「DSDS」って?一台で2台分のデュアルSIM対応のメリットと使い方!

Pocket

格安スマホならぬ「格安SIM」の普及により、「SIMフリースマホ」の注目が集まりました。その中で、気になる機能「DSDS」というものをご存知ですか?

「DSDS」とは、「デュアルSIMデュアルスタンバイ」の略で、回線の違う2枚のSIMカードを一台のスマホに挿入して2枚同時に使用できるというものです。

ですが、いまいちのそのメリットや使い道がわからない方も多いでしょう。そこで今回は、「DSDS」のメリットや使用方法などをご紹介します。これから格安スマホに乗り換えようという人も参考にしてみてください。

 

「DSDS」とは?

「DSDS:デュアルSIMデュアルスタンバイ」とは、2つ(デュアル)のSIMカードを一台のスマホに挿入して、2枚両方で同時待ち受けできる機能のことです。つまり、2枚のSIMカードがどちらも音声通話対応であれば、一台のスマホで2つの電話番号を使い分けることができます。また、1枚は通話対応SIMで通話メインで使って、もう1枚はデータ通信SIMとして使うこともできます。

「DSDS」は、以前から海外では普及していて、ビジネスで海外に行ったりする際、自国キャリアのSIMカードと、訪れた国のSIMカードを使い分けるといった使い方をしていたようです。日本でも、以前からデュアルSIMスマホはありましたが、少し前まで2枚のうち一つが日本では使われていない通信方式(GSM:2G回線)であったため、日本では普及しなかったんですね。

 

どんな役に立つの?(DSDSのメリット)

DSDSは、2枚の違うSIMを同時に使うことができますが、どんな役に立つのかいまいちよくわからない、そもそも2枚もあると面倒なのでは?と思う人もいるでしょう。ですが「DSDS」は、使い方次第で様々な場面で役に立ちます。事例を踏まえ、使い方のパターンをご紹介していきます。

【使い方1】仕事用+プライベート用

「DSDS」の使い方事例としてまず挙げられるのが、仕事用とプライベート用のSIMを使い分けることです。仕事の取引先や仕事に関わる人間関係などを、プライベートで持ち歩くスマホと一緒にしたくない人は数多くいます。また、会社で仕事用に携帯電話を支給されている人の多くは、自身が契約しているスマホと2台を持ち歩いているでしょう。

しかし「DSDS」対応のスマホがあれば、仕事用とプライベート用とで分けることができ、管理もしやすくなります。会社支給された携帯電話であれば、SIMを抜き取り、それをDSDSスマホに挿入し、さらに自身が契約するSIMも挿入して「1台で2回線」にまとめられます。

もし、自身が契約するスマホが大手キャリアのものであれば、これを機に格安SIMに乗り換えることをおすすめします。仕事用の電話のやり取りは今まで通りできて、プライベートで使うネット閲覧やSNSなどのデータ通信料を節約することができます。

 

【使い方2】通話用+データ通信用

格安SIMのデータ通信料は、大手キャリアに比べると圧倒的に安いです。しかし、通話料はまちまちといったところでしょう。近年では「5分かけ放題」や「60分無料通話」などのオプションが増えてきていますが、長電話が多い場合は、大手キャリアの通話定額の方が割安という場合もあります。

そうした場合は、電話用としてデータ通信料は最安値容量で大手キャリア(SIM)を契約し、不足すすデータ量を格安SIMで補うという方法もあります。

やはり料金が気になるという人は、基本使用料に「10分かけ放題」が含まれる【Y!mobile】や、無制限の「かけ放題」オプション(2,380円/月)を開始した【楽天モバイル】など、格安SIMでも長い電話を安心して利用できるところもありますので、それらを電話用として組み合わせるといいでしょう。

 

【使い方3】国内用+海外用

MVNOが提供する格安SIMは、海外でも音声通話には対応していますが、データ通信には対応していないものもあります。海外で格安スマホを利用する場合、現地でプリペイドSIMを購入するか、モバイルWi-Fiルーターをレンタルするなどの手段を取らなければなりません。

海外に全対応している海外用SIMもMVNOで販売されていますが、そうでない場合は日本で使っているSIMを外さなくてはならず、日本の電話を着信できなくなりますし、手間もかかります。

「DSDS」対応のスマホがあれば、海外に行った際に、日本で使っているSIMを挿したまま、現地で購入したプリペイドSIMなどを挿すことができます。つまり、日本の電話番号で待ち受けしつつ、滞在先での電話やインターネットを安く利用することができます。現地のSIMであれば、現地の電話番号も付与されるので、レストランの予約などにも役立ちます。

また、「DSDS」対応スマホであれば両方挿したままで使用できるため、通常のスマホでSIMを抜き差しした際に、SIMカードの紛失を防ぐことができます。

 

【使い方4】大手キャリアから格安スマホに乗り換えに

「DSDS」対応のスマホにすることで、大手キャリアから格安スマホに乗り換えを検討している人にも利用価値があります。

現在、大手キャリアのスマホを使っていて、格安スマホ(SIM)への乗り換えを検討している人の中には、「格安SIMはつながりにくくないか?」「通信速度が心配」という不安を持つ人もいます。

そこで「DSDS」対応のスマホにすれば、大手キャリアの契約を残しつつ、一定期間は格安SIMを併用し、通信品質やサービスなどを使い比べることができます。もし、格安SIMだけでも支障がなければ、大手キャリアを解約すればいいのです。違約金がかからない最低利用期間が短い格安SIMや、一定期間0円で使える格安SIMもあるので、それらを試してみるのもいいでしょう。

もちろん、使い比べた結果「大手キャリアの安心感を手放せない」というのであれば、キャリアとの契約を続けて、DSDSのスマホは海外用として所持しておきます。海外では格安のプリペイドSIMを手軽に購入できることが多いので、(DSDS対応の)SIMフリースマホを一台持っておくと便利です。

 

デュアルSIM対応の注意点

「DSSS」と「DSDA」

デュアルSIM対応には、同時待ち受けができる「DSDS:デュアルSIMデュアルスタンバイ」の他に、「DSSS」と「DSDA」があります。

「DSSS」は「デュアルSIMシングルスタンバイ」といい、2枚のSIMを挿入できますが、1枚でしか待ち受けできない機種になります。以前までは、シングルスタンバイの「DSSS」対応スマホしかなく、手動でSIMを切り替える必要がありました。

一方、「DSDA」は「デュアルSIMデュアルアクティブ」といい、通話中にもう片方のSIMで通信ができるものをいいます。(通常、同時待ち受け可能な「DSDS」であっても、通話中にもう片方のSIMで通信することはできません。)

デュアルSIM対応でも、同時待ち受けができる「DSDS」のスマホであることをきちんと確認しておきましょう。(現在、日本使用での「 DSDA」対応スマホはありません。)

 

2G回線のものは使えない

2枚のSIMを挿入できるものは、世界的には全て「DSDS」ですが、対応している回線が(海外では一般的な)2G回線でした。

現在、日本では2G回線は使われていないため、日本国内では4G+3G、3G+3G対応のものを「DSDS」とするのが一般的です。そのため、同時待ち受けが4G or 3G+2Gのスマホも(日本では)実質DSSSと考えましょう。

 

デュアルSIM対応のおすすめスマホ

以前までのデュアルSIM対応機種は、2つのSIMスロットル(SIMを挿れるところ)のうち片方が、日本で使われていない通信方式(2G)でした。しかし、現在は3G・4GのDSDSに対応したSIMフリースマホが増加し、注目を集めるようになりました。ここでは、DSDS(3G・4G)対応のSIMフリースマホで、格安SIMとセットで購入できるオススメ機種をご紹介します。

 

「Mate 9」⇒詳細はこちら!

 

「nove」⇒詳細はこちら!

 

「VAIO Phone A」⇒詳細はこちら!

 

「Moto 5G/5G plus」⇒「5G」の詳細はこちら! ⇒「5G plus」の詳細はこちら!

 

「AXON 7」⇒詳細はこちら!

 

「ZenFone 3」⇒詳細はこちら!

 

「ZenFone 3 Ultra」⇒詳細はこちら!

 

関連記事

NO IMAGE

初めてのスマホは「大手キャリア」と「格安スマホ」どっちがいいか?

スマホで初めてのネット通販!「おせち」を取り寄せてみよう!

NO IMAGE

初心者はどれを選べばいい?初心者におすすめの格安スマホ!

情報が多過ぎてわからない!格安スマホの疑問を一つずつ解決してみる!

NO IMAGE

ドコモやauの携帯代が高いのはなぜ?安くするには?

ドコモ高過ぎ⁉︎キャリアのスマホはどうしてここまで高いの?