「母子家庭」でも親に負担をかけず、安くスマホを持つ方法!

Pocket

家が母子家庭でも、スマホを持ちたい・持たせたい人は多いです。ですが母子家庭であるために、スマホを持つことに悩んでいるのではないでしょうか。

当サイト運営者も、家が母子家庭でスマホはおろか携帯電話を持つのも高校3年生になってからでした。

当時は格安スマホが普及しておらず、安く済ませても毎月6,000円ほどの請求がありました。もちろん親に負担はかけられないので、アルバイトをして月額料金の支払いをしていました。

親としても子どもにスマホを持たせてあげたいけれど、毎月の支払いはきついもの。

子どもとしても中学生・高校生にもなれば、親に負担をかけたくないと思うものです。ですが、周りが携帯電話(スマホ)を当たり前のように持ち、自分だけないことに不満がありました。

母子家庭でスマホは贅沢?

「母子家庭でスマホは贅沢」

人によってはそうかもしれません。ですが、連絡手段としては携帯電話は必要ですし、ガラケーでもいいわけです。

しかし、今は昔と違って「格安スマホ」があります。

平均月額2,000円程度で使えますし、通話も専用アプリやLINEで済ませればそれ以上の料金はかかりません。たとえガラケーの利用でも安くて2,000円程度はかかるでしょう。同じ程度の料金がかかるなら、使い方でさらに安くできる「格安スマホ」にすることをオススメします。

スマホという見た目だけに贅沢さを感じるなら、それは昔のイメージです。きちんと中身を理解し、本当に安く携帯電話を持つなら「格安スマホ」を検討しましょう。

そもそも「格安スマホ」とは? キャリア(ドコモ/au/SoftBank)で契約したスマホや携帯電話の中には、個人情報を登録した「SIMカード」...

 

母子家庭でも安心!安くておすすめの格安スマホ!

mineo/マイネオ

mineo
ドコモ/au回線を使用している格安SIMで、データ通信のみなら月額700円、080/090などの音声通話も使うなら月額1,310円〜で利用できます。

通信速度もダントツで速く安定していますし、独自サービスが豊富で今もっとも利用者満足度が高い格安SIMです。

ドコモ/auの両回線を利用しているため他社からの乗り換えもしやすく、通信面は非常に安定しています。「iPhone」などの人気スマホから、ハイスペックスマホ、コスパの良いエントリースマホまで使えて、利用範囲は最も広いです。

さらにmineo(マイネオ)では、6ヶ月間の基本料金が無料になるキャンペーンを実施しており、半年間ほとんど無料で使えます。初めての初心者〜上級者まで利用者が多く、抵抗のある初心者でも安心して始められる格安SIMです。

マイネオの詳細はこちら!

 

LINEモバイル

LINEモバイル
もはや一般的な連絡手段となった「LINE」が提供する格安SIMです。

データ通信のみなら月額500円〜で利用でき、音声通話SIMでも月額1,110円で利用できます。安さでいったらダントツです。

 

「LINE」を提供する会社の直子会社が運営する格安SIMで、通信速度が「超速い」と話題になった格安スマホの一つです。通信回線はdocomoを使用しており、安定性もバツグンです。

独自サービスの「カウントフリー」により、「LINE」を始め「Twitter」「Facebook」「Instagram」などSNSのデータ通信量がかからず、使い放題になります。少ない容量の契約プランでもデータ通信量を節約できるため、安く使うならLINEモバイルが一番です!

LINEモバイルの詳細はこちら!

 


通話をLINE電話で済ませるなら、データ通信のプラン3GBで月額1,020円(データ通信900円+SNS利用120円)から使えます。

3GBあれば、LINEやネット閲覧を毎日しても充分な容量ですし、SNS利用120円は他社より安いです。

 

通話機能を付けたいなら、無料通話のプランも650円/月と一番安いのも魅力です。ドコモ回線を利用しているので、利用できる機種が多いのもポイントです!(機種端末をより安く抑えるなら、Amazonで安くて5,000円程度でも手に入ります。)

何よりBIGLOBE(ビッグローブ)をおすすめする理由は、安くても品質がダントツでいいからです。格安スマホ会社の中で、データ通信の品質・安定性が顧客満足度No.1でもある会社。「安かろう、悪かろう」ではないのが一番の理由です。

BIGLOBEの詳細はこちら!

 

【スマホを持ちたい母子家庭のお子さまへ】

母子家庭でも、お金があまりなくても、それは不幸なことではありません。

今でも普通に食べて暮らしていけるなら、それはたった一人であなたを育ててくれたお母さんのおかげです。母子家庭ですから経済的には他に劣る面はあるかもしれませんが、それはあなたの生き方や工夫の仕方でカバーできます。

親に負担をかけたくない、と思える優しい気持ちをお持ちなのはとても素晴らしいことです。

「だけどスマホは欲しい」、その気持ちもよくわかります。

なので、初めの契約や手続きは親に頼るのは仕方ありませんが、月々の料金はアルバイトをして自分で払いましょう。高校生であれば、アルバイトの一つくらいできるはずです。それは社会で働くということと、親の苦労を知る意味もあります。

もしあなたが中学生なら、携帯電話(スマホ)は我慢しましょうね。中学生ならまだ携帯電話(スマホ)を持っていない同級生もいます。それに、高校生になるために勉強に集中することの方が大切です。

スマホを買ってもらえたら、ゲームなどやりすぎないことも親と約束してください。アルバイト等もあるとは思いますが、あくまで勉強があなたの仕事です。それを忘れずにいてくださいね。

 

Pocket

関連記事

持たせないは時代遅れ?高校生の息子・娘に持たせるおすすめのスマホ!

子供に「iPhone」を安く持たせる方法と利用制限についての注意点!

中学生に持たせて安心の格安スマホとおすすめされる3つの理由!

親子でスマホを持つならTONEモバイル!その納得のいく理由とは?

miraieは使える?子供向けスマホ「miraie(ミライエ)」の評価は! 

子供や高齢の親にも!クリスマスプレゼントにおすすめのスマホ!