSIMロック解除などの制限を知って、お得に乗り換えをしましょう。

 

キャリアから格安スマホに乗り換えるときの注意点

契約更新月以外では、解約違約金がかかる!

キャリアでスマホを契約している場合、ついてまわるのが「2年縛り」です。すべての大手キャリア(docomo、au、SoftBank)では、2年間の契約期間中に解約すると、各キャリアともに9,500円の解約違約金が発生します。

キャリアによっては、契約期間が1年未満の場合、5万円以上の違約金を請求されることがあります。

この解約違約金を支払わずに格安スマホ(MVNO)に乗り換えるには、解約違約金が発生しない「契約満了月の翌月」または「翌々月」に解約をする必要があります。

 

ご自身の契約満了月は、各キャリアのウェブサイトで確認できるので、いつ乗り換えるのが良いのかチェックしておきましょう。(簡単な確認方法は、スマホ購入 or キャリア契約月の2年後の翌月と翌々月)

 

解約すると端末割賦金も一括支払いになる!

各キャリアで端末代金を分割支払いにしていた場合、格安スマホ(MVNO)乗り換えのために途中で解約してしまうと、端末代金の残金を一括請求されてしまいます。

月々の支払い金額は個々によりますが、2,000〜5,000円程度なので、仮に1年残っていた場合は24,000〜60,000円を一度に支払うことになります。

 

※端末割賦金は各キャリアとも、ウェブサイトで確認できます。
↓「SoftBank」の場合(My SoftBankより)

 

これを避けて、分割払いのまま格安スマホ(MVNO)に乗り換えたい場合は、各キャリアの「番号休止サービス」に申し込めば、分割払いを継続することができます。(保管手数料として月額料金がかかります)

各キャリアの番号休止サービス

事務手数料 保管手数料(月額) 保管期間
docomo 1,000円 500円 申し込み翌月1日から3年間
au 2,000円 372円 5年間
SoftBank 3,000円 390円 5年間

 

 

格安スマホ(MVNO)へはいつ乗り換えた方がいいの?

違約金を払ってもすぐに移行した方が安い?

キャリアから格安スマホ(MVNO)乗り換え時に悩むポイントの一つが、「タイミング」。

それは「解約違約金や端末代金を一括で支払っても、格安スマホ(MVNO)に乗り換えた方がお得なの?」という点です。

もちろん、乗り換えようと思っているタイミングがちょうど契約満了期間であれば、そのときに乗り換えるに越したことはありません。ですが、すべての人がそうではないですよね。

乗り換えるタイミングによって「合計」で支払う金額に差が出るので、しっかりと計算しておくことが大切です。

 

↓下表ではキャリアを使った期間ごとに発生する差額を試算したものです。

「au」でiPhone7plus(256GB)を契約した場合(カケホ+5GB)

手数料 auを使い続けた場合 au6ヶ月後に乗換 au12ヶ月後に乗換 au18ヶ月後に乗換
費用 解約違約金 ー 一律9,500円
MNP転出料 一律3,000円
端末割賦金 87,480円 58,320円 29,160円
初期費用 ー 一律3,000円
解約時費用合計 10万2980円 7万3820円 4万4660円

 

「mineo(5GB)」に乗り換えた場合の月額料金の比較

au mineo
端末代金
(24ヶ月分)
2,415円/月 0円
基本料金 2,700円 2,190円
LTE NET 300円 0円
データ通信料 5,000円 0円
通話料 0円 20円/30秒
月額料金合計 1万415円 2,190円

 

格安スマホ(MVNO)への移行は早い方がよい!

auで24ヶ月使用 au6ヶ月
+mineo18ヶ月
au12ヶ月
+mineo12ヶ月
au18ヶ月
+mineo6ヶ月
au料金 24万9960円 6万2490円 12万4980円 18万7470円
解約時費用 10万2980円 7万3820円 4万4660円
mineo料金 3万9420円 2万6280円 1万3140円
24万9960円 20万4890円 22万5080円 24万5270円

↑の表は、キャリア(au)を使った期間ごとに発生する差額を試算したものですが、半年後に乗り換えるのと18ヶ月後に乗り換えるのでは4万円もの差額が発生しています。

このようにキャリア(au)を使い続ければ使い続けるほど月額料金がかさみ、解約違約金や端末割賦金を入れても、乗り換えが早い方が支払いも安く済みます。

(※通話料は考慮していないため、通話が多くなる人はメリットは少なくなります。)

 

乗り換えるタイミングは早い方がおトク!

試算表でも見て分かるように、解約違約金などを考慮しても大手キャリアは使い続ける期間が長ければ長いほど支払う合計金額が高くなります。

今回の計算では「au」と「mineo」をもとにしましたが、他社で比べてもあまり変わりはないでしょう。格安スマホ(MVNO)に乗り換えるタイミングをいつにしようか迷っている人で、少しでも安く済ませたい場合は早めに乗り換える方が良いでしょう。

関連記事

NO IMAGE

自分に合うのは何GB?タイプ別おすすめ料金プラン!

NO IMAGE

MNPっていつやるの?費用は?格安スマホのMNPまとめ!

NO IMAGE

SIMロックって?各社のSIMロック解除方法を詳しく解説!

どこで買えばいいの?格安スマホの購入方法と販売店をご紹介!

【スマホ端末の選び方】初めて選ぶときの3つのポイント!

NO IMAGE

ソフトバンク(SoftBank)から格安SIMへ乗り換える方法と注意点!